見ているだけで楽しくなる!「チャムスキャンプ2022」の参加者スナップ | イベント・フェス 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

見ているだけで楽しくなる!「チャムスキャンプ2022」の参加者スナップ

2022.06.29

今年3年ぶりにオフラインで行なわれた「チャムスキャンプ2022」。時間をかけて準備されたことがわかる、至れり尽くせりのイベントレポートはこちらの記事を参照してほしい。

一方で、参加者の方も素敵な家族、グループばかり。一部の方にお声がけして写真を撮らせていただいたので、フォトレポートをお送りする。

サイトエリアで皆さんのギアをチェック!

「チャムス業界では有名」とほかの参加者の方から教えてもらった、生粋のチャムスファン。ブランドを愛するあまり、自作グッズまで充実。サイトには多くの参加者が集まっていた。なんでも、もともとはキャンプから入ったのではなく、チャムスを好きになり、キャンプ用品が販売されたのをきっかけにキャンプも始めたそう。

ボードやテーブル、ランプなど、市販されていないものは自作で。スゴイ!

「チャムスキャンプに来るときは、みなさん気合が入っているので、飾り付け多めに持って来ています」というのは、新潟と千葉から集合したご家族。

食事場と焚火場の2か所に展開。

茨城からご参加の親子。赤をアクセントにかわいく彩っている。

3,4年前からキャンプにはまったというおふたり。こちらもチャムスのキーカラーである赤を上手に取り入れている。

「いろんなテントのディスプレイを見るのも、このイベントの楽しみのひとつ」と話すご夫婦。

長野からのおふたりは、5、6年かけて集めたという、これまたスゴいチャムスコレクション!

センターフィールドで楽しそうなみなさんをキャッチ!

参加者の方のさまざなスタイルのサイトを見て回るのも楽しいが、参加者のみなさんご自身も、おしゃれに工夫をしていたり、犬連れだったり、眺めているこちらがハッピーになる方たちばかり。

なんと赤ちゃんのブービーバードの着ぐるみは、お母さんのハンドメイド!靴やしっぽまで揃った力作。

イベント限定Tシャツをさっそくお揃いで着て、ブービーバードのポーズをしてくれた4人は、長野県の会社の同僚同士とか。

タイダイをアクセントに、リンクコーデを楽しんでいたファミリー。

こんな大きなワンちゃんも、おとなしくイベントに参加。

ビール休憩中に撮らせていただいたファミリー。愛犬も参加できるのも、このイベントの魅力だ。

親子ペアルック♪

シャッターのタイミングもばっちり息が合っていたご家族。

チャムスコラボの十六茶セットをもらってニッコリ。

BBQを受け取りに来たおふたりをキャッチ。

笑顔あふれる「チャムスキャンプ2022」の雰囲気、少しは伝わっただろうか?自分も参加してみたくなった!という方は、次回の開催をチャムスのサイトやSNSでしっかりチェックしてほしい。

・チャムス
https://www.chums.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 イベント・フェス 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。