フィールドで役立つ新機能が満載!ウルトラライトな遊びグルマ「スズキ/イグニス」の実力チェック! | BE-PAL

  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • フィールドで役立つ新機能が満載!ウルトラライトな遊びグルマ「スズキ/イグニス」の実力チェック!

フィールドで役立つ新機能が満載!ウルトラライトな遊びグルマ「スズキ/イグニス」の実力チェック!

2016.03.14

kuruma114今回紹介するのは、「SUZUKI/IGNIS HYBRID MZ」。機能とデザインを両立させた、新開発のコンパクトクロスオーバー車だ。最低地上高に余裕をもたせ、4WDもあり、機能も充実している。記者・櫻井と編集・沢木が試乗後の率直な感想を語り合った。

 スズキは軽自動車のイメージが強いけど、この新型車はスモールカーですね。
 そう。1・2ℓの4気筒エンジンを積んでいて、ボディーサイズは軽自動車の規格よりも長さが30㎝、幅が18㎝大きいんだ。
 実際に見ると、数字以上に大きい印象です。
 ボディーの四隅ぎりぎりにタイヤを配置し、上にいくに従って絞り込んだデザインの効果だね。力強さがあって、個性的。
 荷物もかなり積めます。
 リアシートがスライドできるので積みやすいね。
 それにラゲッジの床下収納がとても深いです。クーラーボックスがすっぽり入っちゃうほど。

デザイン上、真四角な開口部と はいかないが、ラゲッジ容量は十 分な広さを確保している。床上空間は2WDも4WDも同じだが…。

デザイン上、真四角な開口部とはいかないが、ラゲッジ容量は十分な広さを確保している。床上空間は2WDも4WDも同じだが…。

2WDの床下は広大。4WDはもっと浅い。

2WDの床下は広大。4WDはもっと浅い。

 ただし床下が深いのは2WDのみ。4WDはリアサスペンションの形状が異なる関係で浅くなってる。

 走破性と積載性のどっちをとるか。悩ましいなあ。
 キャンプが主体なら2WDがいいけど、雪道を走ったり渓流沿いの砂利道を通る機会が多いなら4WDでしょう。急な下り坂で自動的に低速を維持するヒルディセントコントロールや、滑りやすい路面での発進時に駆動力を制御するグリップコントロールが付いているのは4WDならでは。

リアシートをたためば、対角線上にひとりが寝られる。

リアシートをたためば、対角線上にひとりが寝られる。

個別にリクライニングとスライドができる。3人乗車時も快適だ。

個別にリクライニングとスライドができる。3人乗車時も快適だ。

 軽自動車ではなく、あえてスモールカーを選ぶメリットは何でしょう?
 排気量が小さい軽自動車は、荷物を満載した状態だとパワーが不足しがちで、それをカバーしようと無駄にアクセルを踏むことになる。その点、イグニスはひと回り大きいだけで排気量は倍近くあり、余裕をもって走れるから、地面に余計な負荷をかけることも少な
い。それに車重は4WDでも920㎏しかなく、最小回転半径はわずか4、7m。機動力も抜群だ。
 ULギアに通じるものがありますね。クルマのダウンサイジングを考えている人におすすめしたいな。

車両の前後左右4か所に設置したカメラで 俯瞰映像をナビ画面に表示する、全方位モニ ター(オプション)。障害物の多い場所で便利。

kuruma116-7

車両の前後左右4か所に設置したカメラで俯瞰映像をナビ画面に表示する、全方位モニター(オプション)。障害物の多い場所で便利。

 

 

kuruma115-1

kuruma115-2

歴代のスズキ製コンパクトカーの特徴を取り入れたというデザインは、とってもキュート。タイヤが四隅にあるので車両感覚もつかみやすい。ロードクリアランスも十分だ。


スズキ/イグニス ハイブリッド MZ

¥1,520,000(2WD)
問い合わせ先/スズキ
フリーダイヤル0120・402・253
http://www.suzuki.co.jp/

構成/櫻井 香 撮影/見城 了 

 

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • フィールドで役立つ新機能が満載!ウルトラライトな遊びグルマ「スズキ/イグニス」の実力チェック!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。