夢の周遊旅へ!ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする方法・注意点を紹介 | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2024.06.12

    夢の周遊旅へ!ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする方法・注意点を紹介

    かっこいいキャンピングカーで自由にヨーロッパを旅してみたい!と憧れる人も多いのではないでしょうか?各国を周遊しながらキャンピングカー旅をするにはレンタルという方法があり、広大な土地と多文化が集まるヨーロッパで、最高の思い出と経験になること間違いなしです。

    今回はそんな夢のようなキャンピングカー旅の魅力、レンタルする方法やレンタル時の注意点、おすすめのレンタル会社などを紹介します。ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする予定の方の参考になれば幸いです。

    最高すぎるヨーロッパでのキャンピングカー旅

    ヨーロッパは「キャンピングカーの本場」と呼ばれているほど、キャンピングカーが日本よりも普及していて、あたりまえのように街中や観光地を走行しているのを見かけます。

    キャンピングカーには欠かせない給水や排水処理、外部電源補給をするためのRVパークやオートキャンプ場も充実しているので、車中泊スポットに困ることなく快適な旅が可能です。

    自由度が高く、自分だけの旅のルートが作れる

    海の前で車中泊するキャンピングカー

    絶景のなかで自由に車中泊できるのが最大の魅力!

    キャンピングカーの魅力は、車に生活するための装備がすべて揃っているので、何もない大自然の中での車中泊も可能なことです。海や山など自由にルートを決め、絶景のなかで車の中から満点の星空を見たり、美しい日の出を見たりと、普段なら体験することのできない素晴らしい旅ができます。

    宿泊費を抑えられる

    キャンピングカーで寝泊まりし、食事も車内で自炊をするので、ホテル代、外食代を大きく節約することができます。1泊20~30ユーロのRVパークから無料の場所まであるので、旅行費用を安く済ませることが可能です。

    まるで自宅のような豪華なキャンピングカー装備

    キャンピングカーの内装

    コンパクトだが使い勝手抜群のキャンピングカーの内装。

    キャンピングカーの内装はキッチン、トイレ、シャワー、ベッドと快適な生活をするのに必要な装備をすべて取り揃えています。デザインも機能性も洗練されたおしゃれなモデルが多く、コンパクトでも使いやすく、まるで自宅のような住み心地です。

    各国を巡る周遊旅が可能

    ミラノのドゥオーモ、スロベニアのブレッド湖の風景

    ヨーロッパ各国の美しい景色やグルメを堪能できるキャンピングカー周遊旅が最高すぎる。

    国と国が隣国し合っているので、車で簡単に隣の国を訪問し、それぞれの文化や歴史、美しい街並みやグルメを味わうことができます。

    例えば、一度の旅行でフランス、イタリア、スイス、オーストリアと4ヵ国も訪れることができ、贅沢な周遊旅が可能です。

    キャンピングカーのレンタルに必要な免許とは

    キャンピングカーは特殊な免許が必要だと思われがちですが、3.5トンまでのキャンピングカーは普通自動車免許があれば運転OKです。ヨーロッパでレンタルされているほとんどのキャンピングカーは3.5トン未満なので、日本からの旅行者でも問題なく運転できます。

    キャンピングカーをレンタルするために必要なものは、日本の運転免許証、国際免許証、クレジットカードです。国際免許証は最寄りの運転免許センターもしくは警察署で申請可能で、試験などなく即日発行されるところがほとんどです。日本を出国する前に忘れずに申請しましょう。

    ヨーロッパでおすすめのキャンピングカーレンタル会社

    Indie Campers(インディー・キャンパー)

    INDIE CAMPERSのキャンピングカー

    オレンジの可愛いロゴが特徴のインディー・キャンパー。ヨーロッパでも利用者が多数!

    インディー・キャンパーはヨーロッパを代表するキャンピングカー専門のレンタル会社で、イタリアやドイツ、フランスなどのヨーロッパ各国だけでなく、アメリカ、カナダ、オーストラリアと70以上の国と地域に店舗を持つ会社です。オレンジのロゴが特徴的で、旅行先でも多くの方が利用しているのを見かける、ヨーロッパでも人気のレンタル会社です。

    5人乗車の大型キャンピングカーからコンパクトなバンタイプまでそれぞれの人数や旅のスタイルに合わせて、豊富な車両の中からお選びいただけます。車内にはキッチンやトイレ、シャワー、ベッドと快適に過ごせるフル装備!

    料金は1泊約10,000円からレンタル可能で、車のタイプや日数、ピックアップ場所によって料金は変動します。家族やカップル、ご友人などと一緒に家同然のキャンピングカーで快適に旅しながら一味違ったアウトドアライフを体験できます。

    Road Surfer(ロードサーファー)

    ロードサーファーはヨーロッパやアメリカなど16カ国に店舗を持つ、キャンピングカーのレンタル会社で、バンタイプやルーフテントの付いたコンパクトタイプのキャンピングカーが人気です。

    山やビーチなどの自然の中でのアウトドアスタイルの旅を楽しみたい方向きで、カラフルで可愛いバンでおしゃれなインスタ映えな旅ができちゃいます。2〜5人までの様々なタイプの車があり、小型でもトイレやシャワーまで付いて旅をする装備は完璧です。

    料金は車種にもよりますが、1泊65ユーロ(約10,000円)から。最低日数は3泊です。うれしいキッチン用具のセット付きなので、お鍋や調理器具、食器も揃っていて、車で自炊して憧れのバンライフを味わえます。

    ※1泊の料金にプラス車両保険や清掃料金などもかかります。
    ※1ユーロ=168円で計算(2024年6月4日時点)。

    レンタルする際の注意点

    ①マニュアル車かオートマ車かを確認

    ヨーロッパのキャンピングカーのほとんどがマニュアル車です。なかには、オートマ車のキャンピングカーレンタルもあるので予約前に事前に確認をするようにしましょう。

    ②寝具やキッチン用品があるか確認

    キャンピングカーのキッチン

    車内で自炊するための調理器具が付いているか確認を忘れずに。

    キャンピングカーをレンタルしたが、衣食住をするための布団や枕、シーツなどの寝具。自炊のための鍋や調理器具、食器やコップがない空っぽの状態でレンタルしているキャンピングカーが多いです。

    キッチン用品などをプラス料金で貸し出ししているとこもあるので、事前に生活用品が車に込みで付いてくるのか、それとも別料金で貸し出しするシステムなのかをしっかり確認しましょう。

    日本から持っていく、もしくは現地のイケアなどの格安店舗で買い揃えた方が安く済む場合もあるので、比較してみるのがおすすめです。

    ③走行距離制限

    イタリアの道路

    レンタル会社によっては走行距離制限があるので要注意。

    レンタル会社によっては走行距離制限があり、1泊100kmまで、それ以上の走行は超過距離1kmあたり59円ほどかかるシステムのところもあります。走行距離制限なしのレンタル会社もあるので、長距離を走行予定の場合は予約前にしっかり確認しましょう。

    ④慣れない大型キャンピングカーの運転に注意

    イタリア製の大型キャンピングカー

    キャンピングカーは全長7m、全高3m近くもあり、慣れるまで少し不安を感じることもある。

    キャンピングカーは重量もあり、高さや長さもあるので慣れていないと不安に感じる方も多いかと思います。高さと長さがあることを頭に入れ、カーブでは死角に気をつけながら注意してゆっくりと曲がりましょう。そして、高さ制限のある駐車場やトンネルでは注意が必要です。また、高速道路ではスピードを出しすぎず、時速90km以上は出さないようにして運転をしましょう。

    後部のベッドやキッチンなどに物を置いたまま走行すると、振動で動いてしまい破損や故障の原因になります。走行前に不要な物をすべて閉まって、安全運転に備えること大切です。

    一生の思い出に残るキャンピングカー旅をしましょう

    日本の運転免許証と国際免許証があれば、旅行者でも簡単にキャンピングカーをレンタルして夢のヨーロッパ周遊ができます。レンタル時の注意点も頭に入れながら、安全で楽しいキャンピングカー旅にしましょう。

    私が書きました!
    トラベルライター
    ルアナ
    2023年1月から夫婦でキャンピングカーに暮らしながらヨーロッパを周遊中!登山、キャンプなどのアウトドアが大好きで、ヨーロッパでもアルプスや色んな地域の山を登っています。夫婦の長年の夢だったキャンピングカー暮らしで旅をして、有名観光地だけでなく、ガイドブックにも載っていないような秘境スポットをどんどん巡り、キャンピングカーライフや海外登山などリアルな体験談をお届けします。Instagram:https://www.instagram.com/doisdenos_lu_tani

    あわせて読みたい

    ヨーロッパ製キャンピングカーの内装を大公開!1年半旅を共にした愛車のルームツアー

    【キャンピングカーでヨーロッパ周遊旅行】夢のためにすべてを手放し夫婦で人生最大の冒険へ

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    LEDライトほか、100均「ダイソー」アイテムでキャンピングカーが快適に!イチオシはこれだ

    2024.07.18

    バンライフで生活費はいくらかかる?キャンピングカーでヨーロッパを旅する夫婦の費用を公開

    2024.07.17

    車内の傘立て、天井収納…100均「セリア」で買えるキャンピングカー快適化アイテムを試してみた

    2024.07.10

    車中泊の暑さ対策!キャンピングカーライファーが教える注意点と対策、おすすめアイテム

    2024.07.05

    松本明子さんが始めた軽キャンピングカーのレンタカー業、そのきっかけは?

    2024.06.28

    関東エリアほか絶景を楽しめるRVパーク続々誕生!富士山麓、夕日海岸、瀬戸内海で車中泊

    2024.06.28

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18