女性でも安心! はじめての富士山の登り方(3)山小屋の手配編 | BE-PAL - Part 3

女性でも安心! はじめての富士山の登り方(3)山小屋の手配編

2016.07.01

■ベッドルーム
基本的には相部屋です。上下2段のカイコ棚スタイルもありますが、大部屋に雑魚寝が一般的。ピーク時には、到着順に割り振られる場合も。着替える場所もないので、登山の服装のまま就寝。耳栓などがあるといいですね。

富士登山

富士登山満員のときは、壁に貼ってあるテープがひとり分のスペースを示す境界線になります。布団は山小屋が用意してくれています。自分の荷物は枕元もしくは足元に置きましょう。

富士登山個室がある山小屋も増えてきました。数に限りがあるので早めに予約を。料金は少し割高に。

class="post-page-numbers">前のページへ12345class="post-page-numbers">次のページへ
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 登山・ハイキング 』新着ユーザー投稿記事

『 登山・ハイキング 』新着ユーザー投稿写真

『 登山・ハイキング 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。