冬キャンプにぜひ!旬のほうれん草とカラダが温まるスパイスで作る「サグカレー」 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 冬キャンプにぜひ!旬のほうれん草とカラダが温まるスパイスで作る「サグカレー」

    2022.12.08 小牧由美

    ほうれん草のサグカレー

    ほうれん草のサグカレーをチャパティーと一緒に。ナンやごはんと合わせてもおいしいです。

    寒い時季にぴったり!カラダがじんわり温まる「ほうれん草のサグカレー」

    インパクトのある緑色のスパイスカレー、サグカレー。これから旬を迎えてどんどんおいしさが増す青菜、ほうれん草とカラダを温める効果のあるスパイスを使って、冬キャンプにおすすめのサグカレー・レシピを紹介します。

    ほうれん草ペーストは事前に準備

    ほうれん草は、あらかじめペーストにして持っていくと便利です。ほうれん草は、1束で200g程度。1人分50g使用して、4人分のペーストを作ることができます。

    【ほうれん草ペーストの作り方】

    ほうれん草

    ほうれん草ペーストの材料は、ゆでたほうれん草と水・大さじ5程度。ほうれん草は重曹を入れて茹でることで鮮やかでキレイな色になります。

    【材料】

    • ほうれん草 1束
    • 水 適量

    <作り方>

    (1)ほうれん草をきれいに洗い、大きめの鍋にたっぷりの水に重曹と塩を入れて沸騰させ、ほうれん草を1分ほどゆでます。

    (2)ざるにとって冷水にさらし、しっかりと水けを絞ります。

    (3)ほうれん草を適当な大きさにカットし、水を少々加えてミキサーなどでペースト状にします。

    ミキサーでほうれん草をペーストにする

    水は、ミキサーでほうれん草がスムーズにまわるくらいの量で。

    ペーストにしたほうれん草を保存袋に入れた状態

    ペーストしたほうれん草は、小分けにして冷凍保存すると便利です。ほうれん草・1束(200g)で2袋に分けました。1袋で2人前です。

    アウトドアで使用する場合は、保冷バッグなどで冷やした状態で持参しましょう。

    【ほうれん草のサグカレーのレシピ】

    今回使用した材料

    今回使用した材料です。

    【材料】2人分

    • ほうれん草ペースト 1袋(約100g)
    • 玉ねぎ 小1個
    • トマト(トマトの水煮) 小1個分 
    • にんにく 1片
    • しょうが 2片
    • クミンシード 小さじ1
    • クミンパウダー 小さじ1
    • コリアンダーパウダー 小さじ1
    • ターメリック 小さじ1/2
    • シナモンパウダー 小さじ1/4
    • ジンジャーパウダー 小さじ1/2
    • カイエンパウダー(タカノツメでも可) 小さじ1/2
    • ガラムマサラ 小さじ1
    • オリーブオイル 大さじ2
    • 塩 小さじ1
    • こしょう 少々
    • 水 150ml

    <下準備>

    • 玉ねぎは薄切りにします。
    • トマトは、ざく切りにします。
    • にんにく1片、しょうがの半量はみじん切りに、残りのしょうがは、せん切りにします。
    • パウダースパイスは合わせておきます。

    <作り方>

    (1)鍋にオリーブオイルとクミンシードを入れ、火をつけ、にんにく、しょうがの香りがしてきたら玉ねぎを加え、しんなりとするまで炒めます。

    クミンシード、にんにく、しょうがを炒める

    クミンシード、にんにく、しょうがは焦がさないように注意しましょう。

    (2)玉ねぎが、しんなりしてきたら火を弱め、玉ねぎの甘みが出るまでじっくりと炒めます。

    (3)さらにトマトと合わせておいたスパイスを加えて軽く全体を炒めたら水を注いで5分ほど煮ます。

    炒めた野菜にスパイスを加える

    スパイスを入れて煮込みます。玉ねぎは、しっかりと甘みが出るまで炒めましょう。

    (4)(3)にほうれん草ペーストを加え、塩で味をととのえたらできあがりです。

    ほうれん草ペーストを加える

    ほうれん草ペーストを加えたら、あまり煮すぎないのがポイント。

    仕上げにしょうがのせん切りを飾る

    仕上げに、しょうがのせん切りを飾ります。

    おすすめのアレンジ

    今回紹介したサグカレーのレシピは、ほうれん草と野菜だけで作ったベジタリアンカレーです。このレシピをベースにさまざまなアレンジを楽しむことができます。

    • 野菜だけでもいいけど、もう少しボリュームが欲しい方には、じゃがいもをプラスするのがおすすめ。
    • お肉をプラスしたいなら、チキンがおすすめです。チキンは、ナンやチャパティと合わせる場合は、ひき肉を使うと食べやすいです。
    • モッツァレラチーズやカッテージチーズなどもおすすめ。インドではパニールと呼ばれるチーズをトッピングするのが人気です。

    ジャガイモやお肉を入れるタイミングは、作り方3のトマトとスパイスを炒めたあとに。チーズは最後に入れます。

    カラダを温めるスパイス

    ほうれん草のサグカレーに使用したスパイスは、クミン、ターメリックのほか、ジンジャーパウダー、シナモンパウダーにカイエンパウダー、こしょうに、にんにく、しょうがなど、カラダを温める効果があるとされているものを厳選しました。カラダの内側からじんわりと温かさが感じられる、寒さ対策にもなるカレーです。寒い日のキャンプにおすすめします。

    私が書きました!
    料理研究家
    小牧由美
    名古屋市在住の料理研究家。東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、銀座のヴィーガンカフェでは立ち上げから店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、旬の素材を使った料理やローフード、プラントベースのレシピ提案、商品開発などを行っている。http://yamabon.jp/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    キャンプでカニ玉が作れる時代に!?フリーズドライで作る「シェラカップ中華」

    2023.02.02

    豪快に蒸し焼き、がおいしい!旨味たっぷりの牡蠣と白子の昆布締めホイル焼き

    2023.01.30

    たこ焼き…じゃなくてシュウマイ!? 大人も子供も楽しめるキャンプ飯の作り方

    2023.01.27

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    z