ひさびさのトレイルに集中力が欠如していた…のか!【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.6】 | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2024.01.21

    ひさびさのトレイルに集中力が欠如していた…のか!【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.6】

    ニューイングランドトレイルの北の起点ニューハンプシャー州マサチューセッツ州の州境。

    ニューヨークやボストンからも近い、アメリカ東海岸にある「ニューイングランドトレイル」。2023年10月、世界各国のロングトレイルを次々と踏破している日本で唯一のプロハイカー・斉藤正史さんが、そのニューイングランドトレイルに挑みました。日本ではあまり知られていないニューイングランドトレイルの実態、アメリカ東海岸のトレイル事情などについて、斉藤さんによる実感たっぷりの最新リポートをお届けします。

    いざボーダーへ

    深夜12時過ぎにグリーンフィールド駅に着くと、待っていた車は2台。すぐにポートレイトは車で近づいてきてくれた。握手をし、車のトランクに荷物を入れようとしたが、車はなんとテスラだった。僕のバックパックがギリギリサイズ。僕は車にぶつけないように、慎重に荷物を入れた。聞くと、納車されてまだ3週間だそうです。

    静まりかえった町を過ぎ、暗い道を15分ほど進むと、ポートレイトの自宅はありました。

    僕はリビング脇の部屋のソファーを寝床にすることにし、寝袋を広げて横になると目覚ましがなるまで気を失っていたのでした。そして目覚めると珍しく頭痛に襲われたのでした。

    ロイヤルストーン滝の駐車場。

    ポートレイトの話では、2日目に予約しているシェルターは、ポートレイトの家から歩いて10分ほどの所にあるので、「2日後は家にくればいいから必要の無い食料は置いていったら?」と言ってくれたのでした。天気予報では、泊った翌日は大きく1日崩れるとのことだったので、僕は2日間ポートレイトのお宅にお世話になることになったのでした。

    ポートレイトとボーダーで。

    使わない食料を部屋に置き、町で燃料を買ってから北の起点、マサチューセッツ州とニューハンプシャー州のボーダーへ向かいました。

    途中、テスラが縁石にガリっと擦れるハプニングがあって、若干気まずい雰囲気が漂ったのですが、あまりポートレイトは気にしていない様子で朝9時前にはボーダー近くの駐車場に着いたのでした。

    ロイヤルストーン滝の看板。

    ポートレイトと北の起点までの0.7マイル(約1.1km)を一緒に歩きました。ボーダーに着いたら、また折り返して戻り、駐車場からのスタートになります。

    歩きながらライターを持ってくるのを忘れたことに気付いた僕は、途中にシェルターがあるので置かれていないかポートレイトと探して見ました。

    シェルターにライターが置いてあることって結構あるのですが、残念ながらありませんでした。どうしようか悩みつつも、とりあえずボーダーへ行き、車に戻れば何とかなるかと考えていると、偶然にもハイカーに出会ったのでした。ニューイングランドトレイルを南から北に歩いてきたハイカー。つまり、まさに今歩き終える瞬間だったのです。ポートレイトはライターを持っているか聞いてくれて、「もう使わないから」とハイカーからライターをもらうことが出来たのでした。幸先の良いトレイルになると感じました。

    駐車場に戻ると「じゃ明日の夜」。お互いにそういってポートレイトと別れたのでした。

    歩きやすいトレイルです。

    いざ、シューイングランドトレイル!

    紅葉はすでに始まっていましたが、ポートレイトによると、あと1週間くらいするともっと色づいていたかなと。最盛期にはまだ少し早いようです。

    トレイルは、アップダウンはあるものの、歩きやすい道でした。

    「秋だから1.5Lも水があれば十分じゃない?」ポートレイトからのアドバイスに、僕は2Lの水を背負いました。十分すぎるほどの量だと思っていたのですが、絶え間なく流れる汗と喉の乾きがいつもより酷かったので、途中、浄水器でさらに水を2L作ったのでした。

    その水が尽きるころ、ようやく初日に宿泊する予定のシェルターに着いたのでした。

    マウントグレイスシェルター。

    忘れた・・・・・

    さらに水を2L作ってから、食料袋を開けると、主食のアルファ米もラーメンも入っていませんでした。入っていたのは、行動食と調理用の乾物だけでした。まさかと思い、シェルターに荷物を広げ確認するも、やはりありません。パッキングしなおした時にポートレイトの家に置いてきてしまったようです。

    夕食は、とりあえずドライフードをお湯で戻し、シーチキンと醤油で味を整え食べたのでした。あまり食欲も無かったし、明日の夜にはポートレイトの家です。多少の我慢ですむとは思いつつも、集中力のなさは久々のトレイルだからと甘く考えていたのでした。

    初日10.3マイル(約16km)

    この日のシェルターは僕一人でした。

    New England Trail公式サイト

    私が書きました!
    プロハイカー
    斉藤正史
    2012年より日本で唯一のプロハイカーとして活動。トレイルカルチャー普及のため、海外のトレイルを歩き、アウトドア媒体を中心に寄稿する傍ら、地元山形にトレイルのコースを作る活動「山形ロングトレイル(YLT)」を行なう。スルーハイク(単年で一気にルートを歩く方法)にこだわり、スルーハイクしたトレイルだけで22.000km(地球半周以上)を超える。最新情報はブログを。また、BE-PAL.netにて「TOKYO山頂ガイド」を連載中。

    あわせて読みたい

    円高&物価高を考え…歩くのは“ニューイングランド・トレイル”に決定!【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.1】

    旅の成否は出発前に決まる?ロングトレイル攻略6ステップ【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.2】

    メシを制すものはトレイルを制す?食料準備の秘訣【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.3】

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    高尾山は川沿いを歩くマイナスイオンたっぷりの6号路がおすすめ!終盤はきつい急こう配あり

    2024.03.04

    海辺の築地に山はあるの…か!?【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.34】

    2024.03.04

    大型バックパックも登場!MOUNTAIN HARDWEARの春夏新作コレクションは要チェックだ

    2024.03.04

    渋谷区にある都内最古の富士塚「千駄ヶ谷富士塚」へ【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.33】

    2024.03.01

    箱根の明神ヶ岳でおすすめの登山ルートをご紹介!富士山を望む展望抜群の山頂と「黄金の笹道」

    2024.02.29

    え…原宿に山?竹下通り近くにも山?【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.32】

    2024.02.27

    スノーシューハイクとは?初心者におすすめの理由やギアを紹介

    2024.02.26

    荒川区の新堀山・文京区の見越山は…山なのか?【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.31】

    2024.02.24