大人気「ローホル」のアレンジレシピをご紹介!キャンプ飯の新定番! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 大人気「ローホル」のアレンジレシピをご紹介!キャンプ飯の新定番!

    2021.01.01 アサノダイスケ

    私が書きました!
    フリーライター
    アサノダイスケ
    秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

    大人気のローソンホルモンをアレンジ

    キャンパーに人気のローソンホルモンをアレンジ。

    全国展開のコンビニエンスストア、ローソンで販売されている冷凍ホルモンを、皆さんご存知でしょうか。火にかけるだけの手軽な調理法がキャンパーの間で人気で、キャンプ飯に持って行く方も多いようです。

    ローソンで販売されているホルモンのため、多くの人から「ローホル」の愛称で親しまれているこちらの商品。今回はこのローホルをさらに美味しくする、5つのアレンジ方法をご紹介します。

    腐りづらい食材でアレンジするため、キャンプ場へ移動する際に心配が少ないのも、嬉しいポイントです。

    皆さんもこちらの記事を参考に、次のキャンプでローホルを楽しんでみてください。きっとローホルにハマってしまいますよ。

    アレンジ前にローホルを調理

    パッケージのフィルムを外す。

    まずはローホルをアレンジする前に、加熱してホルモンに火を通しましょう。

    パッケージのフィルムを外して、熱源のカセットコンロなどの上に乗せます。

    弱火でじっくり加熱する。

    フィルムを外したローホルを、弱火でじっくり加熱しましょう。

    器の底に火がぎりぎり届くか届かないかの火加減が目安です。火が強すぎると、スープが器に焦げ付きやすいので気を付けましょう。

    ローホルのアレンジレシピ

    コチュジャンでピリ辛鍋にアレンジ!

    市販のチューブ式コチュジャンがおすすめ。

    韓国発の辛みそ、コチュジャンを追加すると、ローホルがピリ辛に変身します。

    コチュジャンはキャンプシーンで扱いやすいチューブ式がおすすめです。瓶に入ったものなどは、スプーンを使わなければいけないため、洗い物が増えてしまいます。

    大さじ1杯強のコチュジャンを追加する。

    大さじ1杯強のコチュジャンを追加すれば、ローホルの汁が真っ赤になり、程良い辛味がアクセントになって一段と美味しくなります。

    自分好みの辛さを探してみましょう。

    辛いものが好きな方は、さらにコチュジャンの量を増やして、自分に合った分量を探してみましょう。

    鍋と相性抜群、お餅を追加!

    市販の切り餅を1~2個用意する。

    スーパーなどで市販されている切り餅を追加すると、ローホルがさらに美味しくなります。

    ホルモン鍋だけでは物足りないという方も、お餅を追加すれば充分満足できるボリュームになりますよ。

    切り餅をローホルに投入する。

    市販の切り餅は焼いたりする必要はありません。そのままローホルの汁の中に投入します。

    ホルモンを半量程食べたタイミングで餅を入れると、汁によく浸るのでおすすめです。

    餅の端がとろけてきたら裏返す。

    3~5分程度加熱すると、餅の端がとろけてきます。餅を裏返し、裏面もしっかり火を通して餅を柔らかく煮ましょう。

    両面が柔らかくなったら餅の食べ頃です。加熱した餅はとても熱くなっているので、火傷に注意しましょう。

    ローホルアレンジの定番!豆腐でボリュームアップ

    豆腐はローホルアレンジの定番。

    豆腐はローホルアレンジの最も定番な食材です。もめん豆腐が煮崩れしにくく、おすすめです。

    細かく切った豆腐をローホルに投入する。

    サイコロ状に切った豆腐を、ローホルに投入しましょう。

    豆腐に熱々の汁が染み込み、濃い味付けのローホルを余すところなく楽しめます。

    ローホルの具材のホルモンやネギと一緒に、豆腐を口に頬張る。

    豆腐単体で食べても美味しいですが、ホルモンやネギと一緒に食べるのがおすすめです。熱々の豆腐が鍋気分を盛り上げます。

    冷凍餃子を追加、水餃子風にアレンジ!

    冷凍餃子は手軽に調理できて、キャンプにおすすめの食材。

    キャンプと冷凍食品は相性が良く、クーラーボックスを持っていれば保冷材代わりにもなるので便利です。

    冷凍餃子はそれだけで食べても美味しいですし、ローホルに追加しても美味しいのでおすすめです。

    冷凍状態のままローホルに投入する。

    冷凍餃子は解凍せず、凍ったままローホルに追加します。

    じっくり弱火で加熱すると、餃子の中まで火が通り、まるで水餃子のようなプリプリした見た目になります。

    餃子の表面がツヤツヤしたら食べ頃。

    火が通ると餃子の皮に艶が出てきます。箸で掴むと柔らかいです。

    餃子の中身はとても熱くなっているので、口を火傷しないように注意しながら食べましょう。

    鍋のシメはうどん!冷凍うどんでローホルを余すところなく堪能!

    冷凍うどんはクーラーボックスに入れておくだけで、保冷材代わりになって便利。

    鍋のシメといえばうどんは欠かせません。ローホルは冷凍うどんとも相性抜群。味の濃い汁をうどんが吸い、とても美味しいです。

    うどんは解凍せずにローホルに投入。

    冷凍うどんを凍ったまま、熱々のローホルに追加しましょう。

    ホルモンを全て食べ終えた後のシメにうどんを追加しても美味しいですが、ホルモンが残った状態で追加するのもおすすめ。うどんとホルモン、両方の歯触りが楽しめます。

    うどんをほぐしながら加熱する。

    冷凍うどんを追加後しばらく弱火で加熱すると、麺が徐々にほぐれてきます。箸で時々ほぐしましょう。

    冷凍うどんに卵を追加すると、絶品に。

    うどんがほぐれたら、卵を入れます。卵を入れる事でローホルの汁がまろやかになり、ワンランク上の美味しさになります。

    卵をローホルの容器に直接落とし、箸で卵を潰してかき混ぜましょう。

    卵が固まったら食べ頃。

    かき混ぜた卵が加熱されて固まり、うどんとよく絡んだら食べ頃です。

    ローホルを自分好みにアレンジして、キャンプ飯を楽しもう

    巷で人気のアレンジレシピ。ローホルを自分好みにアレンジしよう。

    ローホルはキャンプ場に向かう道中のローソンで入手でき、手軽に調理できるので、とてもキャンプ向きの商品です。

    そのまま食べても美味しいですが、自分好みにアレンジすることでキャンプ飯がさらに美味しくなります。

    酒のつまみにもピッタリなローホルを、自分好みの味に変えて楽しんでみませんか?様々な食材を追加するのはまるで実験しているようで、キャンプ飯がもっと楽しくなりますよ。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    昔ながらの伝統を受け継ぐ!こだわりのスローフード&発酵食のお取り寄せ4選

    2023.02.09

    すべてお取り寄せ可能!未来につながる持続可能な「海の幸」6選

    2023.02.08

    お取り寄せ可!自然放牧&オーガニックなエサで、のびのび育ったおいしい肉と卵6選

    2023.02.08

    ぜんぶお取り寄せが可能!環境に優しい暮らしから生まれた農産物3選

    2023.02.07

    ハウス「ナンミックス」はキャンプ飯に最適だ!作るのも楽しいアレンジレシピ2選

    2023.02.07

    ギフトにもおすすめ。 サステナブルなお取り寄せはオンラインマルシェを活用すべし

    2023.02.06

    z