アリス・ウォータース直伝のドレッシングをつくってみたよ。 | アウトドア・外遊び 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

アリス・ウォータース直伝のドレッシングをつくってみたよ。

2017.08.12

あまり料理が得意ではないボク。

だからアウトドアでもつくるものといったら、もっぱらサラダなんだ。

でもサラダなんて料理じゃないといわれそうなので、

ちょっとみんなを驚かせてみたい。

今回は、アリス・ウォータースのレシピでドレッシングをつくってみたのだ。


アリス・ウォータースは、スローフードやオーガニックフードの第一人者。

彼女がカリフォルニア州バークレーにオープンした

レストラン「シェ・パニース」は、

地元で採れた野菜などを中心にした料理で人気となっている。

そんなアリス・ウォータースの著作『アート オブ シンプルフード』

「ヴィネグレットソース」というドレッシングを見つけた。

どうやらシンプルな組み合わせで意外と簡単にできるようだ。

アリス・ウォータースはもともと、シンプルな料理を提唱している。

フムフム、これならいけそうだ。

準備万端、といってもこれだけ。

ビネガーを大さじ1。塩をひとつまみ溶かしながら味をみる。

エキストラバージン・オリーブオイルを、最終的に大さじ3~4になるように。

こしょうを少々。

混ぜるのに使うのは「ジョセフジョセフ」の「ツイスト」。フライ返しの状態から…。

持ち手のハンドルを回していくと…

シャキンと泡立て器に変身するのだ! オリーブオイルを加えながらシャカシャカ混ぜていく。

ロメインレタスを一口大に切る。

ミニトマトも切る。

「SEA TO SUMMIT」の折り畳みできるポット「X-POT 1.4」に切った野菜を入れて、先ほどつくったヴィネグレットソースを和える。

よ〜く和える。

マッシュルームやクルトンも加えてみたよ。完成!

つくってみる(といっても切って和えるだけ)と、

ありがちなレシピなのに、なんだかおいしい気がする!

ただ混ぜればいいのではなく、少しずつ味見をしながら、

分量を調整していくことがポイントみたい。

それってていねいだし、やさしさだよね。

料理は愛情とはよくいったもの。手をかけてみてよかった!

ありがとうアリス・ウォータース!

→アリス・ウォータースの名著『アート・オブ・シンプルフード』もよろしく!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア・外遊び 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。