スリル満点!カナダのサイクリングロード・マイラキャニオンで「廃線跡」を滑走すると… | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2023.10.06

    スリル満点!カナダのサイクリングロード・マイラキャニオンで「廃線跡」を滑走すると…

    マイラキャニオンのトレイル。サイクリングとハイキング兼用。

    バンクーバーから車で5時間、ブリティッシュコロンビア州の人口約15万人の街ケロウナは、雄大な山と湖が味わえるリゾート地。日本のみなさんにはあまり馴染みがないと思いますが、実はここ、アウトドア好きの「やりたい!」を全部詰め込んだかのような街なんです!

    キャンプにカヤック、パラセーリング、サイクリング、ハイキング、ゴルフ、冬のスキーやスノーボード、アイススケート…と、楽しめるアクティビティは無限。

    その中でも、ケロウナに来たらぜひとも体験していただきたいのが、高地の廃線跡を走るマイラキャニオン(Myra Canyon)でのサイクリングです!標高約1500メートルの橋を渡ってハラハラしたり、ダンジョン感漂う岩山トンネルにワクワクしたり。自転車を進めるごとに見える景色も変わり、楽しさまさに「山盛り」のコースです!

    カナダ・ケロウナのマイラキャニオンって?

    マイラキャニオンは、サイクリングとハイキングが楽しめる往復24キロメートルの一本道。

    1900年代に果物などの運搬で使われていたケトルバレー鉄道の跡地を再利用したものです。

    2003年、ケロウナで発生した大規模な山火事のため橋桁の板などが一度は燃えてしまったのですが、政府やボランティアの援助により2008年に復活を遂げています。

    標高1500メートルの廃線跡を走る超人気トレイル

    右上に小さく見えるのがトレイルコース。断崖絶壁に造られているのがおわかりだろう。

    コースがあるのは緑生い茂る渓谷内、高さは1200メートルとも1500メートルとも言われています。「北米一」景色の良いサイクリングロードとの呼び声もあり、世界中から毎年7万5000人ものアスリートや観光客が訪れる大人気スポットです。

    マイラキャニオンへはケロウナ中心部から車で約40分。公共交通機関はありません。地元の人は自家用車に自家チャリを積んで行きます。

    「だったらレンタカーとレンタサイクルを利用しなきゃいけないのか?」と思われるかもしれませんが、ご安心を。観光客向けの送迎付きツアーもあります。車を持っていない私たち夫婦も、このツアーに参加してみることにしました。

    ツアー会社のバン。写真提供:Myra Canyon Bicycle Rental and Tours Inc.

    ホテル(私たちは自宅)までの送迎とレンタル自転車代で計140カナダドル(約1万5000円)。ツアーは午前と午後で分かれており、どちらも現地での滞在時間は4時間ほど。希望により追加料金でガイドも付けられます。

    笑顔がチャーミングなドライバーのKeithさん(青シャツ)。写真提供: Myra Canyon Bicycle Rental and Tours Inc.

    ピックアップしてもらって走ることおよそ30分。

    私「…なんか耳痛くない?」

    ドライバーのKeithさん「標高1000メートル以上あるからね!」

    耳が飛行機に乗った時のあの感じになっていたので、この回答には納得です!そうこうしていると、入り口が見えてきました。

    ここで自転車とヘルメットをゲット。写真提供: Myra Canyon Bicycle Rental and Tours Inc.

    ここで予約時に伝えておいたサイズの自転車に試乗します。合わない場合は他のサイズも試せるので安心してください。そうそう、水とプロテインバーも支給されました。

    さあ、準備が整ったらここで解散。4時間後の集合時間まで、アドベンチャー開始です!…とはいえルートはひとつなので、自分のペースで走るだけなのですが。

    絶景とスリルのオンパレード

    サイクリングスタート!トレイルは整備されていて終始快適に走れる。

    走り始めてすぐに口から出た感想は、「何これ、めっちゃ走りやすい!」。路面は整備されていて、アップダウンもありません。

    あ、言い忘れていましたがカナダは日本と逆の右側通行の国。なので、サイクリングでも、すれ違う時は右側に寄るのがルールです(写真の人達は左側に寄っているので、おそらく海外からのツアー客と思われます)。それから、カナダではヘルメットの装着はマスト!です。

    スリル満点の橋に到着

    走り始めてから約20分、最初の見どころが!約70メートルの板張りの橋です!

    橋は板張りだが台座は鉄製。頑丈なのでご安心を!複雑な構造に組まれた台座と自然とのコントラストに目を奪われる。

    実はこのコースにはこのような橋が18基もあるんです!渓谷の緑と木造の橋が見事に調和していて、ついつい見とれてしまいます。

    こちらの橋は長さ200メートル以上。緩やかなカーブが美しい。

    どうしましょう。絶景のオンパレードに、カメラを向ける手が止まりません!スリルを味わいたい人は自転車を停めて、木の手すりや板張りの木の道のすき間から下を覗いてみると良いでしょう。18基ある橋の長さはそれぞれ約30~220メートルといったところです。

    薄暗いトンネルの中を進む

    さらに進みます。すると、おっと前方に何か見えてきました。トンネルです!

    トンネルの入り口。ゴツゴツした岩に冒険心をくすぐられる!

    このコースには長さ約80~100メートルのトンネルが2ヵ所あります。中はひんやりとしていてまるで洞窟を探検しているかのよう!自転車なら20~30秒ほどで通り抜けられる長さですが、ライトがなく少し薄暗いのでドキドキ感を味わえます。

    岩肌むき出しのトンネルの中から見えるのは緑の木々。まさにザ・大自然な光景。写真提供: Myra Canyon Bicycle Rental and Tours Inc.

    “橋ありトンネルあり”のサイクリング

    「山あり谷あり」ではなく基本的には標高差の少ない平坦な道なのですが、「橋ありトンネルあり」で変化に富んでいて楽しいです。

    ちなみにカナダでは自然の景観を保つため、安全柵を設けていないハイキングやサイクリングのトレイルをよく見かけます。下の写真を見るとわかるように、マイラキャニオンの橋には今でこそ柵が3本ありますが、昔は一番上の手すりのみだったそうです。なんでも、女の子が自転車ごと手すりの間から谷に落ちたことから、補強されたのだとか…。

    橋には3本の安全柵がつけられているが、昔は一番上の手すりしかなかったようだ。谷底までの高低差数十メートルなのにスッカスカの橋…。考えるとブルっと来る。

    そんなわけで写真撮影や休憩を挟みながらゆーっくりと走りましたが、決められていた自由行動の4時間には余裕でおさまりました。お弁当を食べる時間も十分に取れるでしょう。

    ケロウナの街並みを一望。写真提供: Myra Canyon Bicycle Rental and Tours Inc.

    往復24キロメートルのトレイルはほぼ平坦。一本道で迷うこともなく、路面も整備されているので、子どもから年配の方々までスイスイ走っていました。

    「これぞアウトドア」を味わえるマイラキャニオン

    「これぞアウトドア」感が堪能できるマイラキャニオンを、ぜひ訪れてみてください!「廃線跡」+「高所の渓谷」+「薄暗いトンネル」は、他ではできないレアな体験です!

    利用したツアー会社はこちら

    Myra Canyon Bicycle Rental and Tours Inc.

    現地で4時間過ごすツアー(レンタル自転車および市中心部のホテルへの送迎付き)
    ガイドなし:140カナダドル(約1万5000円)
    ガイド付き:165カナダドル(約1万8000円)

    私が書きました!
    カナダ・ケロウナ在住ライター(海外書き人クラブ)
    村山葵
    フランス留学、オーストラリアへのワーキングホリデーを経て、2018年よりカナダ・ケロウナに移住。七転八倒の末、2021年永住権を取得。現在はスーパーのベーカリー部門に勤務の傍らライター業も手掛ける。趣味は読書と一人旅。世界100カ国以上の現地在住日本人ライターの組織「海外書き人クラブ」会員https://www.kaigaikakibito.com/

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    探検家・環境活動家 山田高司さんに聞く「活動の原点」とは【動画公開中】

    2024.05.24

    “世界一のパリピ島”スペインのイビサ島でマラソン大会参戦!クラブ音楽で難コースを乗り切れるか!?

    2024.05.23

    メキシコでリアルなジャングルクルーズを体験して出会えた動物は…!?

    2024.05.22

    ユーラシア大陸最西端!ポルトガル・ロカ岬で味わう‟地の果て”感

    2024.05.21

    タイ在住ライター直伝!アウトドア料理が楽しくなるタイ屋台料理アレンジレシピ

    2024.05.20

    ヒマラヤツーリング、さらに過酷なのは3日目からだった…【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その7】

    2024.05.13

    青い海とサトウキビ畑の中を滑走!南アフリカ・ダーバンで行われた20kmのMTBレースに挑戦

    2024.05.11

    海外キャンプ達人の「もう一度行きたいランキング1位」!世界の絶景キャンプ場8選

    2024.05.10