9/17-18開催の「New Acoustic Camp」 で、b*p編集部が「焚き火ポップコーン」のワークショップをやりまーす!!

撮影=福山楡青

  • 撮影=福山楡青

 

“日本一ピースフルなキャンプ・フェス!” 

「New Acoustic Camp 2016」(通称=ニューアコ)が、

いよいよ9月17日(土)-18日(日)に群馬県水上高原で開催されます。

312490_516345401750739_1092045253_n

 

今年の「ニューアコ」の見どころは、ハナレグミ、エゴ・ラッピン、

原田郁子とASA-CHANG、ハンバート・ハンバート、

LITE、Dragon-Ashの降谷建志、ストレイテナー、ACIDMAN、

トレモノ、パノラマスチールオーケストラ、OAU

……などなど。

「ハンバート・ハンバート」。自然の中で聞くと素敵なハーモニーが最高にしみます。

「ハンバート・ハンバート」。自然の中で聞くと素敵なハーモニーが最高にしみます。

海外でも評価の高いハード系インストバンド「LITE」

海外でも評価の高いハード系インストバンド「LITE」

ここに連ねて書きにくかったのですが、

な、なんと、あの「オメガトライブ」の杉山清貴も出演!

……知ってるだけで、めっちゃ年齢ばれますね(「ザ・ベストテン」懐かし~!)。

 bp02

さて、このすばらしい秋フェスで、ぼくらb*p編集部チームは

「b*p焚き火DEポップコーン」ワークショップをやります!

 いまどき、ポップコーンといえば電子レンジですが、

ほんとうは焚き火でつくったほうがおいしいんですよ。

なぜって、そもそも人類は、じつに長い間、

焚き火でポップコーンを作っていたわけなので。

とうもろこしの本場メキシコでは、紀元前3600年の遺跡から

ポップコーンの残骸が発掘されていますし、

ペルーや、アメリカのユタ州でも1000年前の遺跡から

ポップコーンが出土しておるというではありませんか。

19世紀にアメリカで蒸気式のポップコーンマシーンが発明され、

映画館を中心に爆発的な人気スナックになっていきますが、

そもそも最初はメキシコやペルーの先住民のみなさんや、

ネイティブアメリカンからやり方を教わった西部開拓民の家族が

焚き火でポンポンッとはぜる音を楽しみながら、

わいわいがやがやと作っていた、「焚き火フェスフード」なんです。

だから、焚き火でポンポンサウンドを聴きながら楽しむと、

「いや~、なんともよいな~」って感じで

人類としての奥深い部分をくすぐられて、

ピースフルになれること間違いなしなんです!

 

はい。というわけで、

ぼくらb*p編集部スタッフと一緒に、

ニューアコでポップコーンつくりませんか? 

みなさんのご参加、お待ちしておりますよー!

 

↑ちなみにキャンプの本場アメリカ流焚き火ポップコーンはこんな感じです。

ニューアコの「b*p焚き火ポップコーン」ワークショップでは、

アルミホイルをつかったやり方の他に、

アメリカ直輸入の焚き火用ポップコーンメーカーを使った

ポップコーン作りを体験できます。(無料です!!)

 

■「New Acoustic Camp 2016」ワークショップ詳細はこちら

http://newacousticcamp.com/work/

 

 

ポップコーンと一緒に、焚き火の定番、「焼きマシュマロ」もやります!

ポップコーンと一緒に、焚き火の定番、「焼きマシュマロ」もやっちゃいましょー!