【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記Vol.6「キス釣り編(後編)」 | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記Vol.6「キス釣り編(後編)」

2016.10.16

わかるかなー、竿先にうっすらとキスの魚影が

わかるかなー、竿先にうっすらとキスの魚影が

少し待つと、ビク、ビクビクビクッと明らかに魚だとわかるアタリがあった。しかし乗らない(針にかからない)。でも、いる。よし、今度こそ。するとまたビクビクッと来たのでゆっくり合わせると、今度は乗った。「沼野さーん、来ました!」と大声を上げる。カメラを手にした沼野さんがこっちへ近づいてくる。リールを巻いてくると、見えてきた! 待望のキスがひらひらと浮かんでくる。あと少し。カメラを構える沼野さんに向かって「いきますよー!」と魚をあげようとしたそのとき、まさかのバラシ。キスは海へ帰って行ったのだった。

痛恨のバラしの瞬間

痛恨のバラしの瞬間

まぁ、こんなこともあるさ。それが釣りってものだ。しばらく流されて沖に出過ぎてしまったため、また最初のポイントまで漕いで戻り、また流す。キス釣りは基本その繰り返しとのこと。そうした移動の際も、足漕ぎだとほとんど苦労を感じない。むしろ、漕いでいるのが楽しい。また、スペースについても試乗のときは釣りをするならちょっと窮屈かもしれないと感じたが、実際にやってみると全然平気だった。振り向いてクーラーボックスの中から飲み物を取り出すのも、なんなく行えた。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。