12月1日・2日「Columbia TAKIBI CLUB 2018」開催!

やってきました、焚き火の季節!

 

垣根の、垣根の、曲がり角〜。いやいや、寒くなってきましたね。なんだか、焼き芋食べたい今日この頃だなぁ、ってなわけで、今年もまた「焚き火」が楽しい季節がやってきました!

昔から日本では、落ち葉焚きをしたり、焼き芋を焼いたりと、日常の中のとっても身近なアウトドア遊びだった焚き火ですが、いまどき焚き火を楽しもうとすると、うーむ…、そもそもどこでやればよいのだろう? 

そんなもやもやに、ずばりストライクな、ゆるくて楽しい焚き火イベントをご紹介します。

その名も「Columbia TAKIBI CLUB 2018」。開催日は12月1日(土曜日)、2日(日曜日)。会場は、東京・江東区にある「若洲公園キャンプ場」。新木場駅からバスで7分。東京湾を行き来する船を眺めながらのんびりできる、なかなかに気持ちいい公園です。

いまどきの焚き火マナーとして、地面や芝生を汚さないため、また火事を防ぐために「焚き火台」というスタンドを使うのが一般的になっておりますので、まずは、「試焚火」コーナーを楽しみましょう。

ここでは、いろいろな焚き火台で実際に燃え具合の違いを試せます。薪ストーブもたくさん登場します。

(気に入った焚き火台は、その場で購入できちゃいます。なかなか買えないあの焚き火台も!)

 

そのほか、ダンボールでカホン(箱型ドラム)を作ったり、森のオカリナを作ったりするワークショップ、ハンモック整体、ドッチビー(フライングディスクによるドッチボール)なんかもあって、楽しそうです。

 

さらに、「焚き火クラブ」は、ちょっとした「冬フェス」でもあります。

OJIさんやMOCCA、加賀谷はつみさんなどの音楽ライブや、ファイヤーパフォーマンス(焚き火でダンス?)を観ながら、のんびりお酒を楽しんだら、きっとすばらしい休日になるんじゃないでしょうか。なんと、1泊のキャンプもできるみたいですよ。

 

それにしても、いや〜火を燃やすのって、ほんと楽しいっ。なんつーか、ぼくらの心の奥底に眠るプリミティブな部分にポッと火が灯る気がしてきます。日頃のストレスも一緒に、ここぞとばかりに、バンバン燃やしちゃいましょう!

それでは、よい週末を!

 

 

Columbia 焚火クラブ 2018 概要

開催日:2018年12月1日(土曜日)・2日(日曜日)
    12月1日(土曜日) 開場11:00 閉場21:00
      (※12月1日は、組数限定で、キャンプ宿泊が可能です)
    12月2日(日曜日) 会場10:00 閉場21:00

会 場:若洲公園キャンプ場
    〒136-0083 東京都江東区若洲3丁目2-1

主 催:焚火クラブ実行委員会
    (株式会社ヒーロー・東京港埠頭株式会社
     株式会社コロンビアスポーツウエアジャパン)

料 金: ● 入場券(大人各日)————————————-  1,800円(税込)
     ● 入場券(2日通し券 ————————————  2,500円(税込)
        ※中学生以下無料
        ※先着800名にオリジナルシェラカップをプレゼント
     ● サイト券(キャンプ泊にはサイト券が必要です)———-  3,000円(税込)
        ※サイトのサイトの広さは6×8m程度

予約センター電話050-5835-0493(9:00~18:00)メールbbq-resv@hero.co.jp

オフィシャルホームページhttp://www.columbiasports.co.jp/special/takibiclub2018/