イヤイヤ期の魔の2歳児も大満足!次のキャンプで楽しみたい世界の料理、ベスト5 | サスティナブル&ローカル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サスティナブル&ローカル

    2021.10.03

    イヤイヤ期の魔の2歳児も大満足!次のキャンプで楽しみたい世界の料理、ベスト5

    キャンプ場の予約とレンタカーの予約が終わると、いつも、次に「ごはんどうしよう問題」がやってきます。

    「結局、シンプルに肉を焼いたり、カレーが美味しいよね!」と言いつつも、なにかもっと出来るんじゃないかとモヤモヤしている自分がいました。

    とは言え、わんぱくイヤイヤ期ど真ん中の2歳児がいるので、現地で落ち着いて料理することも出来ないし、面倒で時間のかかることも避けたい…。

    そんなこんなで、ステイホーム期間中ということで、次にキャンプに行ける日を夢みながら、いろいろ試してみました!

    なんだかんだで、やっぱり子どもに人気なのはシチュー系でした!

    シュクメルリは、鶏肉を焼いて他の具材と煮込むのでほぼ作業完了なので、近場のキャンプ場やバンガロー泊で時間に余裕がある時は、1から現地で作るのもアリかなと思いました。

    個人的に、ぜひキャンプでやりたいのはサバサンドです。

    焚き火でカリッと焼いたサバをパンに挟んで豪快にかぶりつきたいです(家で試したときは、フライパンにオリーブオイルをひいて焼いたのですが、皮がベローンとなってしまって、上手くカリッと焼けませんでした…。私のスキル不足もあると思いますが)。

    イングリッシュ・ブレックファーストは簡単かつ目新しくて、見た目も映える優秀メニューだと思ったのですが、なぜか子どもウケが悪かったです。辛いわけじゃなかったのですが。

    ベイクドビーンズではない別の缶詰で打破できないかと模索中です(もはやイングリッシュ・ブレックファーストじゃなくなってしまいますが…笑)。

     

    私が書きました!
    取材漫画家/イラストレーター/アーティスト
    新里碧
    芸大を卒業後、広告業界を経て独立。2018年、自身の体験を元に描いた『アプリ婚 お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました』(小学館)発売。旅と工作が大好きな新米キャンパーです。

     

    NEW ARTICLES

    『 サスティナブル&ローカル 』新着編集部記事

    『大ピンチずかん』鈴木のりたけさん新刊出来!子どもとキャンプに行きたい初心者の親におすすめの理由

    2024.06.19

    気分はすっかり坂本竜馬!?アウトドア派も大満足な長崎・風頭山をめぐる幕末歴史探訪ハイキング

    2024.06.18

    禁じられた熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』ほか6月に観たい映画2選

    2024.06.15

    香川・金刀比羅宮(ことひらぐう)の長~い階段を家族で何倍も楽しむ方法

    2024.06.08

    ビール発祥地の横浜で、世界から人が集まる様々なイベントを仕掛ける「横浜ベイブルーイング」

    2024.06.05

    サントリーの「水育」が20周年!小学生しか受けられない出張授業を特別体験してきました

    2024.06.05

    サンライズ淡路のトレーラーハウスに宿泊してみた!アウトドア初心者ファミリーの非日常体験

    2024.06.05

    タイダイ染めで世界で1枚のTシャツを作ろう!やり方を徹底解説

    2024.06.04