3年ぶり開催のすみだストリートジャズフェスティバルは大盛況!来年はジビエも!? | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 3年ぶり開催のすみだストリートジャズフェスティバルは大盛況!来年はジビエも!?

    2022.10.21 クラフトビール

    初開催「ワンコインオクトーバーフェスト」も大成功!

    2010年から毎年、墨田区内の何十という場所を会場に、ストリートジャズを無料で楽しませてくれた「すみだストリートジャズフェスティバル」。1015日(土)〜16日(日)、コロナ禍の2年を経て、3年ぶりにリアル開催が実現した。

    今年は、各地のクラフトビールブルワリーが出店するビアフェス「すみだワンコインオクトーバーフェスト」を同時開催。ストリートジャズとクラフトビールのおいしいフェスになった。

    JR錦糸町駅の北側すぐの錦糸公園をメイン会場に、墨田区内の、合計27か所がステージになった。街のあちこちから音楽が聞こえてくる、そのお祭り気分はまさにストリートジャズ。16日、日曜午後にビール好きの筆者はメイン会場に足を運んだ。メインステージの前は、人垣が幾重にもつらなり、大いに盛り上がっていた。

    JR錦糸町駅からすぐの錦糸公園がメイン会場。奥にメインステージ。えらい人だかり。会場はどこも入場無料。

    ワンコインオクトーバーフェスト会場も大変な盛り上がり。何十も並んだ長テーブルがほぼほぼ埋まっていた。

    本場ミュンヘンのオクトーバーフェストさながら(?)に、大勢のビール飲みで埋まった会場。

    どのブルワリーも、ワンコインで飲めるサイズを用意しているのが「ワンコインオクトーバーフェスト」の特長だ。たしかに小ぶりのカップだが、いろいろ飲みたい人にはジャストなサイズ感。筆者は東京ではあまりお目にかかれない「牛久醸造場」や、東京北区のブルワリー「Let’s BEER WORKS」のビールをいただきました。

    茨城県から出店の牛久醸造所。

    京浜東北線の東十条駅そばのLet’s BEER WORKS。

    静岡県から Baird Brewing(ベアードブルーイング)。

    地元の東京の大森山王ブルワリー(大田区)、Let’s BEER WORKS(北区)、KUNITACHI BREWERY(国立市)をはじめ、茨城の牛久醸造場、静岡のベアードブルーイングなどなど、地域も醸造所の規模も知名度もかなりバラバラな集まりで、「隣はどこのブルワリーだろう?」というワクワク感も味わえた。

    また、大手メーカーとクラフトブルワリーの同時出店というのも、他のビアフェスではあまり見られない光景。ビアフェスといっても、「飲み慣れているメーカーのラガーが飲みたい」いう人も少なくないはず。何杯かクラフトブルワリーのエール系を飲んでいると「ラガーが飲みたいねー」という声も少なくないはず。日曜日の午後3時では、売り切れていたビールがいくつかあった。

    来年はジビエフェスも同時開催か! 

    ワンコインオクトーバーフェストを主催した能厚凖さんに話を聞いた。

    すみだストリートジャズフェスティバルが毎年開かれていた2019年まで、メイン会場ではキリンビールとアサヒビールの2メーカーがビールを出店していた。それが今年、「ワンコインオクトーバーフェスト」同時開催で、大手メーカーを含め合計15のブルワリーが出店。

    それでも、キリンビールもアサヒビールも売り上げ最高額を記録したそうだ。

    「それだけビール好きの人が集まってくれたということですね。ビアフェスは初開催ということで、クラフトのブルワリーの方たちは、どれくらい売れるのか予測しにくかったそうですが、でもフタを開けてみれば完売、というブルワリーが続出しました」

    それだけビール飲みが集まったということですね!

    ビアフェス会場には、焼きそば、カルビ串、いそべ焼きなどのフード店も多く出店。縁日のようなジャンキーな香りが、さわやかな秋空に消えていった。ステージ前で盛り上がる人、静かに聞き入る人。芝生に寝転がる人、持参のチェアでくつろぐ人。キッズコーナーで遊ぶ親子。楽しみ方は幅広く、来場者は老若男女、年齢の幅も広かった。

    子ども向けのコーナーが充実し、親子連れの多いジャズフェス。店頭の人が着ているのがフェスのオリジナルTシャツ。

    日が暮れてもステージ前は人垣が崩れない。右手に光っているのは東京スカイツリー。

    すみだストリートジャズフェスティバルとワンコインオクトーバーフェストの2つを成功裏に終えた能さんに、来年への手応えをたずねた。

    顔にペイントしたこの方は、すみだストリートジャズフェスティバルの発起人、今回のワンコインオクトーバーフェストの主催者の能厚凖(たくみ・こうじゅん)さん。

    「来年は、ジャズとビールのフェスに加えて、ジビエフェスもやります!」

    近年、害獣扱いされるシカやイノシシなどを、きちんとさばいてきちんといただく。そんなジビエ料理がフェスに!? クラフトビールとのマッチングも話題になりそう。来年はジャズフェス、ビアフェス、ジビエフェスの三つ巴が今から楽しみだ!

    すみだストリートジャズフェスティバル2022は錦糸公園のほか、東京ソラマチひろば、錦糸町駅周辺など27か所、250以上のアーティストが参加した。

     

    私が書きました!
    ライター
    佐藤恵菜
    ビール好きライター。日本全国ブルワリー巡りをするのが夢。ビーパルネットでは天文記事にも関わる。@ダイムやSuits womanでも仕事中。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 イベント・フェス 』新着編集部記事

    アウトドアスキルが格段にアップ!ブッシュクラフトイベント「THE BIG SESSION」の中身

    2022.11.21

    最高のナイフは見つかるのか!? 岐阜県関市「刃物祭り」「関アウトドアズナイフショー」を訪れてみた

    2022.11.13

    映画『雨の詩』で感じる、水道も電気も食料もすべて自給自足する家での暮らしとは

    2022.11.09

    富士山を望む広大な公園で11/5、6開幕!音楽とクラフトの野外フェス 『Creema YAMABIKO FES 2022』

    2022.11.04

    日本最大の遊びの祭典『フィールドスタイル・ジャンボリー』が2022年11月19~20日に過去最大規模で開催!

    2022.11.03

    藤子・F・不二雄が大人向けに描いた“少し・不思議な物語”を集めたSF短編原画展が開催中

    2022.10.29