KELTY|オーバルショルダーL | 日本の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 日本の旅

    2017.12.08

    KELTY|オーバルショルダーL

    b*p

    男たるもの、バッグなんて持たずに手ぶらだ。とは時代錯誤じゃないか。

    恥ずかしがらずに、男の荷物を考察してみよう。

    財布、ケータイはマスト。ハンカチとティッシュ。

    キーケース、イヤホン、文庫本。目薬とリップも入れたい。

    意外と多いけど、よく見れば全部小さい。

    でもポケットには入り切らないから、小ぶりなバッグが必要ってこと。

    それならば「KELTY」のオーバルショルダーがちょうどいい。

    BP-0547

     

    【KELTYとは】

    1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅でつくった

    29個のバックパック。それが「ケルティ」ブランドの始まりだ。

    kelty_歴史3

    現在では当たり前になっているウエストベルトで背部にテンションをかけるという

    基本概念はディック・ケルティによる発明である。

    熱狂的なアウトドアマンであった氏のこだわりは、機能性にも表れ、

    プロクライマーなどのプロユースを支えることになった。

    現在ではタウンユースとしても支持されている。

    kelty_歴史5

    【カラー】

    ブラック、オリーブ、ネイビー、タン、

    【スペック】

    縦21×横29×マチ幅7cm、約290g。容量約5ℓ。ショルダーベルト長さ60~115 cm。ナイロン100%。

    正面ファスナーポケット×1(中にキーチェーン付き)、背面ファスナーポケット×1、内部にファスナー付きメッシュポケット×1。

    NEW ARTICLES

    『 日本の旅 』新着編集部記事

    ウォーキングの神様!?「四千万歩の男」伊能忠敬を偲び、千葉県佐原をめぐる

    2024.07.22

    大自然の中の発酵サウナと憧れのサーフポイント【徳島県海陽町編】

    2024.07.21

    「江戸時代最大の乱」に思いを馳せながら島原半島の海岸線をサイクリング

    2024.07.10

    シーカヤックで島巡りの二人旅!熊本・天草編

    2024.06.23

    気分はすっかり坂本竜馬!?アウトドア派も大満足な長崎・風頭山をめぐる幕末歴史探訪ハイキング

    2024.06.18

    香川・金刀比羅宮(ことひらぐう)の長~い階段を家族で何倍も楽しむ方法

    2024.06.08

    キャンプ飯に、お土産におすすめ!国井律子が教える外房・勝浦のマストバイなグルメ10選

    2024.05.23

    シェルパ斉藤、愛犬と軽バン「N-VAN」に乗って四国・徳島をめざす!

    2024.03.08