【アウトドア試乗テスト】世界基準のコンパクトカー「スイフト ハイブリッド RS」

2017.04.22

フィールドで映える筋肉質なスタイリング!

ライター・櫻井と編集・沢木の新車試乗レポート。今回は、「スズキ/スイフト ハイブリッド RS」です。

沢木 スイフトは世界で累計500万台も売れているベストセラーカーですよね。
櫻井「カルタス」という名前だったころからよく走るコンパクトカーとして知られていたけど、世界戦略車となった2代目からは走行性能が飛躍的に進化したんだ。
沢木 なぜ世界戦略車だと走りが良くなるんですか?
櫻井 国によって路面の状態や走行状況は違うわけで、厳しい条件をクリアするために開発陣は徹底的に走り込む。スイフトは発売の1年前からアルプスの山岳路や南欧の高地、ドイツのアウトバーンなどでテストを繰り返してきたのだとか。
沢木 それはすごい!

先代より全長と全高を1㎝短縮しながら、ホイールベースは2㎝拡大。最小回転半径は4.8mと機動性抜群だ。躍動感あふれる筋肉質なスタイリングは、アウトドアとの親和性高し。

マイルドハイブリッドは発進後から加速時に最長30秒間モーターアシストが働く。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事