【アウトドア好きのクルマ選び】新型インプレッサは長旅も気持ちいいぞ! | BE-PAL

【アウトドア好きのクルマ選び】新型インプレッサは長旅も気持ちいいぞ!

2016.11.19

 

100記者・櫻井と編集・沢木による試乗レポート。今回は、スバル/インプレッサ スポーツ 2.0i アイサイト」編です。

101-6

最小回転半径は旧 型と同じ5.3mをキープ。車両感覚も掴みやすく、狭い場所での走りやすさを実感できる。

 インプレッサはアウトドアズマンにも馴染み深いクルマだけど、派生モデルのXVやステーションワゴン化したレヴォーグがある今、あえてこれを選ぶ理由が減った気がします。
 でも、それら「インプレッサ系」の中核が一新されたんだから、今後を占う意味でも重要なモデルだよ。
 確かに。見た目はキープコンセプトで、洗練さが増した印象ですね。
 デザイン以上に変わったのが中身。基本骨格、いわゆるプラットフォームが新しくなったおかげで、テストコースでの試乗中、乗り心地がすごく良かったことに気付いたはず。

コクピットはより使いやすくデザインを一新。質感も上がっている。

コクピットはより使いやすくデザインを一新。質感も上がっている。

 ボディーががっしりしていて、余計な振動をほとんど感じませんでした。
 そう。だから長時間乗っても疲れが少ない。プラットフォームは多額の開発費用がかかり、一度作ったら最低でも2、3世代は継続して使われる部分。

ハンドリングのダイレクト感が増して、気持ちよく走れる

ハンドリングのダイレクト感が増して、気持ちよく走れる。

沢 つまり、今後モデルチェンジするXVやレヴォーグも新型インプレッサに匹敵する乗り味になる、と。
 そういうこと。ボディーサイズは全長が約4㎝長くなり、後席の足元空間に余裕ができた。

シートの構造を改良し、座り心地が良くなった。

シートの構造を改良し、座り心地が良くなった。

 前の席も旧型より広々とした印象です。
 それはダッシュボードのデザインが変わったことも一因。ナビゲーション周りがすっきりしたうえ、運転席と助手席の間にあるセンターコンソールの幅が広がり、隣の席との間に余裕ができたのは大きいよ。

試乗車 のエンジンは2ℓ。加速、静粛性能を磨き上げている。旧型同様、1.6ℓモデルも用意される。

試乗車のエンジンは2ℓ。加速、静粛性能を磨き上げている。旧型同様、1.6ℓモデルも用意される。

沢 それに旧型もそうでしたが、視界が広いです。
 スバルの前身は戦前にあった中島飛行機でしょ? 飛行機のコクピットは視界重視だから、今でもその伝統が生きてるんだって、スバルの人がいってた。
 それなら長旅も気持ちいいでしょうね。

開口部の幅が広がり、容量 もわずかに大きくなった(+ 5ℓ)。後席をたためば1人 がぎりぎり休める広さになる。ただし、段差が大きいので、マットなどで工夫しよう。

開口部の幅が広がり、容量もわずかに大きくなった(+5ℓ)。後席をたためば1人がぎりぎり休める広さになる。ただし、段差が大きいので、マットなどで工夫しよう。

 アウトドアに直結する機能では、ラゲッジの開口幅が10㎝広くなったのがニュース。
沢 横に積める道具が増えれば後席をたたむ機会が減り、みんなで遊べます。
 あとは地面とのクリアランスにもう少し余裕があれば、フィールドでも走りやすいんだけどね。
沢 次期XVなら、そこもクリアしているはず。今後のスバル車に注目ですね。

 

「スバル/インプレッサ スポーツ 2.0i アイサイト」
SUBARU
IMPREZA SPORT 2.0i EyeSight101-5■問い合わせ先/スバル(フリーダイヤル)0120‐052215
http://www.subaru.jp

 

◎構成/櫻井 香 撮影/見城 了

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。