腸を使わない、チョー簡単なソーセージ作り[読者投稿記事] | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 腸を使わない、チョー簡単なソーセージ作り[読者投稿記事]

    2021.08.30

    腸の代わりにラップで包むソーセージの作り方を紹介します。

    基本の材料の分量は
    ・豚ひき肉 300g
    ・黒胡椒 少々
    ・バジル 少々
    ・すりおろしニンニク 2cmくらい
    ・すりおろししょうが 2cmくらい
    ・塩 小さじ1

    ※レモン汁は好みで入れてください。レモン果汁を入れすぎると、肉が分離してしまいボソボソしたソーセージになってしまうので注意が必要です。
    ※ 豚ひき肉以外は、食料品を扱っている100均で揃えることができます。

    材料を全て入れて練り合わせます。
    香辛料などの量は、好みで変えても大丈夫です。
    僕はバジルを結構入れますよ。

    噛みごたえのある食感がいい場合は、軽く粘り気が出る程度まで混ぜます。
    魚肉ソーセージの様な食感にしたい場合は、更にひき肉を練り、滑らかにしてください。

    チャック付きビニール袋に材料を入れて、もみもみすれば手も汚れません。

    腸の代わりにラップを使うため、ラップの上に絞り出しますが、専用器具がなくてもチャック付きビニール袋などの袋の角をカットして押し出せば、全然OKです。(洗う手間も省けこっちの方が楽です)
    ラップで包んで形を整えるので、手で乗せても大丈夫ですよ。

    形を整えラップの両端をねじり、輪ゴムでしっかりと縛ります。
    ラップの巻き数が少ないと、この後のボイルの段階で、膨張した具がはみ出る場合があるので気をつけてください。
    ※ 輪ゴムは、2重や3重にした状態から巻くと、巻回数が少なくて済むので楽です。

    輪ゴムがない場合の代用として、ラップで包んだ後に、しっかりとアルミ箔で包んでもよいです。

    次は、ボイルです。
    蓋をするので、ソーセージが半分浸かるくらいの水で大丈夫です。
    沸騰後3分くらいかな、色が変わればオッケーです。

    ボイル後は、そのまま食べても美味しいですが、僕はフライパンで焦げ目を付けて食べる方が好きです。

    変わり種として、チーズや明太子を混ぜて、自分の好きな具材で作ることもできますよ。
    ちなみに、豚ひき肉ではなく牛ひき肉を使うとハンバーグっぽくなります。
    スティックハンバーグにしても面白いですね!

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    けいすけさん

    福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。
    ソロキャンデビューの弟を見守り中。
    もうすぐ独り立ちできそうです!

    ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。

    今年の目標
    昨年は決行出来なかった、「九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!」を実現できるといいなぁ

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    マルタイの「棒ラーメン」で作る 、簡単&激ウマキャンプレシピを公開

    2022.11.27

    キャンプの油処理にはわたくしを!ナノファイバー製油吸着材「ベルサイユのわた」

    2022.11.27

    冬に!ダイソー「フォンデュポット」でチョコフォンデュとアヒージョ作り

    2022.11.23

    「缶つま」で作る、キャンプめしにぴったりなぶり大根レシピ

    2022.11.22

    焚き火料理を楽しむ3つのポイントとは?簡単でおいしい焚き火料理も紹介

    2022.11.20

    アルペン×エバラ「横浜舶来亭カレーフレーク」で作る!絶品カレーうどん

    2022.11.19