日の出とともに出船! カヤックでヒラメ釣りに再挑戦 | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2017.06.11

    日の出とともに出船! カヤックでヒラメ釣りに再挑戦

    キスは結構釣れるのだが、泳がせの方には全然アタリがない時間が続く。すると「来ましたよ!」と沼野さんが言うので、急いで近づく。通常、ヒラメやマゴチなどの大物がキスに食いつくと、グイグイという小さいアタリの後、ズゴーン!と竿先が入る。最初のアタリで合わせてしまうとバレるので、ひたすらそのときを待つ。が、いつまで経っても沼野さんの竿は小さくグイグイと曲がるだけ。

    まさかのサバフグ、その体でキスを食うとは!?

    「あげてみましょうか?」となり、リールを巻くと、かかっていたのは、なんとサバフグ。しかも、キスの1.5倍くらいしかない! なのにキスをほとんど飲み込んでいる。なんたる食欲。恐るべしサバフグ。どうりでズゴーンとは入らないわけだ。

    これもたぶんサバフグだった

    それからしばらくして、私の竿にもグイグイというアタリが。しかしこちらも待てど暮せど、竿が大きく曲がらない。しびれを切らして合わせを入れると、キスがこつ然と消えていた。たぶんサバフグの仕業だろう。うーん、ヒラメ、最悪マゴチでもいいから来てくれないものか。

    ヒラメもマゴチも絶対いるはずなのに

    その後も粘ったのだが、予報通り、昼から風が強くなりタイムアップ。生餌を使えば楽勝だと思っていたが、なかなか難しい。しかし諦めないぞ、いつか絶対でっかいヒラメを釣ってやる。

     

    連載【漕いで、釣って、食べて】カヤックフィッシング奮闘記

    バックナンバーは『コチラ』から

    穴澤 賢(あなざわまさる)
    1971年大阪生まれ。2005年7月から愛犬との暮らしを綴ったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイ、コラムなどを執筆するようになる。著書に「またね、富士丸。(集英社文庫)」、「明日もいっしょにおきようね(草思社)」、「また、犬と暮らして(世界文化社)」、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック「Another Side Of Music」(ワーナーミュージック・ジャパン)などがある。株式会社デロリアンズ代表。Blog:Another Days

    72_2P8260004

    取材協力:MARINE BOX100
    逗子市新宿2-14-4
    http://www.marinebox.co.jp

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    この時期は金色のマトウダイも出現!? 海藻の中で暮らす生き物たちを水中写真でご紹介

    2024.02.10

    正月前に挑戦!ゼロ円で”世界一贅沢なお雑煮”を作ってみた<ヒラツメガニ釣り編>

    2023.12.23

    本田 亮「野田兄貴よ、永遠に!」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第2回】

    2023.12.22

    水中写真で求愛行動を紹介!お腹の大きなカサゴのメスを釣り上げたらリリースしてあげてね

    2023.12.08

    埼玉・秩父「あしがくぼ渓谷国際釣場」の渓流で、はじめてのファミリーフィッシングに挑戦

    2023.11.23

    水中写真でご覧あれ! 落ち葉と同化する海の生き物たちの姿

    2023.11.20

    シェルパ斉藤「僕らがたったひとりで旅に出る理由」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第1回】

    2023.11.19

    モンベル代表・辰野勇さんが日本人初の「国際ホワイトウォーター殿堂」入り! カヌー・カヤック普及の功績で 

    2023.11.12