シェルパ斉藤、愛犬と軽バン「N-VAN」に乗って四国・徳島をめざす! | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 日本の旅

    2024.03.08

    シェルパ斉藤、愛犬と軽バン「N-VAN」に乗って四国・徳島をめざす!

    羽田空港で預かったマルを自宅まで連れて帰る旅を先月掲載したが(この記事最後の「あわせて読みたい」から『野田知佑さんの愛犬マルのホームステイを家族と仲間で盛り上げる!』をご覧ください)、今回はその後半を掲載する。センポとともに、マルを徳島県日和佐の野田さん宅まで送り届ける旅である。 急いで行く必要はないから、旅のルールを3つ定めた。

    1 高速道路は避けて、一般道を走る。
    2 1日の移動距離は200km以内とする。
    3 宿泊は原則キャンプ。

    SAやPAでしか停まれない高速道路の走行は、旅とはいえない。マルとセンポに移動のストレスをかけないためにも休憩をたくさんとって、2頭の犬連れキャンプを楽しみつつ、徳島をめざすことにした。

    1日目|御前崎のキャンプ場をセンポとマルで独占

    荷室で休む犬たち

    N-VANに乗車中のマルとセンポ。すっかりリラックスして、自分の居場所だと思い込んでいるようだ。

     初日は八ヶ岳山麓の自宅から静岡県の御前崎まで移動。予約した御前崎のキャンプ場は、15年ほど前にアウトドアのイベントに招かれて来たことがある。その日は次第に風が強くなって、キャンプ場は大荒れとなった。当時の僕はキャンピングカーに乗っていたから問題なかったけど、いくつものテントが風に吹き飛ばされて海に浮かび、現場は右往左往した。

    この日も風が吹いていたが、キャンプ場のスタッフは「一昨日は風が強くてキャンプ場を閉鎖しましたが、この程度なら大丈夫ですよ」という。

    晩秋の平日だからだろう。利用者は僕らだけで「どこでも好きな場所を使ってください」とのことである。

    誰にも迷惑がかからないから、センポとマルをフリーに走らせた。そして僕はテント泊、犬たちはN-VANに車中泊して快適な夜を過ごした。

    オートキャンプ場

    日が暮れると御前崎周辺に吹いていた風も治まった。1区画のテントサイトが広いオートキャンプ場だった。

    運動中の犬たち

    センポとマルはキャンプ場内を自由に歩き回った。犬がクルマに乗って旅する場合、適度な運動が不可欠となる。

    ドッグラン付きキャンプ場

    御前崎のキャンプ場は1泊4,000円だった。僕らで独占できて、広大なドッグランが使えたことを考えればお得といえるかも。

     2日目|フェリーに乗って伊勢志摩へ

    翌日は太平洋に沿って西へ向かい、渥美半島の伊良湖から伊勢湾フェリーに乗船して鳥羽に渡った。

    伊勢志摩周辺にはオートキャンプ場がいくつもある。選んだキャンプ場は、鳥羽港から十数kmほど離れた場所にあるオートキャンプ場だ。グランピングの施設があるおしゃれなキャンプ場で、バックパッカーの僕には不向きなんだけど、ドッグランがあって犬連れには都合がいい。

    オフシーズンの料金設定で14,500円だが、犬1頭につき900円が別途にかかる。計6,300円は高い。でも付近のキャンプ場も同じような料金設定だろうし、女性スタッフがセンポとマルに好意的だったので、そこに決めた

    キャンプ場の全体写真

    トレーラーハウスやグランピングの広いテントなど、さまざまなスタイルが用意されたオートキャンプ場だった。

    N-VAN

    バックパッキング用のテントと軽自動車のN-VANでは持てあまし気味の広さのテントサイト。各サイトにベンチとテーブルがある。

    ドッグラン

    ドッグランがあって、犬を自由に遊ばせられる。犬の排泄物を捨てるゴミ箱も設置されている。

    焚き火台

    各サイトに焚き火台も用意されていて自由に使える。薪も販売されているが、細い針葉樹の束で質はイマイチ。

    3日目|島旅の思い出を胸に優雅な寄り道を楽しむ

    3日目は少し寄り道をした。

    伊勢湾には離島があり、鳥羽から市営定期船が就航している。約15年前、僕は黒ラブのサンポと娘のトッポを連れて答志島を旅した経験がある。犬連れの僕らに対する市営定期船の応対も答志島の人々のホスピタリティーも良好で、印象に残る島旅となった。あのすばらしい島旅へ、センポとマルを連れて出かけたかった。

    思い出のスナップ

    2008年3月。中学生の一歩、小学生の南歩、妻とともにサンポとトッポを連れて答志島を歩いて、海辺でキャンプした。

    鳥羽からは答志島、神島、坂手島、菅島の4島に船が出ている。その4島の中から最も近くて、運航時刻の都合もいい坂手島へ行くことにした。

    乗船案内には「ペットはケージ類に入れてください」と書いてあり、「小荷物サイズ(30kg)を超える動物は料金が発生します。窓口係員にお申し付けください」と追記されている。

    指示どおりに市営定期船の窓口へ行き、「犬を連れて坂手島へ行きたいんですが」と声をかけ、「あの2頭の犬です」と、建物の外に待たせてあるセンポとマルを示した。

    センポとマルを確認した窓口の女性は、事務所で上司らしき男性と話をして窓口に戻った。

    その回答は「リードにつないで乗船中はデッキにいてください」とのこと。サンポとトッポのときもそうだった。ケージに入れなくてもいいし、2頭の合計が30kgを超えるから荷物料金を払うと僕が提言しても、必要ないという。15年経っても変わらない、市営定期船の良心的な対応がありがたかった。

    市営定期船

    坂手島へ渡る市営定期船に乗る。音も振動も大きいけど、センポもマルも動じなかった。

    坂手島へ上陸

    約10分後に坂手島へ上陸。周囲約3.8kmの小さくてのどかな島だ。

    鳥羽の沖600mに浮かぶ坂手島までの乗船時間は、わずか10分程度だ。

    でも鳥羽とは別世界だ。島にはクルマが走っていない。クルマの通行が前提にない集落だから、家と家の間隔が狭くて、路地裏を歩く感覚で島のメイン通りを歩ける。

    出会った島民は3人のお年寄りだけである。島に犬は見あたらない。でもあちらこちらに猫がいる。センポとマルの姿に驚いた猫は、サッと逃げたり、威嚇したりするが、センポとマルは気にする様子もなく、悠然と島を歩いた。

    集落を抜けた先に小さな浜辺がある。誰もいない静かなビーチだ。犬たちのリードを離してビーチを走らせたあと、海を眺めてボーッと過ごした。

    何をするわけでもない。センポとマルのそばで流木に座って海を眺める。それが優雅な時の流れに感じる。

    のどかな島のショートトリップだけど、センポとマルのおかげで別の風景が見られた気がした。

    坂手島の路地

    クルマが通れない狭い通路が島のメインロード。山で暮らしている僕は、こういう風景が新鮮に感じる。島民の密接な生活が想像できる。

    犬の置き物

    坂手島に犬の姿はなかったが、民家の前に犬の置き物が並んでいた。マルもセンポもとくに反応せず。

    島のビーチ

    島のビーチで自由な時間を過ごした。何もないからこそ、心豊かな風景に感じる。

    島民との交流

    「賢いコやなあ」と、センポもマルも島民に褒められた。

    4日目|徳島へ到着! そのときマルは……

    4日目は和歌山から南海フェリーに2時間乗船して徳島に渡り、日和佐に向かってN-VANを走らせた。

    野田さんの家には直行しない。日和佐駅に近い23番札所の薬王寺の駐車場にN-VANをとめ、そこから数km先の野田さんの家まで歩くつもりだ。

    わずかな距離だけど、センポとマルとともにお遍路道を歩く旅を味わいたいし、マルが地元に帰ってきたことにどこで気がつくか、マルの反応を楽しみたいと思ったからだ。

    マルがどんな反応を示したか、最後がどうなったか、ドラマチックな旅の結末はBE-PAL4月号の『シェルパ斉藤の旅の自由型』を読んでもらいたい。

    あの場面を思い浮かべると、僕はいまでも胸が締めつけられる。犬連れバックパッカーでいられることに誇りを持てる旅だった。

    日和佐の薬王寺

    日和佐の薬王寺から野田さん宅に向かって、歩きはじめた。マルもセンポもドッグパックがよく似合う。

    並んで歩く犬たち

    2頭は僕をリードするように、並んで先頭を歩いた。このままどこまでも歩いていきたい思いに駆られた。

    シェルパ斉藤
    私が書きました!
    紀行作家・バックパッカー
    シェルパ斉藤
    1961年生まれ。揚子江の川旅を掲載してもらおうと編集長へ送った手紙がきっかけで『BE-PAL』誌上でデビュー。その後、1990年に東海自然歩道を踏破する紀行文を連載して人気作家に。1995年に八ヶ岳の麓に移住 し、自らの手で家を作り、火を中心とした自己完結型の田舎暮らしを楽しむ。『BE-PAL』で「シェルパ斉藤の旅の自由型」を連載中。『シェルパ斉藤の行きあたりばっ旅』ほか著書多数。歩く旅を1冊にまとめた『シェルパ斉藤の遊歩見聞録』(小学館)には、山、島、村、東海自然歩道などの旅や、犬と歩いたロングトレイルの旅を収録。

    あわせて読みたい

    シェルパ斉藤、野田知佑さんの愛犬マルのホームステイを家族と仲間で盛り上げる!

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    「江戸時代最大の乱」に思いを馳せながら島原半島の海岸線をサイクリング

    2024.07.10

    シーカヤックで島巡りの二人旅!熊本・天草編

    2024.06.23

    気分はすっかり坂本竜馬!?アウトドア派も大満足な長崎・風頭山をめぐる幕末歴史探訪ハイキング

    2024.06.18

    香川・金刀比羅宮(ことひらぐう)の長~い階段を家族で何倍も楽しむ方法

    2024.06.08

    キャンプ飯に、お土産におすすめ!国井律子が教える外房・勝浦のマストバイなグルメ10選

    2024.05.23

    マイナス10度の服装が知りたい!北海道の「北見厳寒の焼き肉祭り」で実感した必要装備と知識

    2024.02.28

    犬と雪遊びするのも楽しい!スノーハイキングのすすめ【災害救助犬 コアと家族の日記 Vol.13】

    2024.02.17

    日本のパワースポット10選。最強神社から癒しの自然スポットまで!

    2023.12.30