初心者におすすめしたいショアジギングロッド6選! | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

初心者におすすめしたいショアジギングロッド6選!

2022.06.27

近年、人気が熱を帯びてきている、ライトショアジギング。

ライトショアジギングとは、20~60gの鉛のルアーであるメタルジグをかっ飛ばして行う、ブリやサワラなどの大型青物をターゲットにしたルアー釣りです。

初心者の方でも、大物を狙うことができ、魚がひとたびヒットすれば豪快にロッド(竿)が曲がりこみます。

引きの強い魚とのやり取りは、一度でも体験するとヤミツキ必至!

週末になれば、その中毒性にやられた多くの釣り人が、堤防に並ぶ姿を見ることができます。

今回は初心者の方でも使いやすい、筆者おすすめのショアジギングロッドをご紹介します。

初心者におすすめする「ロッドの長さと硬さ」

ロッドグリップの上にロッドの長さと硬さが表記されています。

ロッドにはそれぞれ、数種類の長さと硬さが用意されています。

一般的には、ロッドのバッド部分(持ち手のグリップより上の部分)に長さと硬さが表記されており、確認することができます。

ショアジギングロッドの長さ

ショアジギングロッドの長さは9~11フィート(2.75m~3.35m)までが代表的なラインナップです。

初心者の方は、9~9.6フィートぐらいが扱いやすいのでオススメです。

ショアジギングロッドの硬さ

ロッドの硬さとは、ロッドパワーのことです。

柔らかければよくしなり(曲がり)、硬ければ引き付けるパワーが強くなります。

また、柔らかいロッドは軽いルアーを遠くまで飛ばすことができ、操作しやすくなっています。

硬いロッドは重いルアーをキャストするのに向いています。

硬さの名称は柔らかい順に、

  • ML(ミディアムライト)
  • M(ミディアム)
  • MH(ミディアムヘビー)
  • H(ヘビー)
  • XH(エクストラヘビー)

となっています。

堤防で楽しむライトショアジギングでは、使用するルアーの重さが、20~60gであることが多いので、ML~MHが最適です。

初心者の方には、ルアーキャストがしやすく、パワーもある程度兼ね備えているMがオススメです。

ルアーはロッドの反発力で飛ばそう!

ルアーキャストは力任せではなく、ロッドの反発力を使って飛ばすことで、疲れにくくなります。

ライトショアジギングは、ルアーを遠投できるかが重要になってきます。

遠くに飛ばすことができれば、広範囲を探ることができ、魚との遭遇率を上げることができます。

メタルジグなどの重いルアーを遠くに飛ばすのに重要な要素は、ロッドの反発力です。

ルアーの重みをしっかりロッドに乗せ、ロッドを振る反発力を使って、飛距離を稼ぎます。

初心者の方は、振り下ろしはゆっくりでいいので、ロッドの反発力だけでルアーをキャストすることを心がけましょう。

そうすれば、安定した飛距離とコントロールを身に着けることができます。

初心者にオススメしたいショアジギングロッド

初心者の方が、ライトショアジギングにトライするのに最適なロッドをご紹介します。

DAIWA(ダイワ)/ショアジギング X

ショアジギングXは初めてのショアジギングロッドに最適な1本です。

軽いので、長時間釣りをしていても疲れにくく、初心者の方でも扱いやすくなっています。

キャストのタイミング(キャスト時にラインを指から離すタイミング)がつかみやすく、メタルジグやメタルバイブ、プラグといったルアーを幅広く扱うことができます。

DAIWA(ダイワ)
ショアジギング X

■自重(g):275 ■全長(m):2.9
■継数(本):2 ■仕舞(cm):150
■先径/元径(mm):2.0/14.4 ■ルアー重量(g):10-50 ■ジグ重量(g):15-60
■ラインNo.(PE):1-2 ■カーボン含有率(%):95


DAIWA(ダイワ)/ジグキャスター

軽さと強さが魅力のショアジギングエントリーモデルです。

重たいルアーを遠くまで飛ばし、魚の抜き上げも耐える丈夫なロッドとなっています。

初心者の方に起こりがちな、糸がらみ(ロッドの先端にラインがからむ)のトラブルも起こりにくいので、快適な釣りを楽しむことができます。

DAIWA(ダイワ)
ジグキャスター

全長(m):2.74 / 継数(本):2 / 仕舞(cm):142 / 自重(g):190
先径/元径(mm):2.0/13.8
対応ルアー重量(g):10~50 / 対応ジグ重量(g):15~60
適合ライン PE(号):1~2
カーボン含有率(%):96


SHIMANO(シマノ)/コルトスナイパーBB

パワーと振りの軽さが特徴的なショアジギングロッドのベーシックモデルです。

ショアジギングロッドに必要な基本性能を備え、ロッドにはしっかりした剛性があるので、大物にもしっかり対応できます。

遠投性・操作性・パワーにおいてバランスの取れたロッドとなっています。

SHIMANO(シマノ)
コルトスナイパーBB

全長(m):2.90 / 継数(本):2 / 仕舞寸法(cm):149.3
自重(g):253 / 先径(mm):2.2
プラグウェイト(g):MAX 45 / ジグウェイト(g):MAX 60
適合ライン PE(号):MAX 2.5
カーボン含有率(%):99.9 / リールシート位置(mm):468 ※アップロック


Major Craft(メジャークラフト)/ファーストキャスト ショアジギング

コストパフォーマンスに優れた、ショアジギングエントリーモデルです。

不意の大物にも負けないトルクがあり、初心者でも扱いやすくなっています。

気軽にライトショアジギングを始めたい方には、ピッタリな1本となっています。

Major Craft(メジャークラフト)
ファーストキャスト ショアジギング

ルアー:15-50g
ライン(pe)1.2-2.5


Major Craft(メジャークラフト)/ソルパラ ショアジギング

リーズナブルなプライスでありながら、ロッドの素材やパーツの一つひとつにこだわったモデルです。

ルアーキャストがしやすく、ルアー操作も行ないやすくなっています。

軽いので、初心者の方や女性でも問題なく扱うことができ、初めての1本を長く愛用したい方にはうってつけのモデルとなっています。

Major Craft(メジャークラフト)
ソルパラ ショアジギング

推奨ルアー (g):40±20
ライン(PE) 1.0-2.5
アクション:レギュラーファースト
型番:SPX-902LSJ


AbuGarcia(アブガルシア)/ソルティースタイル ライトショアジギング

スタイリッシュさと気軽に始められるリーズナブルな価格が魅力のエントリーモデルです。

ロッドは軽く、ルアー操作もしやすいので、初心者でも気軽に扱うことができます。

ロッド本体の性能も高いので、魚を掛けてから取り込むまで、安心してやり取りできます。

AbuGarcia(アブガルシア)
ソルティースタイル ライトショアジギング

タイプ:スピニング
継数:2
全長:9.6ft/290cm
仕舞寸法:148.5cm
標準自重:174g
先径/元径:1.6mm/12.0mm
適合ルアー:10-50g


さあ、ライトショアジギングを楽しもう!

ライトショアジギングは晩秋まで楽しめます。

今回紹介したおすすめのロッドは、初心者の方が扱いやすく、長く楽しむのに最適なものを選びました。

ライトショアジギングの主戦場である堤防ならば、一線級で活躍してくれるはずです。

お気に入りのロッドを見つけたら、あとは他の道具をそろえて近くの堤防に向かうだけ!

メタルジグをかっ飛ばして、ライトショアジギングを思う存分楽しんでみてくださいね!

最後に

初めての釣り場へ行くときは、釣り禁止の看板がないかを確認しましょう。

釣りをする際は、ライフジャケットを必ず着用しましょう。

ルールやマナーを守り、誰にも迷惑のかからないよう行ないましょう。

私が書きました!
ソルトアングラー
フジノ・キュー
週末になると関西圏の海辺に突如出没するソルトアングラーライター。趣味はもっぱら海でのルアー釣り。
Googleマップを頼りに未開拓の釣り場を求めて沿岸を練り歩き、自然の美しさと過酷さに魅了された冒険家気質な釣り人。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。