連泊キャンプにオススメ!缶詰で作る、お手軽ワンポットパスタ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 連泊キャンプにオススメ!缶詰で作る、お手軽ワンポットパスタ

    2020.09.10 さとう あい

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子供と海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課。

    連泊キャンプのご飯には、保存の効く缶詰メニューがオススメ

    アクティビティーやお風呂、電源付きサイトなど設備が充実した高規格キャンプ場では、場内から出ずに連泊をする方も多いのではないでしょうか。

    連泊をする中で2泊目、3泊目からのご飯は、頭を悩ませるところですよね。保冷力のあるクーラーボックスでも、容量に限度がある為、途中買い出しが必須になります。

    また、買出しの予定をしていたけれど、雨に降られてキャンプ場を出たくない時や、サイト内でのんびり過ごしたい時などに是非活躍させていただきたいのが缶詰や、常温保存のできる食材を使ったメニューです。

    今回ご紹介するワンポットパスタは、缶詰とパスタを入れれば完成するお手軽レシピです。
    深鍋やフライパン、ダッチオーブンなど鍋ひとつで作れることも魅力です。

    材料(4人前)

    缶詰や瓶詰め、乾物などを使用します

    ・ショートパスタ(フジッリ) 250g
    ・トマト缶 1缶
    ・オイルサーディン 1缶
    ・ケイパーの酢漬け 大さじ2
    ・ブラックオリーブ 10個
    ・にんにく 1片
    ・塩 適宜

    作り方

    オリーブはそのまま食べても美味しいおつまみになりますよ

    ①ブラックオリーブは水分をきって輪切りにします。
    にんにくはみじん切りにします。

    オイルサーディンの油はコクがあって美味しいです

    ②オイルサーディン缶の油を鍋に入れ、にんにくを入れて加熱します。

    にんにくを先に炒めるのが美味しさのポイント

    ③にんにくの香りが出てきたら、オイルサーディンを全て入れて炒めます。

    トマト缶はカットされたものを使用します

    ④トマト缶を入れてひと混ぜし、缶詰容器2杯分の水(分量外)を入れます。

    ショートパスタは手軽に食べやすいのでオススメです

    ⑤パスタを入れて混ぜ、蓋をしながら弱火でゆっくり煮ます。

    オリーブとケイパーは味が抜けやすいので仕上げに入れます

    ⑥パスタの表記時間と同じくらいの時間煮ると、柔らかくなります。
    途中、水分がなくなってしまう場合は、その都度足しながら加熱してください。
    仕上げにオリーブと、ケイパーを入れて塩で味を整えます。

    お好みでパセリをふりかけてください

    ⑦器に盛り付けて完成です。

    野菜を追加してボリュームアレンジ

    食材に余裕がある時は、キノコやキャベツ、玉ねぎなどをプラスしてボリュームアップしても美味しいです。
    野菜を入れるタイミングは、オイルサーディンを入れた時です。オイルを絡めてからトマトを入れると、美味しく仕上がります。

    今回はオイルサーディンを使用しましたが、鯖の水煮缶や、ツナ缶などでも同じように作る事ができますよ。
    オイルサーディンも、辛味のあるタイプやハーブが入ったもの、にんにく入りのものなど色々な種類の商品があるのでお好みのものを使用してください。

    キャンプ飯ではショートパスタがオススメ!

    今回使用したパスタはフジッリ

    手軽に作ることが出来るパスタはキャンプ飯でも人気のメニューです。お湯で茹でずに、ひとつの鍋の中で完成するワンポットパスタは洗い物も少なく、手軽に調理できます。

    ロングパスタで作っても同じように美味しいですが、食べやすさでは断然ショートパスタがオススメです。
    フォークに巻きつけて食べるのが苦手なお子様達でも、ショートパスタならパクパク食べる事ができますよ。

    茹で時間がロングパスタよりも少し長めのショートパスタのもうひとつの利点は、柔らかくなるのがゆっくりだということです。私もゆっくりお喋りをしながら食べたい時や、盛り付けから食べるまでに少し時間がかかりそうな時などにこのパスタを選びます。

    今回使ったパスタはフジッリ(フィスリ)というらせん状の形をしたパスタです。らせんの部分にソースが絡み付くので、ソースの美味しさを存分に味わえるパスタの形状になっています。

    他にも様々な形のパスタが販売されているので、是非色々試してみてください。早茹でパスタと記載されているショートパスタは、茹で上がりも早いですが、麺がのびてしまうのも早いので注意が必要です。

    手軽に缶詰で作る事ができるワンポットパスタ。
    秋の夜長に、パスタをつつきながらお酒を楽しむのも良いのではないでしょうか。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    びわの葉で風邪に負けない!免疫力アップが期待できるコーディアルを作ってみよう

    2023.01.18

    日本のスパイスミックス「七味唐辛子」を自分好みに調合してみよう

    2023.01.17

    食べ方も楽しみ方もいろいろ!メスティンで作る「いなりもち」

    2023.01.15

    z