ヌプシって何?ザ・ノース・フェイスの秋冬代表モデルを徹底解説 | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアウェア

    2023.11.18

    ヌプシって何?ザ・ノース・フェイスの秋冬代表モデルを徹底解説

    『ヌプシ』とはいったい何なのか、初めて聞く人にとっては想像がつかない独特な用語です。ザ・ノース・フェイスの人気モデル・ヌプシの特徴から魅力、おすすめの商品まで紹介します。コアなファンに人気のアメリカモデル・韓国モデルの特徴も解説します。

    ヌプシとはいったい何?

    ヌプシとはザ・ノース・フェイスの冬用モデルの名称です。なぜ『ヌプシ』なのか、名前の由来や1992年の販売開始から現在までの歴史を見ていきましょう。

    ザ・ノース・フェイスの冬用モデルのこと

    『ヌプシ』というなじみのない名称は、エベレスト南西にある山嶺『Nuptse』が由来とされています。正確な読み方は『ヌプツェ(チベット語)』です。

    ヌプシの中でもダウンジャケットが有名で、1992年の登場以来ザ・ノース・フェイスの冬モデルを代表する人気シリーズです。右胸にロゴが刺繍されたダウンジャケットを、一度は目にした人もいるでしょう。

    エベレストにちなんだその名の通り、雪山の極寒の中でも高い保温性を発揮する性能の高さを実現しています。

    約30年の歴史を誇る

    ヌプシは1992年に発売され、2022年に30周年を迎えました。ヌプシは1980年代半ばからの、防寒着の各機能を相互的に高めあうようなレイヤリングシステム『エクスペディションシステム』の開発過程で生み出された成果の一つです。

    1990年代半ばには、アメリカのヒップホップアーティストを中心としたストリート系ファッションアイテムとして受け入れられていきました。2000年代に入ってからは日本でも広まり、今では街中でも見かけるほどに普及しています。2006年にはブーツの販売を開始し、2008年には日本向けの製品が企画発売されました。

    2018年モデルからはリサイクル素材を使用し、30周年を迎えた2022年には環境への配慮から生地の染色を省略したモデルを発売しました。

    ヌプシの特徴や魅力

    ヌプシは発売当初から順調に人気を伸ばし、今やザ・ノース・フェイスの主力商品といっても過言ではありません。その人気の秘密を見ていきましょう。

    本格的なアウトドアでも耐えうる保温性

    ヌプシはファッションアイテムとしてだけでなく、アウトドアの防寒着としても十分な性能を持っているのが特徴です。袖口にはベルクロが付いており、冷たい風の侵入をブロックします。裾口にもドローコードによるアジャスターが付いており、腰回りからのすきま風も防いでくれます。

    自分の体の大きさに合わせて防寒性を高められるため、着る人を選びません。キャンプや登山で活躍する機能性の高さは、多くのユーザーから評価されています。

    ビルトインできるフード

    フードは襟に収納できる仕様になっています。晴れているときは収納すると、すっきりとした印象を与えられるでしょう。雨や雪が降ったときはフードを取り出して頭部を保護できるため、傘がさせない登山中でも活躍します。

    フードを取り出しても襟はあるため、首元をしっかりと保温してくれるでしょう。また、パーカーとの重ね着を可能にし、着こなしの幅が広がることがファッションアイテムとしての人気を後押ししているといえます。

    タウンでも活躍するファッション性

    ヌプシが高い人気を得ているのは、性能はもちろんのこと、街中でも着られるファッション性の高さといえます。数々の著名人が好んで着用していることも影響し、ザ・ノース・フェイスはキャンパー以外の人からもファッションアイテムとして高い人気を誇ります。

    ヌプシのダウンはカラーバリエーションも豊富で、自分好みの色が見つかるはずです。友達同士・カップルで色違いやペアルックを楽しむのもよいでしょう。SNSにはダウンを着用したコーディネートを発信している人が多く、自身のコーディネートの参考にも役立ちます。

    ヌプシのおすすめモデル【トップス】

    ヌプシの人気ぶりを踏まえて、おすすめのラインアップを見ていきましょう。定番のジャケットだけでなく、ヌプシの機能を搭載したベストやシャツも紹介します。

    ヌプシジャケット

    発売開始当初の仕様はそのままに、現代のトレンドに合わせたサイズ感に改良したモデルです。2022年秋冬モデルから、身幅・袖丈を2サイズ大きく、着丈を1サイズ長くしました。さらにフィット感のある着心地を体感できるでしょう。

    表地は50デニールのリップストップリサイクルナイロンを採用し、はっ水加工によりさらに耐久性がアップしています。

    カラーは定番のブラック以外にもオーキッドピンクやカプチーノといったユニークな色も選べます。アウトドアからタウンユースまで活躍してくれるでしょう。

    ザ・ノース・フェイス
    ヌプシジャケット

    サイズ:S〜XL


    ヌプシベスト

    ヌプシジャケットと基本的な仕様や、スペック・カラーバリエーションは同じです。ビルトイン仕様のフードは、急な雨にも対応できます。

    ベストはジャケットに比べてシルエットがすっきりするため、他の洋服と合わせやすく、コーディネートの幅が広がるでしょう。ダウンジャケットでは動きにくさを感じる人や、予備の防寒着として携帯したい人におすすめです。

    ザ・ノース・フェイス
    ヌプシベスト

    サイズ:S〜XL


    ロングスリーブヌプシシャツ

    ユニセックス仕様のシャツなので、小さめのサイズなら女性でも着られるでしょう。生地は、はっ水性のあるナイロン素材100%で、アウトドアでも活躍します。

    フロントはドットボタン仕様で『静電ケア設計機能付き』になっており、機能的にも優れています。秋冬のカジュアルウェアとして着てもおしゃれです。

    カラーバリエーションは、ジャケットやベストと異なり、落ち着いた配色を中心に5種類が用意されています。

    • 商品名:ロングスリーブヌプシシャツ
    • 公式サイト:商品はこちら

    ザ・ノース・フェイス
    ロングスリーブヌプシシャツ

    サイズ:S〜XL


    ヌプシのおすすめモデル【シューズ・ブーツ】

    冬のアウトドアでは、足元の防寒も重要です。ヌプシの技術を投入したおすすめのシューズやブーツを三つ紹介します。

    オービット ヌプシ ダウン ブーティ

    2006年の発売から進化を続ける定番モデルのブーツです。発売当初のデザインを踏襲しながら、ブリュード・プロテインと呼ばれる植物由来の素材を使用しており、しっかりと現代版にアップデートされています。

    中綿には700FPのダウンを使用し、しっかり足を保温してくれます。ソールはラグパターンと呼ばれる形状を採用し、雪道でも高いグリップ力を発揮するため、安全に歩けるでしょう。

    ユニセックスで誰でも履ける汎用性の高さも魅力です。

    • 商品名:オービット ヌプシ ダウン ブーティ
    • 公式サイト:商品はこちら

    ヌプシ ブーティ ウォータープルーフVIショート スペシャルエディション

    防水タイプのヌプシブーツです。素材には、はっ水加工を施し、中綿にはぬれに強い『サーモライトエコメイド』を採用しています。雪が降る日でもしっかりと足元を温めてくれるでしょう。

    ソールは雪・氷上を歩くのに適しており、日本人の足に合うラスト形状で高いフィット感を実現しました。履き口はドローコード付きで、雪の侵入を防ぐのにも役立ちます。ユニセックスで履く人を選ばない万能アイテムです。

    • 商品名:ヌプシ ブーティ ウォータープルーフVIショート スペシャルエディション
    • 公式サイト:商品はこちら

    ザ・ノース・フェイス
    ヌプシ ブーティ ウォータープルーフVIショート スペシャルエディション

    サイズ:25〜29cm


    ヌプシ チャッカ ウォータープルーフ

    ヌプシのシューズの中でも、スニーカーに近いデザインのブーツです。ヌプシブーツの保温性はそのままに、タウンユースで使いやすいデザインに仕上げています。

    アッパーには、はっ水加工を施し、メンブレンにはノースフェイス独自の防水機能『HydroSeal』を搭載しています。アウトソールは、乾いた路面・ぬれた路面でもグリップ力が高いラバーを採用しました。

    通常のヌプシブーツではカジュアルコーデに合わせにくいと感じている人におすすめです。もちろんアウトドアでも活躍してくれます。

    • 商品名:ヌプシ チャッカ ウォータープルーフ
    • 公式サイト:商品はこちら

    ザ・ノース・フェイス
    ヌプシ チャッカ ウォータープルーフ

    サイズ:25〜29cm


    ヌプシにはアメリカ・韓国モデルも存在する

    ヌプシのファンの中には、アメリカや韓国モデルを購入する人も少なくありません。アメリカモデル・韓国モデルは、日本モデルとは仕様が異なります。

    もしも外国モデルを購入したい場合は、国内正規店では購入できないため、海外の公式通販サイトから購入しましょう。アメリカモデル・韓国モデルのそれぞれの特徴を解説します。

    アメリカモデルはサイズが大きめ

    アメリカ版のデザインは、基本的には日本と同じですが、サイズが大きいのが特徴です。オーバーサイズが好みの人や体格がよい人に適しているといえます。

    目安としては、アメリカ版Sサイズの胸囲は約91~96cm、ヒップは約88~93cm、袖丈は約85cmです。

    もしもジャストサイズで購入したいなら、日本よりもワンサイズ下げる方がよいでしょう。もう一つの特徴として『1996 Retro Nuptse Jacket』などのモデルには、袖にフィルパワーの『700』が刺繍されています。

    ザ・ノース・フェイスアメリカ版公式サイト

    韓国モデルはデザイン性が高い

    韓国では『White Label』という独自のラインを持っており、日常使いに重きを置いた種類を豊富に展開しているのが特徴です。いくつか種類も存在します。レトロ・エコ・ノベルティヌプシなどの種類が挙げられます。

    サイズ感は日本とさほど変わりませんが、韓国っぽさのあるおしゃれな着こなしをしたい人は、1サイズ大きいものを選んでもよいでしょう。

    デザインや素材の風合いのバリエーションが豊富で、日本ではあまり見られない、おしゃれなモデルが多く販売されています。日常使い重視でおしゃれなアイテムを探している人は、韓国版をチェックしてみてもよいかもしれません。

    ザ・ノース・フェイス韓国サイト

    まとめ

    ヌプシとは、ザ・ノース・フェイスの冬モデルを代表する人気シリーズです。機能性にもさることながら、高いデザイン性により著名人で愛用する人が続出し、大衆人気にも火がつきました。

    ヌプシのジャケットは時代とともに進化していますが、デザインは発売当初の仕様を継承しています。ファンの中には、アメリカモデルや韓国モデルを購入する人も存在します。周りと差が付くコーディネートをしたい人は、外国モデルを検討してもよいでしょう。

    ヌプシは保温性にも優れているので、アウトドアからタウンまで重宝するはずです。お気に入りのヌプシを手に入れ、冬のアウトドアでおしゃれを楽しみましょう。

    HISTORY OF NUPTSE|30 YEARS OF NUPTSE JACKET

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24

    大定番VS最新製品どっちがおすすめ?ウィンドシェルをプロがチェック

    2024.05.18

    春夏の登山にうれしい!finetrackのベースレイヤーに新色&半袖タイプが登場

    2024.05.18

    大雨にも耐える耐水圧10000㎜!GRIP SWANYのレインウェアで雨の日もソト遊びを楽しもう

    2024.05.17

    プリマロフトはどんな素材?特徴やおすすめジャケット・手袋を紹介

    2024.05.11

    アウトドアウェアはおしゃれで機能的!人気ブランド11選&おすすめアイテムを紹介

    2024.05.09

    【決定!】2024年7月7日(日)「BE-PAL SUV試乗会」をPICAさがみ湖で開催します

    2024.05.09