日の出とともに出船! カヤックでヒラメ釣りに再挑戦 | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2017.06.11

    日の出とともに出船! カヤックでヒラメ釣りに再挑戦

     

    連載【漕いで、釣って、食べて】
    カヤックフィッシング奮闘記Vol.36

    少し前に『キスの泳がせ釣りでヒラメを狙った』が、そのときは、そもそもエサのキスが釣れないというまさかの展開に泣いた。しかしあれから少し暖かくなり、キスも釣れだしたとの情報を得たため、再びチャレンジしてみることにした。

    逗子の日の出

    4時起きです

    そして5月22日、この日は午後から南風が強くなる予報だったため、少しでも長く釣りをするため日の出と共に出船。冬の朝は寒かったが、この季節になると早朝でも心地いい。まずは、森戸海岸の沖でキスを狙う。今度こそ頼むぞ。

    またお前らか!

    すると、ほどなくビクビクというアタリが。これは幸先がいいとリールを巻くと、あがってきたのはまたメゴチ。君ではないのだよ、君では。仕方ないので、とりあえずメゴチをもう1本の泳がせ釣り用の竿に付けて投入。ロッドホルダーに固定したら、もう1本の竿でキス釣りを続ける。

    キスが釣れるとちょっと嬉しい

    その後、しばらくメゴチの猛攻に合うが、キスもちらほら釣れだした。沼野さんにもキスがかかったらしく、少し離れたところで同じく泳がせ釣りをはじめる。私もメゴチからキスに代え、大物を狙いつつ、エサとなるキス釣りに精を出す。

    釣ったばかりのキスはちょっと透き通っていてとても綺麗

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    ウェーダーでの釣りはメリットがいっぱい!その魅力を解説

    2024.07.12

    どハマリ間違いなし!キス釣りの「ちょい投げ」に必要な道具、仕掛け、適した場所を紹介

    2024.07.07

    渓流釣り初心者におすすめ!新潟・魚野川の支流・登川でキャッチ&リリースしてみた

    2024.06.28

    カナダのアウトドアの醍醐味・カヌーキャンプを愛艇のカナディアンカヌーで!写真と共にご紹介

    2024.06.27

    シーカヤックで島巡りの二人旅!熊本・天草編

    2024.06.23

    渓流ルアーの注目株!スミス「D-コンタクト」の魅力とは?

    2024.06.13

    キビナゴの大産卵を見つけた!海中が真っ白な雲に包まれる…?

    2024.06.12

    釣った魚を美味しく食べるために、鮮度を保って保存・持ち帰る3つの方法

    2024.06.06