秋冬の家族キャンプにぴったり!シメまで美味しい胡麻味噌担々鍋 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2021.11.05

    秋冬の家族キャンプにぴったり!シメまで美味しい胡麻味噌担々鍋

    寒い季節のファミリーキャンプには、身体の温まる胡麻味噌担々鍋がおすすめ!

    寒い季節になってくると、身体の温まる鍋料理をキャンプでも楽しみたくなりますね。鍋料理の際に欠かせない鍋の素ですが、簡単に自家製することもできます。自分で作ることによって辛味の調整も自由にできるので、小さいお子様のいるファミリーキャンパーの方にもおすすめです。

    事前に自宅で調味料の準備などができるので、現地作業は驚くほど少なく完成しますよ。ご飯との相性もよく、コクのある胡麻味噌味でたっぷりの野菜を食べることができる、胡麻味噌坦々鍋レシピです。

    大人は仕上げに辛味調味料を入れて。子供はそのままの味で。スープまで美味しく食べられるので、寒い季節のキャンプ鍋にぜひご活用ください。

    材料(3人前)

    今回使用した食材です。

    豚ひき肉 300g
    木綿豆腐 1丁
    もやし 1袋
    えのき 1袋
    ニラ 3〜5株
    鶏がらスープの素 小さじ1
    水 500ml
    牛乳 100ml
    白すりごま 大さじ2
    中華麺 2玉

    <調味料A>
    塩胡椒 少量

    <調味料B>
    白練りごま 大さじ4
    甜麺醤 大さじ1
    チューブにんにく 小さじ1
    チューブ生姜 小さじ1
    合わせ味噌 大さじ1
    醤油 大さじ4
    ごま油 小さじ1

    野菜をたっぷり入れたい方は、キャベツを追加して入れてもスープとの相性がいいのでおすすめです。

    作り方〜事前準備〜

    あっさり味に仕上げたい場合には、鶏ひき肉を利用して作ってもいいです。

    豚ひき肉を炒めて、調味料Aで下味をつけます。豚肉の赤味がなくなるまで炒めたら、しっかり粗熱をとって容器に移し入れます。

    調味料の計量作業は、自宅で済ませておくと荷物の軽量化になるのでおすすめです。

    ボウルに調味料Bの食材を計量して入れます。

    味噌の種類によってタレの味が変わるので、色々試してみても面白いですよ。

    ダマがなくなるまでよく混ぜます。持ち運びしやすい密封容器に、移し入れます。

    液体系の調味料の持ち運びは、しっかり密封できる容器を選びましょう。

    この状態まで自宅で事前準備を行なっておくと、現地での調理作業が少なくおすすめです。

    作り方〜調理作業〜

    今回準備した具材は、火が入りやすく煮込み時間も少ないので、時短で作れる鍋レシピです。

    えのき、豆腐を食べやすいサイズにカットします。

    牛乳を少量入れると、コクのある味に仕上がります。

    鍋に事前準備した調味料Bの食材、水、鶏がらスープの素、牛乳を入れて加熱します。

    豆腐は大きめにカットすると、鍋の中で並べやすいです。

    カットしたえのき、豆腐、もやしを入れて一煮立ちさせます。

    ニラはすぐに火が入るので、最後に入れましょう。

    事前準備で炒めておいた豚ひき肉を入れ、ニラ、白すりごまを振りかけます。野菜が柔らかくなったら、各自器に取り分けて完成です。

    白すりごまを追加でたっぷりかけると、スープのコクがさらにアップしますよ。

    お好みで、ラー油や、豆板醤などの辛味調味料を追加しても美味しく召し上がれます。コクのある胡麻味噌ダレの旨味がしみた野菜が楽しめる鍋レシピです。

    作り方〜シメのラーメン調理作業〜

    麺は鍋を作りはじめる前に茹でておくと、手順よく進められますよ。

    残ったスープに、あらかじめ茹でておいた中華麺を加えます。

    インスタント麺や、うどん、ご飯などをシメに入れても美味しいですよ。

    鍋スープの中で麺をほぐしながら、柔らかくなるまで加熱します。

    寒い季節のアウトドアで食べるラーメンは、身体が温まって格別の味です!

    残ったスープで作るシメのラーメンまで美味しい胡麻味噌担々鍋は、満足感たっぷりのおすすめキャンプ鍋メニューですよ。

    胡麻味噌坦々鍋は、ひとり鍋にもファミキャンにもぴったり!

    子供から大人まで美味しく食べられる、コク旨鍋スープです。

    熱々の野菜たっぷりの鍋料理は、キャンプで冷えた身体を温めてくれる万能メニューです。辛味が調節できるので、ファミリーキャンパーの方におすすめですが、もちろんひとり鍋としても楽しめる味です。

    今回は、シメの食材を中華麺で作りましたが、ご飯やうどん、インスタント麺などにアレンジしても美味しいので、ぜひご活用ください。

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    業務スーパーのおすすめチーズは?今買えるチーズを徹底的に解説!

    2024.04.15

    ホットサンドだけじゃない! 食パンで作る「キッシュトースト」のレシピを紹介

    2024.04.15

    焚き火での「べっこう飴」の作り方! 奥が深くて楽しいぞ~

    2024.04.14

    ブラウン初のグリル調理家電「マルチグリル7」は火起こしが苦手なBBQ初心者におすすめ!

    2024.04.14

    魚好き必見!魚料理専用「フィッシャーマンズスパイス」で作る簡単キャンプ飯レシピ2選

    2024.04.13

    汁なしカレー南蛮を100年前のレシピで作ってみた!【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.10】

    2024.04.12

    ピザやベーコンほかアウトドアで食べたいものばかり!スノーピーク「キャンパーの食卓」の中身

    2024.04.12

    どでか飯盒「ル・ブテオン」で作る、いつ食べても美味しいお雑煮レシピ【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.9】

    2024.04.05