子どもと歩いたヒマラヤの里山 「タマン・ヘリテイジ・トレイル」 5日目(シャブルベシ~カトマンズ) | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 子どもと歩いたヒマラヤの里山 「タマン・ヘリテイジ・トレイル」 5日目(シャブルベシ~カトマンズ)

    2016.08.07

    5日目。カトマンズへ戻る日。名残惜しくて、朝集落をぶらぶら歩きました。

    A

    カッチャル(ロバ)が荷物を運んでいました。以前は物資の輸送はこのカッチャルが主役でしたが、山奥にも車道が通るようになりだんだんと活躍の場が減っています。これから車道の来ていない集落まで、険しい道を歩いて行くのだと思うと応援したくなってしまいます。

    1__#$!@%!#__不明

    行きと帰りでお世話になったシャブルベシのBUDDHA GUEST HOUSEのご夫婦と。

    2__#$!@%!#__不明

    荷物はバスの屋根に載せられてしまうことも多いのですが、トランクに入れてもらえました。
    帰りのバスは“デラックス”なバスに乗れることになりました。「FREE Wi-Fi」と書かれていますが、トーサンによるとバスのWi-Fiは全く使えたことがないということでした。期待したり日本の常識を当てはめても予想通り行かないのがネパールですが、そこがまた楽しいのです。

    3__#$!@%!#__不明

    後ろの窓ガラスに大きく書かれた“DELUXE”に間違いは無いバスでした! ずっとネパールとインドの映画が前方のテレビから流れてたり、途中でミネラルウォーターのペットボトルがサービスで配られたり…行きに乗ったマイクロとは大違いでした。計画時にランクルを使わないことにして「難易度上がった…(特に子ども)」と思いましたが、マイクロもバスもトラックもどれも楽しくて旅の良いスパイスになりました。

    4__#$!@%!#__不明

    休憩の時にアツコちゃんが買ってきてくれた米粉のドーナツ、セルロティ。

    5__#$!@%!#__不明

    帰りのバスは谷側の席だったので山奥から里山~街までの景色を楽しめました。
    景色を楽しむと同時に崖っぷちのヒヤヒヤ感も満喫ですが…。行きのマイクロは小型だったからか道の凸凹感はそれほど気になりませんでしたが、帰り道は「同じ道!?」と思うほどバスがガッタガタ揺れて子どもは大喜び。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    憧れの「氷河特急」に乗る冬のスイス旅!ツェルマットからサンモリッツへ

    2023.01.31

    崖とアートが好奇心をくすぐる!オーストラリア・ブリスベンのリバーウォークめぐりの楽しみ方

    2023.01.30

    リバーウォーキングがエンターテインメントになった!オーストラリア・ブリスベンの楽しい仕掛け

    2023.01.28

    佐藤ジョアナ玲子、2023年最初の旅はアウトドアのパラダイス・ニュージーランドへ!

    2023.01.27

    マングローブ遊歩道にアボリジナルアート も!ブリスベンのリバーウォークは見どころがいっぱい

    2023.01.24

    オーストラリアの川の街・ブリスベン「摩天楼ボードウォーク」と植物園を歩く

    2023.01.24

    z