メスティン炊飯の方法。初心者でも失敗ナシ、自動で美味しいご飯が炊ける! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • メスティン炊飯の方法。初心者でも失敗ナシ、自動で美味しいご飯が炊ける!

    2022.05.28

    メスティンで炊飯したご飯を箸ですくう。

    蒸す、炒める、揚げる、燻すなど、その汎用性の高さから人気のメスティン。ネットや書籍では、おかずのレシピが紹介されることが多いですが、メスティンは「飯盒(はんごう)」であり、もともとはご飯を炊くための調理アイテムです。

    一見メスティンの炊飯は難しそうですが、コツを覚えれば、だれでも美味しいご飯が簡単に炊けます。

    そこでこの記事では、炊飯のコツや、失敗しないためのポイントなどを紹介します。

      固形燃料でメスティンご飯を炊く方法(いわゆる自動炊飯)

      ガスコンロやバーナー、焚き火でも炊飯できますが、初心者の方は、固形燃料を使用するのがおすすめ。火加減の調節がいらず、ほったらかしで炊飯できるため、失敗しにくいです(そのため「自動炊飯」とよばれています)。

      では、さっそく2合分の炊飯に必要なものを見ていきましょう。

      テーブルの上のメスティン、ポケットストーブ、固形燃料、固形燃料皿、水、米、タオル、ライター、しゃもじ。

      今回は、30gの固形燃料を使用しました。

      メスティン炊飯に必要なもの

      • メスティン
      • 米 2合
      • 水 400ml
      • 固形燃料 1個
      • ポケットストーブ
      • ライター
      • タオル
      • しゃもじ

      固形燃料は何グラム必要か?

      固形燃料は、グラム数によって燃焼時間が変わります。そのため、季節や風の強弱によっても多少変動しますが、基本的に2合炊きであれば、25gか30gがベター。30gの固形燃料の燃焼時間の目安は、20分です。

      1合分の場合は、20gか25gでいいでしょう。

      メスティンでご飯を炊く5つの手順

      メスティンでご飯を炊飯する手順に加えて、失敗しないためのポイントも紹介します。

      1.お米を研ぐ

      ボウルとザルを重ねて、お米を研ぐ。

      キャンプ場では、無洗米を使うのもおすすめ。無洗米を使用する場合、水は25mlほどプラスすると、ちょうどいい水分量になります。

      お米の表面に付着したぬかや、ほこりを取るために、数回水を変えながら素早く研ぎます。力を入れて研ぐと、米が割れてべちゃっとした炊き上がりになってしまうので、優しく研ぎましょう。

      また、水が透明になるまで水を入れ替えると、米の旨味が逃げてしまいます。うっすら白く濁った程度で研ぐのをやめるのもポイントです。

      2.お米に水を吸わせる

      お米と水が入ったメスティン。

      お米や水分が傷まないように、涼しい場所で浸水させます。

      お米をふっくら柔らかくするために、必ず浸水させましょう。

      浸水時間の目安は季節によって変わります。

      メスティン炊飯の浸水時間(目安)

      • 春、秋:45分
      • 夏:30分
      • 冬:60分

      浸水時間が長すぎると水っぽいご飯になるため、浸けすぎにも注意してください。

      半透明なお米が真っ白になったら、浸水完了のサインです。

      3.加熱する

      ボケットストーブの上にメスティンを置く。

      沸騰すると、蓋が浮いてくることがあります。その場合は、重石をしてください。

      固形燃料に火をつけたら、蓋をしたメスティンを乗せます。

      固形燃料皿の下に木の板をかませたところのアップ。

      ポケットストーブの背が高かったため、固形燃料皿の下に台を置いて、メスティンとの距離を調節しました。

      固形燃料とメスティンの距離は、2cmほどがベスト。離れすぎず、近すぎずの距離になるように台などを敷いて調節しましょう。

      加熱時間の目安は、20分ほどです。自然に火が消えるまで待ちます。

      ただ、パチパチという音と、香ばしい香りがしたら、燃焼の途中でも火から降ろしましょう。

      4.蒸らす

      タオルで包んだメスティン。

      トンと台に叩きつけると、ご飯が底からはがれて、焦げ付きを防げます。

      蓋をしたままタオルで包み、ひっくり返して、15分蒸らします。

      ひっくり返すことで、底に溜まった水分が全体に行き渡り、ムラのない炊き上がりになります。

      5.ほぐす

      炊いたご飯を、しゃもじでほぐす。

      水分が溜まりやすい、四隅もしっかり混ぜましょう。

      蓋を開けたら、全体をサッとほぐします。

      こうすることで、表面の余分な水分がとび、艶やかで食感の良いご飯になるのです。

      メスティンの水の量は指で測れる?

      「計量カップを持ってくるのを忘れた」という時は、水の量を指で測ることができます。

      メスティンだけでなく、鍋を使った炊飯でもやり方は一緒なので、覚えておくと災害時にも応用できます。

      1.お米を研いだら、やや少なめだと思われる量の水を入れ、お米を平らにならします。

      メスティンの中のお米の上に、人差し指をさす。

      浸水した後だと、お米が水を吸ってしまって正しく測れないので、必ず浸水前に確認してください。

      2.指先が米の表面に触れるように、垂直に立てます。

      3.第一関節の位置まで水を注ぎます。

      指先から第一関節までの長さは、親指以外ほとんど変わりません。親指以外だったらどの指を使っても大丈夫です。

      コゲてしまったときの対処法

      メスティン炊飯で、よくある失敗が「底が焦げてしまう」というもの。

      メスティンは、熱伝導率がいいのでどうしても焦げやすいです。また、フッ素加工などがされていないため、焦げも落としづらくなります。

      普通に擦っても落ちない焦げは、「お酢」を使ってみましょう。

      芝生の上でお酢の瓶を持つ。

      お酢は、水垢落としにも効果的ですよ。

      メスティンの焦げをお酢で落とす方法

      1. 水500mlに対して大さじ3のお酢を入れます。
      2. 20分ほど煮込み、自然に冷まします。
      3. 水を張ったまま割り箸で擦ります。
      4. 中性洗剤とスポンジで洗ったら完了です。

      お酢の主成分である酢酸は、タンパク質を分解する効果があります。

      そのため、メスティンに付着した焦げがゆるみ、簡単に落としやすくなるそうですよ。

      メスティンでご飯を炊くと、お米の本当のおいしさが分かる!

      メスティンでご飯を炊くのは、難しそうだと感じるかもしれません。しかし、固形燃料を使えば、火加減の調節をする必要がなく、ほったらかしで炊飯できます。

      美味しく炊くためには、水の量を守ること、浸水を必ずすること、蒸らしてからほぐすことがポイントです。

      もし焦げてしまった時は、お酢を使ってお手入れしましょう。

      基本の炊飯の仕方を覚えたら、炊き込みご飯にも挑戦してみてくださいね!

      【関連記事】いつものごはんが、ちょっと特別に。お家でメスティンごはんを炊いてみよう!

      私が書きました!
      ママライター
      藤永瞳
      「子どもと不便を楽しむ」がモットーのママキャンパー。製菓衛生師の資格を活かし、”簡単・美味しい・見栄えよし”の3拍子揃ったキャンプ飯を考案する日々。ここ数年は子どもと気軽にできるデイキャンプに夢中。

      RELATED ARTICLES

      関連記事

      NEW ARTICLES

      『 料理・レシピ 』新着編集部記事

      山頂でカフェタイムを!ホットサンドメーカーで簡単にできる“山デザート”レシピ2選

      2022.12.09

      冬キャンプにぜひ!旬のほうれん草とカラダが温まるスパイスで作る「サグカレー」

      2022.12.08

      アルペン×エバラ「焼肉のたれ」はキャンプめしに最適だ!洋食の定番ハヤシライスのレシピ

      2022.12.07

      ほりにし”ブラック”もう食べた?燻製風味を楽しむコブサラダレシピも紹介

      2022.12.05

      親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介

      2022.12.04

      アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

      2022.12.02