業務スーパーの食材を使って生春巻きを作ろう!暑い時期のアウトドアにもおすすめ! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 業務スーパーの食材を使って生春巻きを作ろう!暑い時期のアウトドアにもおすすめ!

    2021.07.28 のまどう

    暑い時期にはさっぱりとした料理が食べたくなりますよね?麺類やサラダはもちろんのこと、生春巻きも暑い時期におすすめの料理です。

    生春巻きはベトナム料理屋さんで食べることができますが、意外と簡単に自分で作ることもできます!

    さらに、業務スーパーで販売されているライスペーパーや調味料を使用すればコスパも抜群です。

    作り方とおすすめのトッピングをご紹介いたします。

    生春巻きとは?

    ベトナムで、生春巻きはポピュラーな料理です。屋台や大衆食堂から、高級レストランなど、どこででも食べることができます。店によって多少の具材の違いはありますが、基本的に人参やレタスなどの野菜がたっぷり入っています。ヘルシーなので、健康志向の方にもおすすめ。暑い時期のキャンプでは、前菜や間食にぴったりの料理です。

    生春巻きの材料と道具

    <材料>10個分

    材料

    ・むきエビ 250g
    ・サーモン 100g
    ・レタス 半分
    ・人参 1本
    ・万能ねぎ 1束  
    ・ライスペーパー 10枚
    ・スィートチリソース 適量
    ・クリームチーズ 適量

    本場の生春巻きにはえびが入っているものが多いですが、魚や牛肉、豚肉なども良く合う具材です。今回はエビの他にサーモンを用意しました。

    必要な具材の量は、中に詰める量によって変わってきます。私の場合は、上記の量の具材で、10個の生春巻きを作ることができました。

    ライスペーパー。

    こちらが業務スーパーで購入できるライスペーパーです。185円で50枚以上入っているので、コスパ抜群です。

    <道具>

    道具。

    ・包丁
    ・まな板
    ・綺麗なふきん
    ・ボウル

    ふきんはキッチンペーパーでも代用が可能です。

    生春巻きの作り方

    具材をカットする

    人参は細くカットする。

    人参はツマのように細くカットするのがおすすめです。細くカットすれば口当たりがよくなります。筆者は時短の為に、ツマ用のスライサーを使用しました。

    5cmほどの長めにカットします。

    万能ねぎは5cmほどの長さにカットしてください。生春巻きを巻く時に、芯として使用するためです。また、長めにカットすることで、歯ごたえの良さを残すことができます。

    なるべく薄くスライスする。

    サーモンは薄くスライスします。肉や魚などは薄くしたほうが巻きやすいからです。

    茹でたエビ。

    エビは色が変わるまで熱湯で茹でます。大型のエビは巻きにくいので、半分にカットするのをおすすめします。今回使用したものは小ぶりだったので、カットしませんでした。

    食べやすい大きさにカットする。

    クリームチーズは食べやすい大きさにカットします。

    具材の準備ができました。

    レタスは一口大の大きさに、手でちぎっておきましょう。

    ライスペーパーを水で戻す

    固いままのライスペーパー。

    具材をカットし終えたら、次はライスペーパーの準備をします。購入したままの状態のライスペーパーは固いので、柔らかくする必要があります。

    水にさっとくぐらせる。

    ボウルに水を適量用意し、ふきんに水を含ませ、固く絞って机の上に置きます。

    ライスペーパーをボールの水にさっとくぐらせてください。水にくぐらせたら、ふきんの上に置きます。ライスペーパーは30秒ほどすると、柔らかくなります。

    ライスペーパーで具材を巻く

    野菜はライスペーパーの端に置く。

    生春巻きをうまく巻くには多少のコツが必要です。

    ライスペーパーの端に野菜を置きます。先ほどカットした万能ねぎを横に並べて、芯のかわりにします。その上に人参やレタスを置きましょう。

    ぐるっとひと巻き。

    万能ねぎを芯にして、ぐるっとひと巻きします。

    野菜以外の具材を並べる。

    ひと巻きしたら、野菜の前にエビとクリームチーズを並べます。並べたら、野菜が巻かれている側を押さえながら、もうふた巻きして出来上がりです。

    上手に巻けました。

    野菜と野菜以外の具材を、2段階で巻くことにより、綺麗に巻くことができます。

    エビやサーモンなどの具材を外側に並べることで、見た目が良くなり食欲をそそりますね。

    そのままでは食べずらいので、半分の位置でカットしてから盛り付けましょう。

    おすすめのトッピング

    パクチーとフェンネル。

    味に変化を加えたい場合は、パクチーやフェンネルなど、匂いのあるハーブを一緒に巻くとおいしいですよ。お求めやすいものならば、ニラもよく合います。

    スイートチリソース。

    ソースは甘辛いスイートチリソースがおすすめです。本場ベトナムでもよく一緒に食べられています。

    さっぱり味を楽しみたければ、ポン酢や醤油もよく合います。

    さいごに

    生春巻き。

    生春巻きは巻くのに少しコツが必要ですが、具材を切って巻くだけのシンプルな料理です。

    食が進まない暑い時期に、さっぱりとしているのでおすすめです。ぜひトライしてみてくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    冬キャンプにぜひ!旬のほうれん草とカラダが温まるスパイスで作る「サグカレー」

    2022.12.08

    アルペン×エバラ「焼肉のたれ」はキャンプめしに最適だ!洋食の定番ハヤシライスのレシピ

    2022.12.07

    ほりにし”ブラック”もう食べた?燻製風味を楽しむコブサラダレシピも紹介

    2022.12.05

    親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介

    2022.12.04

    アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

    2022.12.02

    少ない資源で調理可能! オートミール&焼きそば麺を活用した防災レシピ6選

    2022.11.29