実は超簡単!ダッチオーブンを使ったパエリアの作り方&アレンジレシピ3選 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2023.08.30

    実は超簡単!ダッチオーブンを使ったパエリアの作り方&アレンジレシピ3選

    ダッチオーブンで作るパエリア

    ダッチオーブンならパエリアもお手のもの。

    ダッチオーブンでパエリアが作れる?

    お米を肉や魚介、野菜と一緒に炊き上げるスペイン料理のパエリア。

    華やかに仕上がってキャンプ飯にもピッタリの一品。じつはダッチオーブンを使えば意外と簡単に作ることができるのです!

    こちらの記事では、パエリアの基本的な作り方の流れや焦げるのを防ぐコツを、簡単レシピとあわせてご紹介します。

    ダッチオーブンを使った基本のパエリアの作り方

    まずは、水の量など基本の作り方を押さえていきましょう。

    この作り方をベースに、具材を変えればさまざまなアレンジが楽しめます。

    水や具材の量の目安

    パエリアの米や水、具材

    水や具材の量の目安を確認してみましょう。

    まずはパエリアを作るときに必要な水や具材の量の目安を確認しましょう。お米1合~3合の場合に分けて解説します。

    1合の場合

    • お米 1合(約150g)
    • 水 200~250ml
    • 具材 200~300g

    2合の場合

    • お米 2合(約300g)
    • 水 400~500ml
    • 具材 400~500g

    3合の場合

    • お米 3合(約450g)
    • 水 600~700ml
    • 具材 600~700g
    精白米1合

    精白米1合は約150gです。

    普通の精白米1合の重さは約150gで、炊飯器を使って普通の硬さに炊き上げたい場合の水の量は200mlが目安とされています。

    しかし、パエリアはお米に具材や調味料もプラスして炊き上げるので、作るレシピによって微妙な調節が必要になります。

    そのため、まずはお米に対して1.5倍程度の水を目安にし、あわせる具材の水分量などによって増減させていきましょう。

    パエリアの作り方

    一見難しそうなパエリアですが、基本的には「切って、炒めて、炊く」という3つのステップで作ることができます。以下で実際の流れを確認してみましょう。

    材料を切る

    あらかじめ自宅で済ませておくとスムーズ。

    まずは材料の下ごしらえ。キャンプで作る場合は、肉や魚介類、水分の出にくい野菜などを自宅で切っておくと、いざ作るときにスムーズに調理を進められますよ。

    具材を炒める

    具材を炒めていきます。

    続けて炒める工程。このあと煮込むので肉や魚介類は完全に火を通さなくても大丈夫です。

    そのままだとお米を炒めづらいので、大きい具材がある場合は一度ボウルなどに取り出しておきましょう。

    お米を炒める

    お米を油でコーティングさせます。

    具材に火が通ったら、お米を加えて炒めていきます。お米を油でコーティングさせることにより、焦げ付きの防止になります。

    調味料や大きい具材を加えて炊く

    調味料を加えて炊いていきます。

    調味料を加えて混ぜ、お米を平らにしたら取り出しておいた具材などを並べます。その後、フタをして弱火で炊いていきます。

    時間は15~20分が目安です。炊き具合を確認して水分が残っている場合は、追加で加熱して飛ばしましょう。

    火から下ろして蒸らし完成

    蒸らしてトッピングをして完成!

    火から下ろして10分ほど蒸らしたら、お好みでトッピングなどをして完成です!

    焚き火orコンロどっちで作る?それぞれのコツ

    ダッチオーブンの調理は、焚き火とコンロのどちらでもOKです。

    それぞれでパエリアを作る際、火力などのコツがあるので覚えておきましょう。

    焚き火で作る際のポイント

    焚き火でパエリアを作る

    大切なのは火力を安定させること。

    焚き火で美味しくパエリアを作るためには、とにかく火力を安定させること。

    火が強いとすぐにお米が焦げてしまうので、焚き火台などを利用した上で極弱火で炊いていくようにしましょう。

    ただし、弱い火力のままフタをしてしまうと水分が飛びにくく、かえってベチャッとした仕上がりになってしまうことも。そのため、途中で炊き具合を確認してみて、水気が多く残っている場合は、フタをずらして水分を飛ばしながら炊いていきましょう。

    ガスコンロで作る際のポイント

    ガスコンロでパエリアを作る

    鍋底に均一に火を当てましょう。

    パエリアを美味しく作るためには、鍋底に均一に熱を加えていくのが重要なポイント。

    少しでも傾いていると一部分に火力が集中して焦げの原因にもなるので、ガスコンロを置く場所は平らで安定したところを選びましょう。

    また、風の当たる場所で調理をする場合は風防を利用して火力を安定させるのも大事なポイントです。

    焦げるのを防ぐコツ

    ダッチオーブンを使ってパエリアを作るときに気になる焦げ。ここでは、焦げを防いで美味しく炊き上げるコツを3つご紹介します。

    (1)お米を炒める

    お米を炒める

    炒めることでお米をコーティングします。

    日本で一般的に使用されているジャポニカ米は粘りが出やすいため、そのまま具材や調味料と一緒に炊いてしまうと焦げの原因になってしまいます。

    これを防ぐために、お米を炒めて表面を油でコーティングしましょう。目安としては弱火で3~4分炒めて米が透き通るくらいになればOK。パラッと炊き上げることができます。

    お米は研がない

    お米は研がずに調理しましょう。

    また、パエリアを作る際、お米を研ぐ必要はありません。研いでしまうとお米が水気を含んでしまってスープが浸透しにくくなり、かえってベチャッとした仕上がりになってしまいます。

    ぬかが気になる場合は研いだ後にしっかりと乾燥させるか、無洗米を使うのもおすすめです。

    (2)音や香りを確認する

    ダッチオーブンの音や香りを確認する

    ダッチオーブンから発せられる音や香りは重要なサイン。

    パエリアを炊いているとき、水分が十分な場合はブクブクと煮立っている音がしますが、逆に足りなくなってくるとパチパチという音に変化してきます。

    また、最初は香ばしい匂いがしていても、そのまま加熱し続ければ徐々に焦げた香りに変化してきます。

    そのため、調理中にダッチオーブンから発せられる音や香りを確認すれば鍋の中の状態をある程度予想することができ、パエリアが焦げてしまうのを防げます。

    (3)キチンとお手入れをしておく

    ダッチオーブンをお手入れしておく

    これが一番のコツです。

    パエリアの焦げを防ぐだけに限らず、ダッチオーブンで美味しい料理を作るためには必須とも言えるポイント。

    使用後はしっかり汚れを落として、鍋本体、フタともに丁寧に油を塗り込んで、キチンとお手入れをしておきましょう。

    ▶こちらの記事も読む
    ダッチオーブンの簡単なお手入れ方法とは?焦げや錆びの対処法も解説

    ダッチオーブンで作る簡単パエリアのレシピ3つ

    ここからは簡単に作れるパエリアレシピを3つご紹介。どれも華やかに仕上がって、キャンプ飯にピッタリなものばかりです。

    (1)シーフードパエリア

    シーフードパエリア

    シーフードミックスで簡単調理。

    まずは魚介のうま味たっぷりのパエリアをご紹介。シーフードミックスを利用するので、あさりをあらかじめ砂抜きしておけば、時短で作れて豪華に仕上がる一品です。

    材料(3~4人分)

    • お米 2合
    • 殻付きあさり(砂抜き済み) 200g
    • シーフードミックス(えび、いかミックス) 150g
    • 玉ねぎ 1/4個(約100g)
    • トマト 1個(約200g)
    • 赤パプリカ 1/4個(約40g)
    • 黄パプリカ 1/4個(約40g)
    • にんにく 1片
    • オリーブオイル 大さじ2
    • 水 400ml
    • サフラン 適量
    • (A)コンソメキューブ 1個
    • (A)こしょう 少々

    ★トッピング

    • レモン(くし切り) 1/2個分
    • パセリ(みじん切り) 適量

    作り方

    【1】水にサフランを入れて10分ほど置く。

    【2】玉ねぎは粗めのみじん切りにする。パプリカはヘタを取りそれぞれ1cm角に切る。トマトはヘタを取りざく切りにする。にんにくは芯を取り除きみじん切りにする。

    【3】ダッチオーブンにオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香りが立ってきたら玉ねぎを加えて弱火でしんなりするまで炒める。

    【4】3にお米を加え、中火で透き通ってくるまで炒めたら、1と(A)を加えて混ぜる。

    【5】お米を平らにしてパプリカ、トマト、シーフードミックス、あさりを乗せて煮立たせたらフタをし、弱火で15分ほど炊く。

    【6】あさりの殻が開いてお米に火が通ったらフタを取り、水気が残っていたら中火にして水分を飛ばす。火から下ろして10分ほど蒸らし、★をトッピングして完成。

    シーフードパエリア

    魚介のうま味たっぷりです。

    ポイント

    サフランが無い場合はターメリックやカレー粉に置き換えてもOK。シーフードミックスは塩水で解凍しておくと、炊いても縮みにくくなって食感がプリッと仕上がりますよ。

    (2)鶏肉のカレーパエリア

    鶏肉のカレーパエリア

    ジューシーかつスパイシー。

    続いては鶏肉を使ったジューシーなパエリア。フタを開けた瞬間のスパイシーな香りに、食欲をそそられること間違いなしの一品です。

    材料(3~4人分)

    • お米 2合
    • 鶏もも肉 1枚(300g)
    • しめじ 1株(130g)
    • にんじん 1/2本(約50g)
    • いんげん 6本
    • にんにく 1片
    • オリーブオイル 大さじ2

    ★調味料

    • 水 500ml
    • カレー粉 大さじ2
    • ケチャップ 大さじ2
    • ウスターソース 大さじ1
    • 塩コショウ 少々

    作り方

    【1】しめじはほぐす。にんじんは5mm角に切る。いんげんはヘタを切り落とし半分に切る。にんにくはみじん切りにする。

    【2】鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。

    【3】ダッチオーブンにオリーブオイルの半量を入れて熱し、2としめじを加え、中火で色が変わるまで炒めて一度取り出す。

    【4】ダッチオーブンに残りのオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ってきたらお米を加えて中火で透き通ってくるまで炒める。

    【5】4に★を入れて混ぜたらお米を平らにし、3を戻し入れてにんじん、いんげんを加えて煮立たせ、フタをして弱火で20分ほど炊く。

    【6】フタを取り、水分が残っていたら弱火のまま水気を飛ばして火から下ろし、10分ほど蒸らしたら完成。

    鶏肉のカレーパエリア

    いんげんとにんじんの食感もグッド。

    ポイント

    具材の水分が少なめな上にカレー粉が入っているので、焦げやすいレシピです。そのため、お米をしっかり炒めたあとは弱火でじっくり炊いていきましょう。

    いんげんは、アスパラやブロッコリーなどに置き換えて作るのもおすすめです。

    (3)トマト缶のサバチーパエリア

    トマト缶のサバチーパエリア

    とろ~りうま味濃厚。

    最後は相性のいいサバ缶とトマト缶に、さらにとろ~りチーズをかけ合わせたレシピ。野菜の下ごしらえを自宅で済ませておけば、キャンプ場では包丁不要で作ることができますよ。

    材料(3~4人分)

    • お米 2合
    • サバ水煮缶 2個(1個160g)
    • 玉ねぎ 1/2個(約200g)
    • ホワイトマッシュルーム 8個(約140g)
    • にんにく 1片
    • オリーブオイル 大さじ1
    • ピザ用チーズ 50g
    • バジル 適量

    ★調味料

    • カットトマト缶 1個(400g)
    • 水 100ml
    • コンソメキューブ 1個
    • 塩コショウ 少々

    作り方

    【1】玉ねぎ、ホワイトマッシュルームは薄切りにする。にんにくは芯を取り除きみじん切りにする。

    【2】ダッチオーブンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ってきたら玉ねぎ、ホワイトマッシュルームを入れてしんなりするまで炒める。

    【3】2にお米を加えて透き通ってくるまで中火で炒める。

    【4】3に★を入れて混ぜ、お米を平らにしてサバ水煮缶の身をほぐして並べ、缶汁を加えて煮立たせたらフタをして弱火で20分ほど炊く。

    【5】フタを取って弱火のまま水分を飛ばし、ピザ用チーズをちらしたら再度フタをしてチーズが溶けるまで蒸らし、バジルをトッピングして完成。

    トマト缶のサバチーパエリア

    サバとトマトのうま味がチーズによく絡みます。

    ポイント

    トマト缶で煮るので焦げができやすいですが、あまりに火力が弱いとベチャッとした仕上がりになってしまいます。

    そのため、途中で様子を見て水気が多いようなら、フタをずらし蒸気の逃げ道を作って炊き上げましょう。

    ダッチオーブンならキャンプでも簡単にパエリアが楽しめる!

    シーフードパエリア

    ダッチオーブンならキャンプでも豪華なパエリアが楽しめます。

    難しそうに見えるパエリアも、ダッチオーブンを使えば簡単に美味しく炊き上げることができます。

    お米と肉や魚介、野菜を一緒にして作るので、基本の作り方さえ覚えてしまえばアレンジも自由自在。

    ぜひ記事を参考にして、いろいろな組み合わせのダッチオーブンパエリアを作ってみてください!

    私が書きました!
    筋肉料理研究家
    Ryota
    学生時代運動経験ゼロ・病気で精神病院に入院するも筋トレとお料理で立ち直り、現在は料理研究家・パーソナルトレーナーとして活動中。企業やメディアへのレシピ提供を行う傍ら、ボディメイクコンテストにも出場。父方の実家は港町、母方の実家は山に囲まれていて、幼少期には海や山道を走り回っていた。自然の中で本を読むのが趣味だが、最近は料理研究家活動が忙しく、1人でキャンプめしを作って気を紛らわしている。

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    春に採れる山菜の種類。山菜を使ったおすすめレシピも紹介

    2024.02.27

    ビア缶チキンの美味しい作り方!キャンプやバーベキューで簡単に美味しくできる新定番

    2024.02.25

    季節ごとの代表的な食べられる雑草!見分け方のハンドブックも紹介

    2024.02.25

    余ったマシュマロを再活用!一粒で二度美味しい「キャラメルポップコーン」の作り方

    2024.02.25

    最優秀賞受賞「サワークリーム スパイス」で作るアウトドアおつまみレシピ2選

    2024.02.24

    簡単スモアの作り方!キャンプの新定番を美味しく食べるアレンジレシピも!

    2024.02.24

    サンドイッチの定番具材と変わり種!一押しのホットサンドメーカーも

    2024.02.24

    切って混ぜるだけの万能バーべキューソースレシピ9選

    2024.02.22