「ミョウガの妖精」と呼ばれる渡り鳥、ヨシゴイを知っていますか? | 自然観察 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

「ミョウガの妖精」と呼ばれる渡り鳥、ヨシゴイを知っていますか?

2017.07.07

夏になると繁殖するために日本にやって来る渡り鳥、ヨシゴイ。

日本以外では中国やタイ、ベトナム、マレーシア、インドなど広範囲に生息している。サギの仲間で沼や湿地帯でその姿を見る事が出来る野鳥だ。

全身は茶褐色でクチバシはオレンジっぽい黄色、腹部は白くストライプ模様があるのが特徴。全身は31〜38センチとサギの仲間では小柄な部類になる。

ヨシゴイの食性は動物食で、魚類や両生類、昆虫、甲殻類などを食べている。

ハスの上を歩き回っては獲物を物色し、狙いをつけては頸を伸ばして捕食する水上のハンターで、ほぼ百発百中!

観察してる限り外したのを見た事がないほどの精度だ。そんな所以から“水上の忍者”とも呼ばれている。

 

 


ハスの上のヨシゴイ。その姿はミョウガを連想させる。

 


有名な観察地、新潟県瓢湖。この池のどこかにヨシゴイがいる

 


人間味あふれる、この立ち姿。しばしば、ヨシに似せた擬態を見せる。

 

ヨシゴイは、その歩き回る姿がなんだか鳥っぽくない。もちろん鳥だから飛べるんだけど、不安定なハスの上を器用に2本足で立っている姿が妙に人間ぽいのだ。ハスに立つその姿は、手を後ろに組んで大股であるくオヤジを連想させる。

そして最近ネット界隈では、ヨシゴイの姿がミョウガに似ているからと、“ミョウガの妖精”と呼ばれている。水上を歩き回る姿とそのフォルムは、確かにミョウガの雰囲気。

ヨシゴイを観察するには、朝夕に活発に餌を探して動き回るのでその時間がベスト。

この夏は「水上の忍者」、いや「ミョウガの妖精」を探してみてはどうだろう。


狙った獲物は百発百中! 水上のハンターだ

 


力強いその足取りは、鳥のイメージを覆す

 

 

 

◎撮影・文= 石津祐介

http://dontendon.wixsite.com/ishizupo

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。