冬こそ「レンタル・キャンピングカー」でグランピングを楽しもう! | BE-PAL - Part 2

冬こそ「レンタル・キャンピングカー」でグランピングを楽しもう!

2017.02.21

FFヒーターはすぐれもの

焚火はキャンプの楽しみのひとつですが、焚火がなくても暖をとれるのがキャンピングカーのいいところ。せっかくだから、きれいな星空をみるためにも焚火は控えて、車の中でぬくぬくしながら星空を見つめてみてはいかがでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬にキャンピングカーを借りるなら、FFヒーターがついているかどうか、確認しましょう。FFヒーターは、ガソリンなどの燃料を燃やして車内を温める設備で、車のエンジンを切っていても使えること、燃費がいいこと、音が静かなこと、とても温かいことなど、冬に欠かせないスグレモノです。焚火がなくても、車内にはキッチンがあるから温かい飲み物を作れます。加えてFFヒーターがあれば、まったく寒さ知らずで冬のアウトドアを楽しめます。

 

スキーに行くときも

夜出発して、スキー場の駐車場で仮眠すれば、朝早くから1日をフルに使って、大いに滑ることができます。ただし、冬用タイヤをつけていないキャンピングカーもあるので、雪道を走れるかどうかレンタルの際に確認しましょう。また、キャンピングカーは通常の車より相当大きく、運転する際も注意が必要なので、普段あまり運転する機会がないなど、慣れない人は雪道の運転を避けたほうがいいかもしれません。

 

空いているところを探そう

日の出を見たくて、犬吠埼を目指した1泊旅行。通りかかった海辺の公園が気に入って、そのまま車を泊めて就寝しました。混んでいる場合はキャンプ場などを探そうと思ったのですが、夜を過ごした車は他になく、小さいとはいえ少し気になるFFヒーターの音も、波の音にかき消されてまったく気になりませんでした。近くにトイレがあり、公園を出ればそこは温泉地。立ち寄り利用で温泉を楽しんで、おいしい海鮮を食べて、灯台から海を眺めて、浜辺で遊んで、のんびりと過ごした休日。たった1泊なのに、深い満足を味わうことができた旅でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬はさすがにテントだと寒い・・・という方も、キャンピングカーなら冬のアウトドアを満喫できますよ。冬こそ、キャンピングカーがおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

<取材協力>株式会社イクシ―リゾート
http://www.campingcargate.com/

  渡部写真 

 

 

 

◎文=渡部郁子
(わたなべいくこ)
フリーアナウンサー/ライター
JFNアウトドア番組「JOYFUL LIFE」パーソナリティほか、アウトドア、温泉、音楽をテーマに新聞・雑誌で情報を発信。ライフワークのフジロックほか、数多くのフェスで子連れスタイルを実践中。www.watanabeikuko.jimdo.com/

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンピングカー 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンピングカー 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。