公園向けテント12選|簡単に設営・撤収!日差しや雨を遮り快適に過ごせるテント特集 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    テント

    2024.06.02

    公園向けテント12選|簡単に設営・撤収!日差しや雨を遮り快適に過ごせるテント特集

    ピクニックや公園遊びに持っていきたい「テント」特集。強い日差しが降り注ぐ季節には、テントを設営して日陰スペースの確保がマスト。アウトドア雑誌No1のBE-PALが、公園におすすめのテントを厳選紹介。お気に入りのテントを見つけて、公園に出かけよう!

    公園におすすめのテントとは?

    公園におすすめのテントは「ワンタッチテント」「ポップアップテント」「タープテント」の3種類。それぞれの特徴やメリットを解説しよう。

    ワンタッチテント

    その名の通り、ワンタッチで簡単に設営できるテントのこと。シンプルな構造で、傘を広げる感覚でテントを立てられるのが特徴。

    ワンタッチテントの最大のメリットは、何といってもその設営のしやすさ。そこから生まれる時間や気持ちの余裕が、アウトドアでの遊びの選択肢を広げてくれる。

    テントとポールが一体になっており、紐を引いたり、ポールを動かしたりすることで設営できる。

    ▼参考記事
    ワンタッチテントで気軽にキャンプ!後悔しないおすすめ商品10選

    ポップアップテント

    布と骨組みが一体になっており、袋から取り出して開くだけで設営ができる簡易テントのこと。

    ポップアップテントの最大の魅力は、設置や撤収がとにかく簡単!また、ピクニックをするときの日よけとして使えるシンプルなものから、キャンプでも使えるものまで種類はさまざまだ。

    本格的なテントに比べると強度は落ちるが、それでも軽量で女性でも組み立てやすいポップアップテントは普段使いで活躍するだろう。

    ▼参考記事
    簡単&おしゃれで人気のポップアップテント。タイプ別の特徴と選び方

    タープテント

    支柱を広げて天幕を張り、簡単に組み立てられる自立式のタープのこと。

    タープを張ることで、日陰の居住スペースをつくることができ、日差しが強い日でも快適に過ごせるようになる。
    万が一雨が降ってきた場合でも、タープテントがあれば濡れずに過ごすことができる。

    ▼参考記事
    キャンプでタープは必要?メリットとタープの役割を持つテントについて解説

    手軽に設営できる「ワンタッチテント」おすすめ6選

    Coleman(コールマン)
    インスタントアップIGシェード

    住友化学が独自開発した防虫素材“Olytec(R)メッシュ”が使用されていて、いやな虫も寄り付きにくく安心。また、テント生地はUVPROが採用されていて、日光と紫外線を軽減してくれるのだそう。公園でのデイレジャーにおける必需品ともいえそうだ。 ●サイズ:約210×180×120(h)cm ●収納サイズ:約φ16×63cm ●重量:約3.7kg ●定員:3~4人 ●材質:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ(UVPRO・PU防水・耐水圧:約500mm)、フロアシート/ポリエステル(PU防水・耐水圧:約1,000mm)、フレーム/FRP 約φ8.5mm・スチール ●付属品:砂袋・ペグ・ロープ・収納ケース

     

    CHECK POINT


    フレーム上部のハブを差し込んで、フレーム脚部を伸ばすだけのワンタッチロック機構で手間がかからない。

    ▼参考記事
    全部欲しい!親子で楽しめるコールマンのパークキャンプアイテム6選


    Quechua(ケシュア)
    キャンプ ワンタッチテント 2 SECONDS EASY FRESH&BLACK 2人用

    2セットのワンタッチフレームを組み合わせたモデル。(ふたりで)立ち上げるだけ、すぼめるだけならば、どちらも本当に2秒で完了。ひとりでも10秒もあれば簡単に立ち上がる。
    ●サイズ:約210×150×H110cm(就寝スペース/205×145cm)
    ●収納サイズ:約20×20×59cm
    ●総重量:約4.7kg

     

    CHECK POINT


    立てるときは紐を引っ張るだけ、たたむときはボタンを押すだけ!設営撤収が本当に簡単だ。


    テストの日の外気温は37度Cで、テント内温度33度C。遮光生地の威力、恐るべし!

    ▼参考記事
    お値打ちモデルのタープ&テントを徹底検証!


    FIELDOOR(フィールドア)
    ワンタッチテント 150

    傘を広げるような感覚で組み立てられるワンタッチテント。所要時間は約15秒、テントの設営に慣れていない初心者や女子キャンパーにおすすめ。
    ●サイズ:約200cm×150cm×135cm
    ●収納サイズ:約74cm×17cm×17cm
    ●重量:約2.8kg

     

    CHECK POINT

    軽くて持ち運びしやすいことも魅力。重量は約2.8kgと軽量で、収納バッグに入れれば楽に移動できる。車のトランクにも入れやすい収納サイズ。

    テント内の天井には、荷物を置くのに便利な天井棚シートや、ランタンをつるせるフックが付いている。小物を入れるポケットがテント内に付いているのもポイント。

    テント上部の外側にはトップシートが備わっており、雨天時の雨の浸入を防ぐ。素早く設営できる2人用テントを探している人におすすめ。

    ▼参考記事
    2人用テントを選ぶポイント。タイプ別のおすすめ商品8選


    DOD(ディーオーディー)
    キノコテント

    頂上部分を持ち上げるだけで設営できるワンタッチ構造を採用。ワンタッチ式は耐風性に不安があるが、約13.9~17.1m/sの耐風テスト済みなのが頼もしい。壁面が垂直なのでフロア面積以上に広く感じるデザインだ。上部と下部に大型メッシュパネルを搭載し、開放感良し。専用グラウンドシート付き。定員大人2名+子供2名。
    ●サイズ:328×328×H168cm
    ●収納サイズ:90×25×25cm
    ●総重量:11.2kg
    ●素材:フレーム/アルミ合金・スチール、フライ/150Dポリエステル、フロア/210Dポリエステル

     

    ▼関連記事
    DOD (ディーオーディー) / キノコテント

    ▼参考記事
    快適なキャンプを実現!最新&人気のおすすめテント大集合!


    QUICKCAMP (クイックキャンプ)
    ダブルウォール ドームテント 3人用

    わずか30秒で設営が可能なワンタッチテント。直感的に設営できるが、動画QRコード付きなので不安なときはいつでもどこででも確認できる。クイックテントビギナーに頼もしいサービスだ。ソロ~3人での使用におすすめ。
    ●サイズ:約220cm×220cm×130cm
    ●収納サイズ:約78cm×17cm×17cm
    ●重量:約4.3kg

     

    ▼関連記事
    QUICKCAMP (クイックキャンプ) / ダブルウォール ドームテント


    Coleman(コールマン)
    スクリーンIGシェード+

    簡単に組み立てられるので、ファミリーからソロまで、使い勝手のよいテントだ。光を90%以上ブロックする「ダークルームテクノロジー」を使用。UV遮蔽率は99,99%以上で、紫外線が気になる女性にもうれしい。
    ●サイズ:210×180×120cm
    ●収納サイズ:直径約15×60cm
    ●重量:約3kg
    ●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

     

    ▼参考記事
    日差しが強くなる季節に!コールマン「スクリーンIGシェード+」はデイキャンプにおすすめ!

    開くだけで簡単に設営できる「ポップアップテント」おすすめ5選

    モダンデコ
    幅200cm ポップアップテント ワイドサイズ

    フルオープンとフルクローズド両方に対応しているポップアップテント。メッシュスクリーンを閉じれば、通気性を確保しながら虫を避けることもできる。設置も30秒でできる簡単な設計。
    ●サイズ:約幅2000mm×奥行1500mm×高さ1300mm
    ●収納サイズ:約570×570×70mm
    ●重量:約2.06kg(ブラックコーティング仕様/約2.75kg)

     

    CHECK POINT

    UPF50+で紫外線カット率最大99%と、紫外線対策もバッチリ。耐水圧は、最大4700mmのため急な雨が降っても問題ない。

    テント内部には、ランタン用のフックが付いており夜でも安心だ。カラーバリエーションが豊富なので、自分好みのものが見つかるはず。


    Quechua(ケシュア)
    キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH&BLACK XL – 2人用

    バックルを外すだけで簡単に開く自立型のテント。縦の長さは210cmあるので、寝るのにも最適だ。本体には、特許取得済みの特殊な生地を使用しているため、日中でも高い遮光性を発揮する。

     

    CHECK POINT

    耐水性については、熱帯の雨に相当する1時間に200mm/㎡のシャワー実験を突破している。本体の至る所にメッシュ生地やベンチレーションが張られているので、通気性もよい。

    時速50kmの風にも耐える設計なので、キャンプに持っていっても普通のテントと遜色ない力を発揮するだろう。

    ▼関連記事
    Quechua(ケシュア) / キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH&BLACK XL – 2人用


    LOGOS(ロゴス)
    はらぺこあおむし Q-TOP フルシェード

    絵本キャラクター『はらぺこあおむし』がプリントされたポップアップシェード。開口部が広いオープンタイプのため、出入りが容易で中からの視界も広くなっている。子どもたちが遊んでいる様子も見守りやすい。
    ●サイズ:約幅200×奥行150×高さ117cm
    ●収納サイズ:約縦12×横69×高さ12cm
    ●重量:約2.2kg

     

    CHECK POINT

    内部には小物入れが付いており、スマホや貴重品をしまうのに役立つ。生地にはUVカット加工を採用しているので、紫外線対策もバッチリ。

    収納ケースにもはらぺこあおむしがプリントされており、家族でのアウトドアレジャーなどにおすすめ。


    FIELDOOR(フィールドア)
    フルクローズサンシェードテント

    使用人数に合わせて、3サイズから選べる。内部には小物入れがあるだけでなく、タオル掛けもある点が特徴的。テント上部にはベンチレーションがあるので、大きいサイズでも通気性がバッチリ。

     

    CHECK POINT

    フルクローズドにできるだけでなく、メッシュ生地を閉じることで蚊帳としても利用できる。


    ペグが8本付いており、風対策も問題ない。生地にはUPF50+のUVカット加工がされており、紫外線対策も安心。

    ▼参考記事
    簡単&おしゃれで人気のポップアップテント。タイプ別の特徴と選び方


    CHUMS(チャムス)
    ポップアップサンシェード3人用

    オープンスタイルから、フルクローズに切り替えられるポップアップテント。フロントパネルをトグルボタンで留めることで、手軽にプライベート空間を確保できる。
    ●サイズ:H127×W198×D147cm

     

    CHECK POINT

    UVカット効果も期待できる仕様なので、紫外線が気になる季節にも活躍。テント固定用のペグも付属している。

    フロントの大きなロゴと、側面のブービーバードが存在感を放つ。テントが立ち並ぶ中でも目を引くため、拠点を探してウロウロする必要もなくなる。

    ▼関連記事
    CHUMS(チャムス)/ポップアップサンシェード

    ▼参考記事
    ポップアップテントのおすすめ11選!選び方のポイント・目的別に紹介

    風通しが良く開放感バツグンの「タープテント」

    LOGOS(ロゴス)
    ソーラーブロック Qセットタープ・ポータブル-BA

    生地にソーラーブロックコーティングが施され、UVカット率99.9%、遮光率100%というからスゴい!独自の「Q-TOPシステム」により、セットアップも簡単スムーズ。タープ下は、影が濃く、涼しい風が吹き抜ける。
    ●サイズ:約300×300×H260、250、210、145cm
    ●重量:約11kg

     

    ▼参考記事
    今から揃えておくべし!遮光性のあるテント&タープ 8選

    あわせて読みたい

    [おすすめ46選]キャンプで快適ベッド生活!どれを選んでも正解な三ツ星コット総まとめ

    [おすすめ46選]キャンプで快適ベッド生活!どれを選んでも正解な三ツ星コット総まとめ

    “三大そのへんの草”セリ、ノビル、カラシナの食べ方は?おいしい野草料理レシピを5つご紹介

    平日は公園ヨガ、週末は大自然へ!「BEACHTOWN日比谷公園」オープン

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    コールマン「ダークルーム」シリーズ徹底解説!特徴やラインナップを一挙紹介

    2024.06.23

    ルーフテントおすすめ8選!軽自動車に設置できるモデルも紹介

    2024.06.22

    焚き火ができるテント4選。安全に使うための注意点も必ず押さえておこう

    2024.06.21

    スノーピーク・ヴォールトの魅力を徹底解説!気になる点も紹介

    2024.06.21

    ツーポールテントおすすめ5選|ファミリーにもぴったりな広々空間で快適に過ごそう

    2024.06.21

    SABBATICAL(サバティカル)/モーニンググローリー Synthetic

    2024.06.20

    Snow Peak (スノーピーク) / フービ

    2024.06.20

    YOKA (ヨカ) / YOKA TIPI TYPE2

    2024.06.20