子連れキャンパーに聞いた!「雨の日キャンプ」みんなどうしてる!? | サスティナブル&ローカル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サスティナブル&ローカル

    2021.05.30

    子連れキャンパーに聞いた!「雨の日キャンプ」みんなどうしてる!?

    とうとう梅雨の時期が到来しましたね!

    昨年秋にキャンプデビューをしたばかりの我が家は、まだ雨キャンプは1度だけで、夜間だけの雨でした。

    みんなの雨キャンプが知りたくて、先輩キャンパーさんたちに聞いてみました。

     

    雨キャンプと言えど、完全に雨の日はやはり避けるという答えが多かったです。

    また、なるほどと思ったのは、大雨も大変だけれど、もっと大変なのは風が強い日というコメントでした。中には強風でタープが飛ばされたという人も……。

    焚き火も料理もテントも、全部を完璧にこなそうとするのではなく、臨機応変に「テントは諦めてキャビンにしようか」とか「料理はお弁当にしようか」とか「日程自体をずらそうか」と、そのつどつど“無理しないで楽しめる方法”を探るのがキモだなと感じました。

    雨キャンプの時ではないのですが、「この前のキャンプ、本当はもっといろんな料理を作って持って行きたかったし、撤収の時に子どもがギャーってしててイライラしちゃって反省している」と話したら、夫は「俺の中では、子どもが楽しめてるかどうかがキャンプで一番大事だから、前回のキャンプは大成功!」と言っていてハッとしました。

    キャンプで“何かをすること”よりも、“楽しむこと”を目標にしたいなと思いました。

    私が書きました!
    取材漫画家/イラストレーター/アーティスト
    新里碧
    芸大を卒業後、広告業界を経て独立。2018年、自身の体験を元に描いた『アプリ婚 お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました』(小学館)発売。旅と工作が大好きな新米キャンパーです。

     

    NEW ARTICLES

    『 サスティナブル&ローカル 』新着編集部記事

    シーカヤックで島巡りの二人旅!熊本・天草編

    2024.06.23

    『大ピンチずかん』鈴木のりたけさん新刊出来!子どもとキャンプに行きたい初心者の親におすすめの理由

    2024.06.19

    気分はすっかり坂本竜馬!?アウトドア派も大満足な長崎・風頭山をめぐる幕末歴史探訪ハイキング

    2024.06.18

    禁じられた熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』ほか6月に観たい映画2選

    2024.06.15

    香川・金刀比羅宮(ことひらぐう)の長~い階段を家族で何倍も楽しむ方法

    2024.06.08

    ビール発祥地の横浜で、世界から人が集まる様々なイベントを仕掛ける「横浜ベイブルーイング」

    2024.06.05

    サントリーの「水育」が20周年!小学生しか受けられない出張授業を特別体験してきました

    2024.06.05

    サンライズ淡路のトレーラーハウスに宿泊してみた!アウトドア初心者ファミリーの非日常体験

    2024.06.05