【ロングトレイル旅】アリゾナトレイルを歩く VOL.9 | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【ロングトレイル旅】アリゾナトレイルを歩く VOL.9

    2019.01.08 ロングトレイル旅

    今回はしっかり道具の説明します!調理器具編

    2016年からストームクッカーを使ってきました。本当に良くできたハイカーの声が反映された商品だと思います。
    クラシックスタイルの重さの僕にとってはベストチョイスでした。

    しかし、アリゾナトレイルは、寒さの心配もありますが、何より水場の不安があります。水が無くては料理は作れません。
    そうなると、大きなクッカーよりは、1サイズ小さめのクッカーがいいなとうっすら考えていたのでした。
    そして偶然にも、今回は気になる物も発売されていました。それは、サーモスタッククッカーコンボです。

    2018年7月10~11日、英国で行なわれたアウトドア展示会 OTS(Outdoor Trading Show)において、「サーモスタッククッカーコンボ SOD-521」が、キャンプ・ギア部門(Camping Equipment)で 2019 Awards Finalist賞を受賞しました。そんな素晴らしい製品なのです!

    まず、なんといっても最大3つ使えます。いつもなら、コップを持って多めにお湯を沸かし、飲み物を先に作ってから調理していました。
    特に僕の場合は、保温調理が中心になりますので、料理が出来上がる頃には、先にお湯を入れた飲み物が冷めているという状況でした。

    サーモスタッククッカーコンボを使えば、そんな事もなくなりますね!しかもダブルウォールマグで使用すれば、温かさをキープする事も出来ます!

    もちろん、本体のクッカーは750mlの容量がありますので、軽めの装備のソロハイカーにはクッカーとマグ1個という使い方にすれば軽くなりますし。
    また、嬉しい事にこのクッカーのケースも内側がアルミになていますので、ストームクッカーのように保温調理ができます。
     
    また、コンパクトなのでバックパックの取り出しやすい位置にいれることも出来るので、バックパックを開けなくても良さそうなのも忙しいハイカーには
    嬉しいかもしれませんね!

    実は1L以上の大鍋使いの僕ですが、PCTを歩いた時は750mlのクッカーを使っていましたのでサイズは問題ありません。

    マグも直接温められるので、飲む分だけの水を使用できるので、水場の少ないアリゾナではベストな選択かもしれませんね!

    寒い夜に、温かいティーは欠かせませんからね!さて、その使い勝手はどうなんでしょうね?しっかり試してみたいと思います。

    金属の擦れた音が苦手なので、僕はふきんで包んでいます。

    中のマグを反対に入れるとカタカタもしなそう。

    保温もできる

    プロフィール

     

     

     

    【Profile】斉藤正史 

    山形県在住
    LONG TRAIL HIKER
    NPO法人山形ロングトレイル理事
    トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

    ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
    山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    佐藤ジョアナ玲子、2023年最初の旅はアウトドアのパラダイス・ニュージーランドへ!

    2023.01.27

    マングローブ遊歩道にアボリジナルアート も!ブリスベンのリバーウォークは見どころがいっぱい

    2023.01.24

    オーストラリアの川の街・ブリスベン「摩天楼ボードウォーク」と植物園を歩く

    2023.01.24

    家族でヨット世界一周中!クルーザーフレンドリーな街、サンディエゴへ到達

    2023.01.23

    登山家 服部文祥さんに聞く「冒険とアートに相通じるもの」【動画公開中】

    2023.01.23

    不思議感覚の「水上歩道」 「川の街」ブリスベンのリバーウォーク を行く

    2023.01.22

    z