2018.03.09

【アウトドア試乗レポート】一番使いやすいサイズの モダン・ジープは4WDが楽しい!ジープ/コンパス リミテッド

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

小回りが利く日本向きサイズ!

記者・櫻井&編集・沢木による試乗レポート。今回は、ジープ/コンパス リミテッド編です。沢木 ジープというと、ラングラーやチェロキーが有名だけど、最近はモデル数が増えているんですよね〜。
櫻井 そう。特に2015年に発売されたコンパクトSUVのレネゲードは、ビーパルでもオススメした人気モデル。ただし、全長が4.2mと短くて、キャンプ道具を積むことを考えると、アウトドアに限っていえば2人用がせいぜいだよね。
沢木 コンパスの全長は4.4m。決して大きくはないけど、約15㎝の差は後席とラゲッジで実感できます!
櫻井 コンパスは、最も日本向きサイズのクルマだと思う。オフロード走破性なら断然ラングラーだけど、一般道での乗り心地はいまいちで、小回りも利かない。
沢木 本気仕様ですからね。
櫻井 かといってチェロキーはデザインが都会的すぎるし、上級モデルのグランドチェロキーだと大きすぎる。
沢木 確かに、コンパスは河原に出る細道も走りやすかったし、デザインもフィールドで映えますね。

高さを抑えた、都会的なプロポーション。それでもジープ伝統のフロントグリルや台形のフェンダーアーチを取り入れることで、クロスカントリー車の雰囲気も漂わせている。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket