【不思議の国ブータン1】信号機のない首都、ティンプーにやってきた | BE-PAL

【不思議の国ブータン1】信号機のない首都、ティンプーにやってきた

2016.06.29

bhutan0101

ヒマラヤ山脈の東、インドとチベット(中国)に挟まれた場所にぽつんとある小さな国、ブータン。険しい山々のひしめく九州ほどの広さの国土に、約75万人の人々が暮らしています。

日本では、ブータンという国の名前を聞いたことはあっても、具体的にどんな国なのか今一つイメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか。今回、数名の写真家の方々とともに取材をする機会に恵まれ、この知っているようで知らない国、ブータンを訪れることができました。

日本からブータンへのアクセスは、バンコクからドゥルックエアー、もしくはブータン・エアラインズでブータンのパロまで飛ぶのが一般的です。バンコクからパロまでの所要時間は、4、5時間ほどかかります。

bhutan0102

ドゥルックエアーの機内誌の表紙。2016年2月、現在のブータン第5代国王ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク陛下とジェツン・ペマ・ワンチュク王妃との間に、第一子となる男の子、ジグメ・ナムゲル・ワンチュク殿下が誕生しました。

2016年のブータンはこのおめでたい話題のほかに、高僧ガワン・ナムゲル(シャブドゥン)がチベットからブータンに到着して国家統一を成し遂げてから400年目にあたるなど、いろいろな面で記念すべき節目の年になっています。

bhutan0103

現時点でブータンで唯一の国際空港、パロ空港に到着。狭い谷合いにある、滑走路が1本だけのこぢんまりとした空港です。乗客たちはタラップで飛行機から地上に降り、歩いて空港のターミナルに向かいます。

日本人がブータンを旅する場合、1人あたり1日US200〜290ドル程度(人数や時期によって変動)の公定料金を支払う形で旅行を手配する必要があります。宿泊、食事、ガイド、車などの経費はこの公定料金に含まれる形になります。

2016年はブータンと日本の国交樹立30周年を記念したキャンペーンが展開中。6月1日から8月31日までの間、日本人にはこの公定料金が撤廃され、1日US65ドルの内国税と各経費の実費で旅行できるようになっています。航空券や一部のホテルにも割引料金が適用されるそうです。

12class="post-page-numbers">次のページへ
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。