夏キャンプでトロピカル気分『パイナップルライス』を作ってみよう | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

夏キャンプでトロピカル気分『パイナップルライス』を作ってみよう

2022.07.30

パイナップルの中をくりぬき、パイナップルライスを入れた様子

好みですが、パクチーを多めにトッピングして食べるとさらにトロピカルになります。

まずは生パイナップルで、水分、栄養補給するのがおすすめ

パイナップルライスを作る前に、まずはよく冷やしておいたパイナップルを生のまま食べるのがおすすめ!パイナップルは、テントの設営など力仕事のあとの水分、栄養補給にぴったりです。甘酸っぱくてジューシーなパイナップルを頬張ればカラダも一気にリフレッシュするはず。まずは生パイナップルでひと息いれましょう。

簡単なのに、インパクト抜群!「パイナップルライス」

パイナップルライスに入れる具材は、好みのものでOKですが、赤や黄色など鮮やかな色の野菜を入れるのがおすすめです。

【パイナップルライスのレシピ】

今回使用した材料

今回使用した材料です。

【材料】2人分

  • ごはん 1.5合分
  • パイナップル 1/2カップ(好みの量)
  • にんにく 1/2片
  • しょうが 1/2片
  • 玉ねぎ 小1/2個
  • 赤パプリカ 1/4個
  • 黄パプリカ 1/4個
  • いんげん(ピーマン) 6本
  • 赤唐辛子 1/2本
  • パクチー 適量
  • ピーナッツ(あれば) 8粒程度
  • カレーパウダー 大さじ1/2~
  • 塩 適量
  • ブラックペッパー 少々
  • オリーブオイル 大さじ1

<下準備>

  • 米は事前に炊いておきます。
  • にんにく、しょうが、玉ねぎはみじん切りにします。
  • 赤パプリカ、黄パプリカはさいの目に切ります。
  • パイナップルもパプリカと同じサイズのさいの目に切ります。
  • いんげんはパプリカと同じくらいの長さに切ります。
  • 赤唐辛子は小口切りにします。
  • パクチーは食べやすくざく切りにします。

パイナップルの切り方

パイナップルの1/3くらいの場所から包丁を入れます。

パイナップルを切っている様子

下側にも包丁を入れると実を取り出しやすくなります。

実を取り出したパイナップル

切り抜く部分は6等分くらいに包丁を入れて、実を取り出します。

パイナップルは、パイナップルライスに入れる分量だけ取り除いて、残りは冷たいうちにおいしくいただきましょう。

【作り方】

(1)フライパンにオリーブオイルとにんにく、しょうがを入れ、弱火で炒めます。

(2)にんにく、しょうがの香りが立ってきたら、玉ねぎを加え、透き通るまで炒めます。

(3)玉ねぎが透き通ってきたら、赤パプリカ、黄パプリカ、いんげん、ピーナッツを順に入れて炒めます。

(4)(3)に小口切りにした赤唐辛子、カレー粉、塩を加えてさらに炒めます。

野菜を炒めてスパイスを加えている様子

スパイスもしっかりと炒めます。

(5)(4)にご飯を入れさっくりと混ぜ合わせ、塩で味をととのえます。

(6)最後にパイナップル入れたら火を止めます。さっと混ぜ合わせたらできあがりです。

パイナップルを入れている様子

パイナップルは熱を通しすぎないように最後に入れます。

パイナップルの選び方

おいしいパイナップルを見分けるのに一番おすすめなのは、手に取って確認する方法です。

パイナップルは手に持ったときに、重量感があるもの。同じくらいの大きさのものと比べて、ずっしりと重いものを選びます。次に、パイナップルのお尻の部分を確認します。古いものはカビが生えている可能性があるのでカビのチェックします。最後に、顔を近づけて甘いよい香りがするものを選びます。

パイナップル

パイナップルは追熟しません。買ってきたら新鮮なうちに食べるようにしましょう。見た目は、葉が緑色でピンとしていて、胴体部分は黄色みを帯びているものを選ぶとよいでしょう。

硬いお肉をやわらかくする

パイナップルには、ブロメラインというたんぱく質分解酵素が含まれています。この消化酵素には、硬いお肉を柔らかくする働きがあります。BBQ用に買ったお肉が硬かった、そんなときには、パイナップルと一緒にお肉を30分ほどマリネしてみてください。お肉がしっとり柔らかくなりますよ。パイナップルの原産地は熱帯アメリカ、南国のフルーツです。パイナップルを食べて夏キャンプを快適に過ごしましょう。

私が書きました!
料理研究家
小牧由美
名古屋市在住の料理研究家。東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、銀座のヴィーガンカフェでは立ち上げから店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、プラントベースのレシピの提供や商品開発などを行なっている。2022年9月に『秋の恵みを愉しむキャンプ料理教室』開催予定。http://yamabon.jp/
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。