アウトドア仕立ての「フォルクスワーゲン/cross UP!」でご機嫌ドライブへGO | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2015.08.18

    アウトドア仕立ての「フォルクスワーゲン/cross UP!」でご機嫌ドライブへGO

    GKBR8448

    小さなお子さんがいるファミリーはともかく、少人数でキャンプや釣りを楽しむくらいなら、クルマはうんと小さくても問題なかったりする。小型車なら購入費用も維持費用も安く済み、あわよくばメインのクルマと2台持ちだって夢じゃない。しかも最近は、室内のアレンジやフィールドでの走破性に長けた、RV的な軽自動車も増えてきている。道具の軽量化にこだわるように、「クルマのダウンサイジング」を目指している人は少なくないはずだ。

    軽自動車という選択は大いにアリだが、ほかとは違うクルマを探しているなら海外ブランドのスモールカーを選ぶ手もある。その最有力候補として推したいのが、フォルクスワーゲン・UP!(アップ)だ。軽自動車よりひと回り大きいボディに高剛性かつ軽量な超高張力鋼板を多用し、999ccの直列3気筒エンジンで軽快に走るUP!には2ドアと4ドアモデルがあり、それぞれ4人乗り。
    ベーシックグレードの価格は154万8000円からとなっていて、そのぶん2ドアのリアウインドウが固定式になっていたり、ドアミラーの格納が手動だったりと、装備が簡素化されている。
    それでも薄型のヘッドレスト一体型シートはサイズが大きく、長時間の運転でも疲れにくく、どしっとした安定感のある走りが味わえる。高速道路を何時間も走り続けることを前提としたドイツ車だけに、カラダは小さくても体幹がしっかりしているという感じで、頼もしい走りをみせる。

    そんなUP!シリーズに新しく加わったのが、SUVテイスト満点の「cross UP!」だ。
    4ドアモデルをベースに、専用の前後バンパーやルーフレールを装備するほか、16インチのアルミホイールを履き(通常モデルは14~15インチ)、最低地上高も1センチ高めてある。駆動方式は前輪のみが駆動する2WDで変わらないものの、よりカジュアルな雰囲気が強くなっている。
    ボディカラーは写真のレッドほか全5色で、インテリアもコーディネートできる。価格は194万円。装備満載の軽自動車なら200万円近くなる昨今、決して割高感はないし、週末の外遊び気分を盛り上げてくれる専用装備が付いているのだから、むしろお買い得。
    なによりも、ロングドライブを苦にしない運動能力は魅力的。大きなクルマから乗り換えても、がっかりすることはないだろう。車庫事情で小型車じゃないと無理な人や、輸入車に興味があってもなかなか足を踏み出せなかった人も、「cross UP!」で夢を叶えてみては?

     

    文/櫻井 香  撮影/小倉雄一郎

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    マイナーチェンジしたホンダ「ヴェゼル」に注目! 大幅改良でソト遊び感がアップしてるぞ

    2024.07.10

    新型ミニクーパーEVの新しさとは?バルセロナで金子浩久が乗ってきました!

    2024.06.14

    太平洋に浮かぶ楽園=八丈島をスバルのSUV「クロストレック」「アウトバック」で走ってきた

    2024.06.13

    スバル「レヴォーグ レイバック」試乗レビュー!"地面から200㎜"の余裕が行動範囲を広げるぞ

    2024.06.02

    オフロードで実感!ヨコハマタイヤ「ジオランダーA/T4」は週末のソト遊びにフィット

    2024.05.22

    北京のSUVがヤバいです! 仰望(ヤンワン)の「U8」は1200馬力でドローンまで搭載

    2024.05.20

    フォルクスワーゲンで一番人気の「T-ROC」、アウトドアフィールドでの使い勝手&走りはどう?

    2024.05.12

    ランドクルーザー250にランクル300のオーナー(ピストン西沢)が乗ってみた!

    2024.04.27