【のんびりローカル線で行く絶景低山の旅】近鉄湯の山線・御在所岳(三重県)

2017.10.20

岩肌に覆われた山容と
ユニークな奇岩群に息を呑む

近鉄湯の山線は近鉄四日市駅から延びる枝線。終着駅である湯の山温泉駅から徒歩約60分で、御在所岳(標高1212m)の登山口に着く。

遠目からもそそり立つ岩肌がはっきりとわかる御在所岳の魅力は、登山道のあちこちで見ることができる奇岩群だ。

おすすめしたいのが、約3時間の行程になる中登山道。六合目付近からは鎖を伝う岩場が続き、砂交じりの斜面を進む難所が続くが、地蔵岩をはじめ、自然が作り出した芸術といえる個性的な奇岩に出合えるので、感銘を受けること間違いなしだ。

数ある奇岩のなかでも人気の高い「地蔵岩」は、麓から見たときにその姿がお地蔵さんのように見えたことからその名がある。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事