森のスペシャリストたちが語る『ほんとうに気持ちいいニッポンの森 BEST 5』 | BE-PAL - Part 5

森のスペシャリストたちが語る『ほんとうに気持ちいいニッポンの森 BEST 5』

2016.04.02

5 やんばるの森【沖縄県国頭村周辺】

本土と違った動植物があまりにたくさん現われる。
はじめて訪れたときは、100m進むのに1時間以上かかったほど。
(樹木ジャーナリスト/林 将之)

やんばるの森

撮影/林 将之

沖縄本島北部に広がるやんばる(山原)の森は、イタジイ(スダジイ)が優占する亜熱帯の照葉樹林。植物だけでも1000種類以上が確認されている。雨が多く、とくに湿度の高い与那覇岳などの山頂周辺は、ランやコケの宝庫。固有生物も多く、日本の鳥類の約半分、在来のカエルの約4分の1が棲息する。「やんばるの森を象徴するのは高木性シダのヒカゲヘゴや、観葉植物にもされるクワズイモなどです。やんばるでも海辺はサンゴ石灰岩が土壌の森も多く、長い気根を垂らすガジュマルやアコウなど、南国的な風景が見られます。山頂の森とどちらも好きです」(林さん)。●交通/沖縄自動車道許田ICより車で75分。問い合わせ先:やんばる学びの森TEL:0980(41)7979

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。