おしゃれなタープテント4選!お庭でもキャンプでも活躍するおすすめモデル | タープ・シェルター 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    タープ・シェルター

    2024.07.01

    おしゃれなタープテント4選!お庭でもキャンプでも活躍するおすすめモデル

    ペグダウンなしで自立する便利なタープテント。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、自宅のお庭でも活躍するアイテムだ。日差しや雨を防ぎ、気分を上げてくれるおしゃれなタープテントを紹介する。

    お庭でも使える!タープテントの魅力

    教えてくれたのは…
    ママライター
    藤永瞳 さん

    「子どもと不便を楽しむ」がモットーのママキャンパー。製菓衛生師の資格を活かし、“簡単・美味しい・見栄えよし”の3拍子揃ったキャンプ飯を考案する日々。ここ数年は子どもと気軽にできるデイキャンプに夢中。

     

    お庭キャンプとは、名前の通り、自宅の庭でテントを張ったり、BBQをしたりして、キャンプの疑似体験をすること。キャンプ場までの移動時間や、ギアの積み込み、積み下ろしの手間が無いため、小さいお子さんがいるご家庭や、連休ではない休日でも、気軽に楽しむことができる。

    日陰を確保するためにタープテントだけ先に設営。

    日差しが強い日は、タープテントが活躍!

    ▼参考記事
    自宅で手軽にキャンプ体験!お庭キャンプの準備方法や注意点は?

    タープテントを選ぶときのポイント

    遮光性の高さ

    夏場のキャンプではタープが熱中症予防にもなるため、遮光性の高さも重要。素材では、コットンやポリコットンは遮光性が高いのでおすすめだ。

    耐水圧もチェック

    タープの防水性を示す、耐水圧の数値もチェックしておこう。耐水性のある生地なら、急な雨でもタープに入って、雨をしのぐことができる。耐水圧は、1000~1500mm程度が目安だ。

    難燃性の高い素材

    冬キャンプで焚き火をする場合やタープのそばで調理する場合、コットンやポリコットンなど難燃性の高い素材なら、火の粉がついても燃え広がりにくいため安心。ポリエステルやナイロンなどの合成繊維は、火の粉がつくと穴が空いたり、燃えてしまったりすることもあるため注意が必要だ。

    ▼参考記事
    ソロキャンプにおすすめのタープを厳選!メリットや選び方も解説

    BE-PAL編集部員もおすすめ!「TCパーティーシェードライト/300サイドウォール付」

    新製品情報をいち早くキャッチしたり、アウトドアの達人たちが使用しているギアに触れる機会が多かったり。BE-PAL編集スタッフは日々、たくさんのギアやアイテムと出会い、物欲と闘っている。

    でもやっぱり買っちゃう…。そんな中「これは本当に買って良かった!」と思ったものを各スタッフが悩みながらもセレクト。

    編集・ブッシュ早坂がセレクト!

    Coleman(コールマン)
    TCパーティーシェードライト/300サイドウォール付

    サッと立てられて居住性も抜群。火の粉にも強いマルチな幕だ。クラフト作家の真島辰也さんも愛用。

     

    ▼参考記事
    BE-PAL編集部員の自腹ギア大公開!買って良かったキャンプギア&アウトドア用品30選

    リラックスできるリビングルームを演出「インスタント バイザーシェード II」

    Coleman(コールマン)
    インスタント バイザーシェード II

    一体型フレームで簡単に組み立てられるシェード。伸縮式の脚部フレームによってコンパクト収納が可能なため、持ち運びや保管に便利だ。雨や日差しが入りにくく、ひさし型でゆったりとしたリビングルームを演出することができる。LサイズとMサイズの2サイズ展開で、環境配慮素材(再生済み・再生可能な素材)を使用。(写真・リンク先はMサイズ)

    ●使用時サイズ(約):シェード/約270×270×254(h)cm、フレーム/約220×220cm
    ●収納時サイズ(約):直径19×90cm
    ●重量(約):12kg
    ●材質:シェードスキン/150D ポリエステルオックスフォード(UVPRO、PU防水、シームシール) フレーム/スチール

     

    伸縮式の脚部フレームで組み立ても撤収も簡単。

    ▼参考記事
    自宅でもリラックス!コールマンが提唱する「ホームチルキャンプ」アイテムって?

    UVカット率99.9%以上!機能性◎なロゴス「ソーラーブロック Qセットタープ220」

    LOGOS(ロゴス)
    ソーラーブロック Qセットタープ220

    ネジや金具を使わず、一体型フレームを広げ、生地をかぶせて留めるだけで設営は完了。わずか2分で快適な日陰を作り出すことができる。

    ●サイズ:220×220×H230/215/151cm
    ●収納サイズ:116×20×20cm
    ●重量:約9.5kg
    ●素材:フレーム/スチール、シート/150Dポリエステルオックスフォード(裏面/ソーラーブロックコーティング、耐水圧1000mm)

     

    ソーラーブロックコーティングを施した生地により、UVカット率99.9%以上、遮光率100%を実現。裏地の黒カラーが熱をブロックするので、タープ内の日陰と日向で最大15℃もの温度差を生み出す。夏場の暑い日差しのなかでもひんやりとした日陰を手軽に作ることができる。

    タープ中央には、着脱式のランタンフック付き。必要に応じて、バッテリーランタンを吊り下げることができる。また、使用スタイルに合わせて、高さは3段階で調整可能。

    テント内の空気を外部に逃がす道筋を屋根につけることで、突風時のタープの浮き上がりを防ぐ。

    脚の伸縮は、操作しやすいロックボタン式なので、押しやすくスムーズ。

    屋根フレームには、しなりに強い小判型フレームを採用。

    ▼関連記事
    LOGOS (ロゴス) / ソーラーブロック Qセットタープ220

    カラーバリエーション豊富なフィールドア「タープテント」

    FIELDOOR(フィールドア)
    タープテント(スチール)

    広げるだけで簡単に設営できる、折りたたみ式のタープテント。強度に優れたスチールフレームを使用し、安定性がある。トップ部分に風が抜ける構造になっており、テント内にたまった空気が抜けて快適に過ごせるように設計されているところも魅力。別売りのサイドシートを使用すれば、より広範囲に日陰を作ることも可能だ。カラーバリエーションが豊富なので、好みの空間作りにも役立つだろう。

    ●サイズ:(約)2.5m×2.5m×1.65m / 2.37m / 2.45m
    ●収納時サイズ:(約)22cm×22cm×114cm
    ●重量:(約)12kg
    ●材質:フレーム/スチール、生地/ポリエステル

     

    ▼参考記事
    庭バーベキューを楽しむために必要な道具は?注意点もチェック

    あわせて読みたい

    タープテントのおすすめ6選|選び方やアウトドアでの使い方もレクチャー

    2位はWAQのキャンプマット、1位は…!?2021年『楽天市場』で売れたアウトドア道具ランキング

    シェルター 、タープ、 ハンモック……快適に過ごすためのリビング幕6選!

    埼玉県の手ぶらバーベキューOKのスポットは?おすすめ13選を紹介

    NEW ARTICLES

    『 タープ・シェルター 』新着編集部記事

    コールマンのヘキサタープ特集!カンタン設営や遮光性バツグンのモデルも紹介

    2024.07.14

    【おすすめタープテント4選】ワンタッチで簡単設営&保管も便利

    2024.07.08

    レクタタープのアレンジ方法を解説!基本的な張り方やおすすめタープも紹介

    2024.07.06

    サンセットクライマックス特集!注目の純国産タープ&テントを紹介

    2024.07.06

    スノーピークの人気「メッシュシェルター」を解説!連結できるエントリーパックもおすすめ

    2024.06.30

    WAQ(ワック)/焚き火陣幕TC

    2024.06.27

    MSRのタープおすすめ3選!コンパクトな超軽量から大型モデルまで厳選

    2024.06.24

    mont-bell (モンベル) / レクタタープ メッシュスクリーン

    2024.06.20