2017.10.11

【アウトドア試乗テスト】ジャストサイズのスポーツワゴン「スバル/レヴォーグ2.0STI スポーツ アイサイト」で秋キャンプへ!

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

使って納得のベストバランス!

ライター・櫻井と編集・沢木による新車試乗レポート。今回は、スバル「レヴォーグ 2.0STI スポーツ アイサイト編です。

沢木 レヴォーグは、かつてのレガシィ ツーリングワゴンと同等サイズのステーションワゴンですよね。
櫻井 現行型のレガシィは、セダンとアウトドア仕様のワゴン、アウトバックだけ。アウトバックは地上高があってラゲッジも広いけど、大柄なぶん細い林道とかに入るともてあますことも。その点、レヴォーグは機動性と積載量のバランスが絶妙で使いやすい。
沢木 今回、初めてのビッグマイナーチェンジとなったわけですが、見た目の違いはごくわずかなんですね。
櫻井 スタイリングに対するユーザーの評価が高かったので、今回は顔つきや質感をブラッシュアップした程度にとどめているんだ。
沢木 室内ではダッシュボードの上にあるディスプレイが大画面になりました。
櫻井 ここには従来、運転席から見えづらい助手席側の死角をモニターする機能が付いていたんだけど、新たに前方の下部分も映し出すようになった。キャンプ場では意外なところに障害物があるから、これは便利!
沢木 キャンプサイトでは、うっかりペグを踏んづけちゃったりしますもんね~。

ボディーサイズは先々代レガシィ ツーリングワゴン(4代目)とほぼ同じで、日本の道にはベストバランス。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket