親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 親子でキャンプ飯クッキングを楽しむ5つのポイント!野菜たっぷりカレー鍋レシピも紹介

    2022.12.04 さとう あい

    カレー鍋

    子供と一緒にキャンプ飯作りに挑戦!

    親子キャンプをする際に、美味しいキャンプ飯を楽しみにしているというお子さんも多いのではないでしょうか?いつもと違う場所で作るごはんは、お手伝いのチャンスにつながったり、子供の新しいことへの挑戦心を満たしたりするいい機会になりますよ。

    今回は、親子クッキングを楽しむためのポイントをお伝えします。また、寒い季節におすすめなカレー鍋のレシピも用意しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

    はじめての親子クッキング!子どもと楽しむためのポイント

    ここでは、親子クッキングでの心構えや、楽しむポイントを解説します。

    開始前に伝えたいこと

    子どもと料理をする上で最も大事なこと。それは、「料理に集中すること」です。ふざけたり遊び半分で取り組んだりすると怪我をしてしまう危険があることを、子どもにしっかり伝えてから調理を開始しましょう。

    伝え方のポイントは、子どもの目を見て話すこと。調理開始後に伝えても、目の前の楽しいことに夢中になっている子どもの耳には入りません。始める前に、料理のルールや約束として伝えるといいでしょう。

    料理には刃物や火を使うので、思わぬ怪我がつきものです。キャンプ場ともなると病院が近くにない場合も多いので、親子クッキングを安全に楽しむために、ぜひ上記のことを伝えるようにしましょう。

    子供の包丁のサイズは?

    ちくわを切る

    包丁は、根本をしっかりと握ると、グラグラせずに切ることができます。

    包丁はアウトドアナイフではなく、子供用の包丁か小さめの果物ナイフがおすすめです。包丁をはじめて使う子であれば、テーブルナイフやバターナイフを使用してもいいでしょう。

    力を入れなくても切れるちくわやソーセージ、白菜などを準備しましょう。はじめて料理に取り組む場合には、達成感が大事。「自分にもできる!」「またやってみたい!」といった具合に、子どもの向上心が掻き立てられるような調理用具・食材をセレクトしておきましょう。

    子どもが担当できる工程を用意しよう

    人参を型抜きする

    クッキー型で抜いた食材は、食べるときにも盛り上がりますよ!

    「気をつけて!」「ここは注意!」と、指示ばかり出されては子どもは楽しく取り組めません。危ない部分はサポートしつつ、子どもが自由に作業できる場面も作るといいでしょう。

    型抜きは手を切る危険も少ないので、お料理初心者の子どもにも安心して任せることができますよ。

    火を使った料理にも挑戦

    具材を入れる

    火傷防止のために、鍋の熱くなる部分を予め伝えるといいでしょう。

    火は危険を伴うとして、普段子どもには火を使う作業を任せていないという方も多いかもしれません。キャンプは野外なので、自宅のキッチンよりもスペースを確保しやすいです。子どもに加熱調理を経験させるいい機会になるかもしれません。キャンプで加熱調理に慣れることができれば、自宅でのお手伝いの幅も広がりますよ。

    できないことよりも、できたことに注目して

    新しい挑戦は子どもにとって勇気のいること。「失敗してしまった、楽しくなかった」という印象ではなく、「ママやパパと調理ができて楽しかった!」という印象が残ることが何より大事です。

    そのためにも、ちょっとしたことでも口に出して褒めてあげましょう。子どものやる気につながります。

    子供と作るカレー鍋レシピ

    では、実際に調理をしてみましょう。今回は子どもに大人気のカレー鍋のレシピをご紹介します。

    材料(4人前)

    カレー鍋の食材

    今回使用する食材です。

    • 豚薄切り肉 200g
    • ちくわ 2本
    • キャベツ 1/4個
    • しめじ 1袋
    • 人参 1本
    • ブロッコリー 1房
    • ミニトマト 10個
    • じゃがいも 5個
    • カレールー 2〜3個
    • 醤油 小さじ1
    • 水 1000ml

    ソーセージやコーンなど、子どもの好きな食材を入れてアレンジしてもいいでしょう。

    作り方

    カレー鍋の具を切る

    水っぽくならない食材を中心に、お好みの野菜をプラスしてください。

    しめじは石づきを切り落として房に分けます。キャベツはざく切り、トマトはヘタを取り除き、ブロッコリーは房に分けます。人参とちくわは食べやすい大きさに切ります。じゃがいもは、皮をむいて一口大に切り、水にさらします。

    鍋に具材を入れる

    食材は、煮崩れしないものから順に入れるのがおすすめです。

    鍋に水、キャベツ、しめじ、ちくわ、人参を入れて一煮立ちさせます。鍋の汁が沸騰したところに、豚肉をほぐしながら入れます。

    鍋に具材を入れる

    食材を投げ入れてしまうと、はねた汁で火傷してしまうので気を付けましょう。

    子どもが食材を入れる時には、火力を極力抑えましょう。また、鍋の縁に手がぶつかって火傷しないように注意しましょう。

    カレー鍋

    カレールーの種類をお好みで変えてもいいでしょう。

    野菜が柔らかくなってきたら、ブロッコリー、じゃがいも、ミニトマト、カレールー、醤油を入れて弱火で加熱します。

    マグカップに入れたカレー鍋

    苦手な野菜も、自分で作るといつもとは違う味わいに!

    あっさりしたカレー味が具材に染みて、ご飯との相性も抜群の一品です。

    美味しく食べて食育キャンプを親子で楽しもう

    子供と食べるカレー鍋

    自分の切った具材を探すのも、楽しい時間です。

    「食べる力」は「生きる力」でもあります。食に関する知識は生きていく上で大事な要素です。普段何気なく口にする料理がどうやって作られて、どんな食材が入っているのかを知ることで、食に対する興味付けにもなりますよ。

    子どもが食べることに興味がない、ご飯の時間があまり好きではない、などのお悩みがある方は、いつもの食卓と一味違う親子でキャンプというイベントを通して、食を楽しむことにチャレンジしてみるのもいいですね。

    さとう あい
    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は国際中医薬膳師の資格を取得し、子どもの不調を整える薬膳料理講座や、企業へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライターとしても活動中。2児の母でもあり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    キャンプでカニ玉が作れる時代に!?フリーズドライで作る「シェラカップ中華」

    2023.02.02

    豪快に蒸し焼き、がおいしい!旨味たっぷりの牡蠣と白子の昆布締めホイル焼き

    2023.01.30

    たこ焼き…じゃなくてシュウマイ!? 大人も子供も楽しめるキャンプ飯の作り方

    2023.01.27

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    z