「2023-24 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーが決定。栄冠に輝くのはどのクルマか? | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2023.11.08

    「2023-24 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーが決定。栄冠に輝くのはどのクルマか?

    カーオブザイヤー10ベストカー

    今年も日本カー・オブ・ザ・イヤーの季節がせまってきました。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(BE-PAL選出)の金子浩久が、自ら投票した10台と最終的に選ばれた公式の10ベストカーをご紹介します。2023年11⽉22⽇(⽔)の10ベストカー試乗会(非公開)で選考委員が最終チェックをしたあと、決選投票が行なわれ、12⽉7⽇(⽊)の最終選考会にてイヤーカーが決定します。最終選考会の模様はYouTubeで中継されますので、ぜひご覧ください!

    今年度の10ベストカーはこの10台!

    2023-24 日本カー・オブ・ザ・イヤー」も佳境を迎え、その「10ベストカー」が選ばれました。この中から、大賞となる「イヤーカー」が決まります。

     1年間に発売された多くの新型車の中からまず34台がノミネートされ、そこからさらに絞られたのが次の「10ベストカー」というわけです。

    スバル/クロストレック

    subaru クロストレック

    トヨタ/アルファード、ヴェルファイア

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア

    トヨタ/プリウス

    トヨタ・プリウス

    日産/セレナ

    日産・セレナ

    ホンダ/ZR-V

    ホンダZRV

    三菱/デリカミニ

    三菱・デリカミニ

    アバルト/500e

    アバルト500e

    BMW/X1

    BMW・X1

    マセラティ/グレカーレ

    マセラティ・グレカーレ

    フォルクスワーゲン/ID.4

    フォルクスワーゲン・ID.4

    金子浩久が選んだ10台

     今回から選考に関するいくつかの規則が改められました。そのひとつとして、僕ら選考委員それぞれがどの10台を選んだのかが公開されることになりました。前回までは、投票を総合した結果の10台が発表されるだけで、そのプロセスは明らかにされていなかったのです。

     今回、僕が選んだ10台は、以下の10台でした。

    • トヨタ/プリウス
    • レクサス/RZ
    • ホンダ/ZR-V
    • 三菱/デリカミニ
    • アバルト/500e
    • BYD/ドルフィン
    • BMW/X1
    • メルセデスベンツ/EQS
    • フォルクスワーゲン/ID.4
    • レンジローバースポーツ

     他の選考委員の投票を合計して選ばれた10台(上記の10ベストカー)に惜しくも入らなかったのが、レクサス/RZBYD/ドルフィン、メルセデスベンツ/EQS、レンジローバースポーツの4台。

     RZはレクサス初のEVではありませんが、レクサス流の丁寧な造り方が表現されています。

     中国の巨人、BYDのドルフィンはバリューフォアマネーであり、かつエポックメイキングな一台です。

     EQSはメルセデスベンツ流の快適性と上質感をEVとなっても確実に体現されています。

     レンジローバースポーツは驚異的なオフロード走破性とレンジローバー流の抑制されたラグジュアリーが矛盾なくまとめられていて、これで長い旅に出たらどんなに素晴らしいだろうかと夢想させられました。

     それぞれ詳しい試乗リポートはBE-PAL.NETですでに書きましたので、ぜひ読んでみてください。

    ➡BE-PAL.NET 金子浩久執筆記事はこちら

    選考委員の意向がより伝わる配点ルールに

     規則の改定は、もう一つあります。投票の配点です。今までは、選考委員が25点を持ち、そのうち1台だけに10点を与え、残りの15点を4台に配します。「6点ー4点ー3点ー2点」でも、「8点ー3点ー2点ー2点」でも、「6点ー6点ー2点ー1点」でも構いません。「10点を1台に、15点を4台に」です。

     それが今回からは、「10点を1台に、4点を1台に、2点を1台に」とシンプルに変わりました。今までが、10台のうち5台に配点できたのに、今回からは3台で、配点も固定制。実行委員会の狙いは、選考委員の意向がより明確に現れるようにということだそうです。

     自分が選んだ10台から3台に絞るのは簡単ではありませんが、10ベストカーに入った10台のうち自分が選んだ6台から3台を選ぶのですから、それほど難しくはありません。これまでBE-PAL.NETなどに寄稿した記事を読み直してみれば、3台とその配点は自ずと決まっているようなものです。

     僕が重視するのは、“新しさ”です。今までなかった機能や性能、装備、コンセプトやデザインなどが盛り込まれているかどうか?

     賞というものは、世の中に対してそのジャンルがいかに盛り上がっているかを伝える役割があると考えているので、商品性の新しさは大切です。投票の結果は127日に明らかになり、大賞や特別賞などが決まります。乞うご期待です。

    最終選考会の模様はYouTubeでライブ中継!

     2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会

    【⽇程】2023年12⽉7⽇(⽊)
    【時間】15:00開演予定(開演決定時間は公式ホームページでご確認ください)
    【会場】東京ポートシティ⽵芝 ポートホール(〒105-7501 東京都港区海岸1-7-1)
    【司会進⾏】おぎやはぎ、サッシャ

    ※⼀般の⽅は最終選考会にはご参加いただけませんが、会場エントランスエリアに展⽰される10ベストカーの実⾞をご覧いただけます。

    この最終選考会の模様はYouTubeでライブ中継されます。ぜひご覧ください!

    ⽇本カー・オブ・ザ・イヤーの公式YouTubeチャンネル

    https://www.youtube.com/@japan_coty 

    金子浩久
    私が書きました!
    自動車ライター
    金子浩久
    日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(BE-PAL選出)。1961年東京都生まれ。趣味は、シーカヤックとバックカントリースキー。1台のクルマを長く乗り続けている人を訪ねるインタビュールポ「10年10万kmストーリー」がライフワーク。webと雑誌連載のほか、『レクサスのジレンマ』『ユーラシア横断1万5000キロ』ほか著書多数。構成を担当した涌井清春『クラシックカー屋一代記』(集英社新書)が好評発売中。https://www.kaneko-hirohisa.com/

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    夢はでっかくポルシェでキャンプ!「カイエン」ってこんなに楽しいぞ~

    2024.04.23

    キャンプにもレクサスがGOOD!コンパクトSUV「LBX」なら、どんなときもノンストレスだ~

    2024.04.19

    このクルマ知ってる?軽EV「ASF2.0」はたっぷり積めてよく走るぞ!

    2024.04.16

    ピストン西沢が「ハイラックス Z“Revo ROCCO Edition”」 で、憧れの都会的ピックアップトラック生活体験!

    2024.04.15

    三菱「トライトン」を激坂凸凹道で試乗!パジェロの遺伝子を受け継ぐ本格4WDの実力をチェックしてみたぞ

    2024.04.10

    小型車に革命をもたらした名車「ミニ」の2024年最新型・クーパーが登場!BMW版「MINI」の魅力とは?

    2024.03.26

    BYDの電気自動車「ドルフィン」登場!秀逸デザインかつコスパ抜群で災害時給電もできるぞ

    2024.03.25

    アウトドア目線でレビュー!スズキのハコ車「スペーシア」「スペーシア カスタム」なら軽自動車でも遠出が楽ちん

    2024.03.21