【アウトドア試乗レポート】一番使いやすいサイズの モダン・ジープは4WDが楽しい!ジープ/コンパス リミテッド | BE-PAL

  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • 【アウトドア試乗レポート】一番使いやすいサイズの モダン・ジープは4WDが楽しい!ジープ/コンパス リミテッド

【アウトドア試乗レポート】一番使いやすいサイズの モダン・ジープは4WDが楽しい!ジープ/コンパス リミテッド

2018.03.09

小回りが利く日本向きサイズ!

記者・櫻井&編集・沢木による試乗レポート。今回は、ジープ/コンパス リミテッド編です。沢木 ジープというと、ラングラーやチェロキーが有名だけど、最近はモデル数が増えているんですよね〜。
櫻井 そう。特に2015年に発売されたコンパクトSUVのレネゲードは、ビーパルでもオススメした人気モデル。ただし、全長が4.2mと短くて、キャンプ道具を積むことを考えると、アウトドアに限っていえば2人用がせいぜいだよね。
沢木 コンパスの全長は4.4m。決して大きくはないけど、約15㎝の差は後席とラゲッジで実感できます!
櫻井 コンパスは、最も日本向きサイズのクルマだと思う。オフロード走破性なら断然ラングラーだけど、一般道での乗り心地はいまいちで、小回りも利かない。
沢木 本気仕様ですからね。
櫻井 かといってチェロキーはデザインが都会的すぎるし、上級モデルのグランドチェロキーだと大きすぎる。
沢木 確かに、コンパスは河原に出る細道も走りやすかったし、デザインもフィールドで映えますね。

高さを抑えた、都会的なプロポーション。それでもジープ伝統のフロントグリルや台形のフェンダーアーチを取り入れることで、クロスカントリー車の雰囲気も漂わせている。

 

窮屈じゃない3名キャンプが楽しめる!

2WDの後席は60:40分割可倒式だが、4WDは40:20:40で、中央も独立してたためる。

奥行きは、ひとりが膝を曲げて横になれる程度。

ラゲッジ開口部の傾斜は緩く、その ぶん高く積める。後席を半分たためば3名分の荷物が入る。

櫻井 ジープ伝統の7穴グリルをもつフロントマスクは精悍で、後ろの窓ガラスが切れ上がったラインもかっこいい。飽きの来ないデザインだと思うよ。
沢木 内外装のディテールも上質。これで2WDのエントリーグレードが300万円とはお買い得です(注・税抜299万741円)
櫻井 4WDは約90万円アップだけど、快適・安全装備が充実しているうえ、ATは2WDの6速に代わり9速を装備。滑らかな変速で気持ちよく走れるんだ。
沢木 4WDシステムはレネゲードと同じ、前輪駆動主体のオンデマンド式ですが、制御がいいのか、岩場でもスムーズに走れました。
櫻井 そこはやっぱりジープだから。走行モードによっては、スタックしたとき、1輪にトルクを集中させることもできるからね。
沢木 そのうえ燃料は経済的なレギュラーガソリン仕様。日本車感覚で乗れます。
櫻井 今回テストして思ったのは、ひと昔前のRVにあったワクワク感が、このクルマにはあるってこと。
沢木 古臭くはないのに?
櫻井 そう。随所に伝統を取り入れたデザインとか、ちょっと硬めの乗り心地とか、いろんな要素が混ざり合って、個性となっているんだ。
沢木 アメリカンSUVの味は、今でも健在なんですね。

 

普段使いからオフロードまで対応!

タイヤからボディー先端までが短く、起伏のある場所でも地面に接触しにくい。ただし、フロントバンパーの奥に樹脂製のアンダーガードが付いているので、破損に注意。

各種スイッチは直感で操作できるようにレイアウトされている。

4WDは9ATのきめ細かな変速により、エンジンパワーをスムーズに引き出すことができる。

走行モードは手元で切り替えられ、使いやすい。

ジープ/
コンパス リミテッド

¥3,879,630

https://www.jeep-japan.com/

◎構成/櫻井 香 ◎撮影/小倉雄一郎

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • 【アウトドア試乗レポート】一番使いやすいサイズの モダン・ジープは4WDが楽しい!ジープ/コンパス リミテッド

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。