3 種ののみを使った 竹のお玉とトング | BE-PAL - Part 3

3 種ののみを使った 竹のお玉とトング

2015.11.21

【お玉編】

DMA-_DSC4322

切り出しナイフで全体の形を整え、ささくれを取る。とくに柄の部分は面取りして角を取り、握りやすいようにする。

DMA-_DSC4349

水に20〜30分漬けたら、水から沸騰させ、熱湯で10〜15分煮る。こうすることで材が柔らかくなり、柄の部分を曲げやすくなる。

DMA-_DSC4367

湯から上げたら、すぐに柄の部分を火で炙り、時間をかけて徐々に曲げていく。曲げたら紐で縛って1日ほど固定しておくといい。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。