高品質なチタンペグを7個厳選!用途に合わせた選び方も紹介 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    テント

    2023.04.28

    高品質なチタンペグを7個厳選!用途に合わせた選び方も紹介

    現在使っているペグが曲がってきたりしていませんか?そんなときは、より丈夫なチタンペグがおすすめです。チタンペグのメリット・デメリットや選び方、おすすめの商品を7個紹介します。長く使えるものを探している人は、参考にしましょう。

    チタンペグのメリット・デメリット

    数あるペグの中でも、チタンペグを使うメリット・デメリットを解説します。通常のペグと比較しながら見ていきましょう。

    軽くて頑丈

    チタンペグの大きなメリットは、軽い上に丈夫なところです。チタンの重量は、鉄の約60%といわれています。

    キャンプの際には、ペグを何本も持っていくものですが、チタンペグであれば、本数が多くても持ち運びの負担が軽減されるでしょう。

    また、チタンは同じ重さの鉄の約2倍の強度があるとされています。鉄やアルミペグの場合、使っていくうちに負荷がかかって曲がってしまうものも少なくありません。しかしチタンペグなら、多少の負荷が加わっても曲がりにくいでしょう。

    参考:チタンの特性|一般社団法人日本チタン協会

    さびにくく手入れが楽

    チタンは、さびにくい金属といわれています。チタンは鉄と比べてメンテナンスがラクで、劣化しにくいため長く使えるでしょう。

    鉄製ペグの場合、水に濡れたらすぐに拭かないと、さびが進行してしまいます。また念入りな手入れをしても、さびを完全に防ぐことは難しいでしょう。

    チタンがさびにくい理由は、酸素により酸化皮膜を作るためです。この酸化皮膜が酸素を通しにくくさせることで、酸化を防ぐといわれています。チタンは海水中の耐食性も高く、船の素材にも使われているほどです。

    参考:チタンの特性|一般社団法人日本チタン協会

    ほかの素材に比べて高価格

    高性能のチタンペグですが、鉄・ステンレス・アルミよりも高価なことがほとんどです。その理由としては、製造工程が難しく希少性が高いことが挙げられます。

    酸化しないよう特殊な処理を施したり、金属の純度を高めたりなど、チタンは製造にコストがかかるのです。

    また、チタン製の商品は市場に出回っている数が少なく、それゆえ希少な素材といえます。一方で、性能の高さから需要は大きいため、価格も上がりやすい傾向にあります。

    チタンペグを選ぶ3つのポイント

    チタンペグは用途によって、選ぶべきポイントが異なります。チタンペグの性能を十分生かすための選び方を、三つ解説します。

    使用シーンに応じた長さ

    テントの大きさや地面の状態によって、ペグの適切な長さは異なります。一般的には、長さがあるほど固定力が高まりますが、その反面重量が重くなります。どのような規模・場所でキャンプをするかに合わせて、最適なものを選びましょう。

    1~2人用のテントや硬い地面に使いたいときは、20cm程度のものがおすすめです。硬い地面であれば固定しやすいため、20cm程度でも十分なグリップ力を発揮します。重量の面からも、小規模のキャンプには短めのものがよいでしょう。

    大型のテント・タープを張るときや、砂利や砂の多い地面に使うときは、30cm程度のペグが必要です。固定力と重さのバランスが取れており、あらゆるシーンで活躍します。

    ぬかるんだ地面に使うなら長めが望ましく、40cm程度が適しています。40cm以下では、ペグが抜けてしまう心配があるためです。ただし、40cm程度となると重量がかさむだけでなく、硬い地面に打つシーンでは打ち込むのに時間がかかります。

    チタンの特性を損なわない品質

    チタンは、一般的に高価な素材ですが、中には安価な製品も販売されています。コストパフォーマンスを重視する場合でも、安価なものは少し慎重になって選びましょう。

    価格があまりに安いと、品質面に問題がある可能性があります。機能性の高いチタンペグのはずなのに、品質が伴わなければ元も子もありません。

    品質を重視する場合は、日本製のものを選ぶと失敗しにくいでしょう。それ以外にも、口コミの評価もチェックすると判断の役に立ちます。

    使い勝手が向上する機能

    ペグはテント・タープを固定するための道具に過ぎませんが、小さな工夫により使い勝手が大きく変わるものでもあります。

    例えば、断面の形がV字型になっているチタンペグは、ななめに差し込むことで高い固定力を発揮します。

    また、反射材が入っているチタンペグなら、夜間の視認性を高めてくれるでしょう。夜間にテントの設営・撤収をするときや、紛失してしまう心配があるときに役立ちます。

    ほかにも、重ねて運びやすくなっているものなどもあるので、細かいポイントにも注目してみましょう。

    持ち運びやすい20cm以下のチタンペグ

    20cm以下で、おすすめのチタンペグを三つ紹介します。20cm以下のものは、持ち運びに便利なものが多くなっています。携帯性もチェックしながら見ていきましょう。

    村の鍛冶屋「エリッゼステーク 64チタン 20cm MK-200TI 6本セット」

    日本国内で製造しているチタンペグです。主に医療用として、ほかに航空・宇宙産業でも使われている64チタンを使っており、高い強度を誇ります。長さは約20cmと、ソロキャンプや小規模のキャンプ向きです。

    ペグの先端は楕円形になっており、打ち込むときに回転、ねじれを起こしにくくなっています。完全耐食性をうたっており、一度買えば長く使える耐久性の高さも魅力です。

    硬い土には特に高い固定力を発揮するため、引き抜きが難しい場面があるかもしれません。そんなときは引き抜き工具(別売)を使えば、比較的容易に抜けます。

    • 商品名:村の鍛冶屋「エリッゼステーク 64チタン 20cm MK-200TI 6本セット」
    • 村の鍛冶屋公式オンラインストア:商品はこちら

    村の鍛冶屋
    エリッゼステーク 64チタン 20cm MK-200TI 6本セット

    サイズ:φ7.8mm×200mm(鍛造部:6.6mm) 材質:64チタン合金 重量:40g / 本


    チタンマニア「20cmペグ チタン製 6本セット」

    チタン製品専門店から販売されている、チタンペグです。サイズは約20cm、重量は約38gと軽量です。直径は約0.7cmと細いですが、チタンなので耐久性は問題なく使えるでしょう。

    また、視認性の高いオレンジ色のロープが付いているのもポイントです。ロープが目印になってつまずきにくくなるだけでなく、引き抜くときもロープを引っ張って抜きやすい仕様です。

    収納袋が付属するので、持ち運びにも困りません。うれしい日本製で、品質を重視する人にもおすすめです。

    • 商品名:チタンマニア「20cmペグ チタン製 6本セット」
    • チタンマニア公式オンラインストア:商品はこちら

    チタンマニア
    20cmペグ チタン製 6本セット

    サイズ(約):7×200mm 重量(約):38g 材質:チタン


    バーゴ「チタニウムステイクオレンジヘッド」

    ヘッドがかぎ爪状になっているのが特徴のチタンペグです。ロープや道具を使わなくても、素手で引き抜きやすい形状といえます。

    ヘッド部分は赤に塗装されており、キャンプ場での視認性を高めています。サイズは約16.5cmと少々短めで、1~2人用のテントや硬い地面で使用するのに向いています。重量はわずか約8gと軽量なため、荷物を軽くしたい人におすすめです。

    1本単位で販売されており、必要な分だけ購入できるため、「いきなりセット購入は不安だから1本買って試してみたい」という人にぴったりです。

    • 商品名:バーゴ「チタニウムステイクオレンジヘッド」
    • バーゴ公式オンラインストア:商品はこちら

    パーゴ
    チタニウムステイクオレンジヘッド

    全長:16.6cm 重量:9g


    オールマイティな30cm以上のチタンペグ

    30cm前後のペグは、固定力と持ち運びやすさのバランスが取れているタイプです。あらゆる場面で活躍する、30cmクラスのチタンペグを紹介します。

    テンマクデザイン「チタンペグ 30」

    長さ約30cm、重量約68gのチタンペグです。同メーカーの『ムササビウィング13ft』クラスのタープの設営に適し、ほかのテント・タープにも十分なじむでしょう。

    同社による、ペグが曲がり始めるときの力を検証するテストでは、こちらのチタンペグは同社製の『ステンレススリムペグ30』に比べて約2倍の耐久性を記録しました。

    また、2cm変形したときの耐久テストでも、同じステンレス製品の約1.3倍の強度を記録し、2cmほど変形させても元に戻る復元力を発揮しているといいます。幅広いシーンで、長く使えるペグを探している人におすすめの商品です。

    参考:ペグ|tent-Mark DESIGNS

    • 商品名:テンマクデザイン「チタンペグ 30」
    • テンマクデザイン公式オンラインストア:商品はこちら

    地面に固定しやすいV字型のチタンペグ

    地面への食い込み力に定評がある、V字型のチタンペグを三つ紹介します。使いやすさを重視する人は要チェックです。

    チタンマニア「16cmペグ V字型 チタン製 6本セット」

    長さ約16cm・重量約12gと、コンパクトなV字型チタンペグです。ペグ同士を重ねて収納でき、バッグ内の省スペースを実現します。

    柔らかい地面から硬い地面まで高いグリップ力を発揮し、あらゆるシーンで活躍するでしょう。丸型のペグでは固定力に不安があるときの、サブとしても使えます。

    オレンジ色のロープが付いており、視認性が高いのもポイントです。土質さえ合えば本商品だけでも使える上、サイズがコンパクトなのでワンポイントでも活躍する優れものです。

    • 商品名:チタンマニア「16cmペグ V字型 チタン製 6本セット」
    • チタンマニア公式オンラインストア:商品はこちら

    チタンマニア
    16cmペグ V字型 チタン製 6本セット

    サイズ(約):15×160mm 重量(約):12g


    キャプテンスタッグ「チタン V型ペグ18cm」

    シンプルな形状をしたV字型チタンペグです。こちらは約18cmのモデルですが、約15cmタイプもあるため、用途に応じて適切な方を選べます。

    重量は約18cmが約17g、約15cmが約14gとどちらも軽量設計です。ソロキャンプはもちろん、2人〜少人数でのキャンプの際にも重宝します。

    余計な装飾が一切ないため収納性に優れている一方、ロープやフックが付いていないので、引き抜く際には道具を別途用意する必要があるでしょう。

      • 商品名:キャプテンスタッグ「チタン V型ペグ18cm」
      • キャプテンスタッグ公式オンラインストア:商品はこちら

    キャプテンスタッグ
    チタン V型ペグ18cm

    サイズ:15cm


    バーゴ「チタニウムアッセント」

    雪面で高い固定力を発揮する、V字型チタンペグです。カラーはカーキで自然になじみやすく、ヘッドにはロープが付いているため引き抜きやすくなっています。ロープは赤色なので視認性が高く、紛失したりつまずいたりするのを防ぎやすいでしょう。

    サイズは約15.8cm、重量は約10gとコンパクトな設計です。丸型ペグだけでは不安なときに、サブとして用意してみてはいかがでしょうか。1本単位で販売されているので、必要な分だけそろえたい人・試しに購入してみたいという人にもおすすめです。

    • 商品名:バーゴ「チタニウムアッセント」
    • バーゴ公式オンラインストア:商品はこちら

    パーゴ
    チタニウムアッセント

    サイズ:15.2 x 0.8 x 0.8 cm


    まとめ

    チタンは、鉄よりも軽量で丈夫な金属であり、ペグ以外にもさまざまな製品に使われています。ペグに関しては、簡単には折れ曲がらない丈夫さと、さびにくい耐食性の高さを誇ります。

    価格はやや高めなので、セット商品を買ったり少しずつそろえたりと、工夫をすることで上手に導入できるでしょう。

    チタンペグを購入するときは、用途に合った長さのものを選ぶのがポイントです。一般的には長いほど固定力が高くなりますが、その分重量も重くなります。

    V字型のペグやロープ付き・反射板付きなど、キャンプをより快適にしてくれる機能性にも注目してみましょう。

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    ファミリー向けワンポールテントおすすめ15選|設営カンタンで広々!選び方も解説

    2024.06.16

    ソロ向けワンポールテントおすすめ7選|軽量コンパクト、TCタイプも紹介

    2024.06.12

    ソロキャンに!VASTLAND「カンガルーテント」なら自由度の高い快適キャンプが思いのまま

    2024.06.10

    ロッジ型テントおすすめ12選|2ルームやTC素材も!人気モデルを紹介

    2024.06.03

    公園向けテント12選|簡単に設営・撤収!日差しや雨を遮り快適に過ごせるテント特集

    2024.06.02

    ソロテントのおすすめ25選!人気ランキングやアワードでプロの推しをチェック

    2024.05.31

    山岳テント最強はどれ?ベストバイアイテムを徹底解析

    2024.05.26

    テントの種類はどのくらい?それぞれの特徴から選び方まで解説

    2024.05.21