確実に釣れる方法、根魚を狙え! | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2017.05.07

    確実に釣れる方法、根魚を狙え!

    【漕いで、釣って、食べて】カヤックフィッシング奮闘記Vol.33

    このところスランプが続いている。『真鯛』を釣り上げて以降、まともな魚の姿をお見せできていない。これではいかんということで、今回は手堅い釣りをしてみることに。狙うのは根魚。海底には砂地と岩場(いわゆる根)があり、基本的に岩場のごつごつしているところの方が魚影が濃い。そこでエサ釣りをすればまずボウズはないだろう、というやや打算的な挑戦。どうか釣れますように。

    いざ、出船

    そんなわけでようやく暖かくなりはじめてきた4月17日、カヤックで海に出た。まず目指すのは、逗子海岸から1キロほど沖の根回り、水深10メートルほどのポイント。早速、サバの切り身を付けた仕掛けを投入する。しばらくすると、竿先がクンクンと曲がるアタリがある。が、乗らない(針にかからない)。どうやら魚が小さいらしい。

    海の真ん中での釣りは気持ちいい

    ちなみに、保険的な釣りだが、小さい魚を狙っているわけではない。30センチ以上あるハタがかかるかもしれないし、もっとほかの大物がかかる可能性もなくはない。アタリはあるのに釣れない状態が続いたが、ようやく竿がグググと大きくしなる。何やらかかったらしい。あげてみると……。

    カサゴ、関西でいうガシラ

    小さいカサゴ。それにしても小さい。もっと大きいのもいるはずなのに。その後もアタリは続くが、釣れるのはカサゴばかり。同行している沼野さんも、カサゴばかり。仕方なくポイント移動。今度は森戸海岸沖の岩礁帯を目指す。しかしそこでも釣れるのはカサゴばかり。釣れたのは釣れたが、はたしてこれでいいのか。

    とりあえずは釣れて嬉しいが

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    この時期は金色のマトウダイも出現!? 海藻の中で暮らす生き物たちを水中写真でご紹介

    2024.02.10

    正月前に挑戦!ゼロ円で”世界一贅沢なお雑煮”を作ってみた<ヒラツメガニ釣り編>

    2023.12.23

    本田 亮「野田兄貴よ、永遠に!」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第2回】

    2023.12.22

    水中写真で求愛行動を紹介!お腹の大きなカサゴのメスを釣り上げたらリリースしてあげてね

    2023.12.08

    埼玉・秩父「あしがくぼ渓谷国際釣場」の渓流で、はじめてのファミリーフィッシングに挑戦

    2023.11.23

    水中写真でご覧あれ! 落ち葉と同化する海の生き物たちの姿

    2023.11.20

    シェルパ斉藤「僕らがたったひとりで旅に出る理由」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第1回】

    2023.11.19

    モンベル代表・辰野勇さんが日本人初の「国際ホワイトウォーター殿堂」入り! カヌー・カヤック普及の功績で 

    2023.11.12