号泣!ナイジェリアの洪水ジャングル 第1回 ~ 怖っ!五寸釘の特大ゲバ棒で通せんぼ ~ | クルマの旅・ドライブ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 号泣!ナイジェリアの洪水ジャングル 第1回 ~ 怖っ!五寸釘の特大ゲバ棒で通せんぼ ~

    2019.02.28 軽キャンパーで地球半周!

    軽キャンピングカーで、地球半周中です。
    稚内からロシアへ渡り、モンゴルで道草してから中央アジアへ。イラン、ヨーロッパと抜けてアフリカに上陸しました。
    南アフリカの喜望峰を目指していますが、マラリアや雨期の洪水、複雑怪奇なVISA取り、強盗まがいの賄賂警察官にイスラム過激派。車中泊もままならない西アフリカです。

    西アフリカの真骨頂はナイジェリア

    これまで西アフリカをドライブして、いく度となく旅の最終回を迎えそうになりました。
    ①ガーナのVISAを拒否られた事件
    ②コンゴ民主共和国の闇の奥に迷い込む地獄のルート案
    ③マラリア感染疑惑
    そのほか、南に下るにつれてキツくなるカツアゲ系の賄賂警察官。
    彼らの恫喝営業を言葉巧みにかわしたものですが、とうとう雨将軍に襟首どころか足首まで掴まれました。アウトドアもキャンピングも楽しめないナイジェリアで、今度こそ旅の最終回を迎えそうです。

    ベナンはたったの2泊3日

    ヤシの木が並ぶトーゴの楽園ビーチから、ベナンに入りました。
    トロピカルなキャンプ場を尻目に、首都コトヌーへ。

    コンゴ民主のVISAを取り次第、さっさと出国します。ナイジェリアはあまりにも評判が悪いので、防犯対策をとりました。貴重品と現金を隠し、小銭だけポケットに。どんだけお金を請求されても、これしか持ってなくて、へへへ……作戦です。

    五寸釘の特大ゲバ棒で通せんぼ

    ナイジェリアに入国していきなり、強烈な洗礼をくらいました。通せんぼされたのです、5寸釘だらけの巨大なゲバ棒で。逃げようにも、獣道に毛が生えたような幅の狭い田舎道。助けを求めたくても、ほかの車は一台も走っていません。運が良くて強盗、最悪、イスラム過激派か反政府ゲリラ!
    誘拐されるかも!
    「パスポートを出しなさい」
    「警察だ、逃げようとしただろ!」

    逃げませんっておまわりさん、っていうか、制服を来てくださいよ。そんなロックンロールTシャツで仕事されたんじゃ、ヒッチハイクにも敬礼しなきゃならないじゃないですか!

    8kmごとに官民一体の集金検問

    ナイジェリアは、隙間なくデンジャラスゾーンです。特に北はイスラム過激派、南は反政府ゲリラの巣窟。両者が拮抗する南北の真ん中あたりのデリケートゾーンを通りぬけたいのですが、危険度より近道を選ぶあたりが危機管理能力の低い我が家です。

    過激派にもゲリラにも遭遇しなかったものの、検問に泣かされました。多いときは1日24回。8kmごとに待ち伏せしているのは、軍、警察、カスタム、道路セキュリティ、イミグレ、半グレとなんでもアリ。ライフルを肩にぶら下げた制服組みが車を止め、私服の連中が営業をかける官民一体の集金システムです。

    道路使用許可証がないと罰金

    検問はこれまでの国とは違い、賄賂ではなくて詐欺系です。
    「道路使用許可証を出しなさい」
    なんですかそれ?
    なんなものは持っていないです、聞いたこともないし。
    とりあえず、その許可証の写真撮っていいですか?
    Noooooooooo!!!!!
    怒られました。
    「許可証に15,000円払いなさい」
    た、高すぎないですか、道路を走るだけなのに。
    大使館に電話していいですかね?
    Noooooooooo!!!!!
    怒鳴られました。
    これしか現金がなくてとポケットから小銭を出したら、
    Oh No!(まじかよ:顔訳)
    さんざん文句言いながらも全額盗る奴らでして、
    「あの~、領収書ください」
    Noooooooooo!!!!!
    後日、消火器不携帯でもポケットの小銭を盗られます。
    領収書なしで。

    ときには賄賂も悪くない

    ナイジェリア第2の都市で、前を走る車に続いて黄色信号を直進したら、ビィィィィィ!警笛が。
    同時に交差点のあらゆるところから、どこに隠れていたのってくらいの警官たちが出て来て、完全に包囲されました。
    みなが窓に顔を突っ込んで、どえらい剣幕で怒ること怒ること。
    やがてひとりが車に乗り込んできて、
    「15,000円払え!」
    高っ!
    罪の意識はないとはいえ、あながち冤罪とも言えない交通違反。かといって15,000円も払えません。
    全身全霊全力で謝りました。
    文字通り腕にすがりついて、バッタのように何度も頭を下げます。
    頃合いを見計らって、ポケットから270円。
    …………。
    固まってましたが、許していただけました。
    領収書はくれないけど。

    次回は、ナイジェリアの第2弾「スコップを担いだ珍商売に軽自動車が叫ぶ!」をお送りします。

    石澤義裕・祐子
    住みやすい国をリサーチしようという話から2005年から世界一周をスタート。アメリカ、カナダなどをスクーターで旅行し、オーストラリアをキャンピングカーで回ったのをきっかけに2015年の夏から軽キャンピングカーで旅を始めた。

     

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 クルマの旅・ドライブ 』新着編集部記事

    僕らの外遊びスタイルがもうすぐ変わる!? 世界のエコカー最新事情とは

    2023.01.27

    最新エコカーは「EV」一択となるか!? 自動車メーカーが考える外遊びの未来とは

    2023.01.26

    着々と進む電動化の今をレポート!気づけば長崎県五島市がEV社会になっていた

    2023.01.25

    手作りソーラーカーからリサイクル可能なクルマまで !BE-PALが伝えてきた「エコなクルマ」の30年

    2023.01.22

    ソト遊びの相棒を考える!「ハッピーな気持ちになれるエコカーに乗るには」座談会

    2023.01.21

    キャンピングカーで三重県に到達!話題の「RVステーション鈴鹿PA」の使い心地はいかに?

    2023.01.21

    z