トレーラーハウスに泊まって牧場体験!アメリカで人気のグランピング施設に行ってみた | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • トレーラーハウスに泊まって牧場体験!アメリカで人気のグランピング施設に行ってみた

    2022.06.30 グランピング

    アウトドア初心者でも楽しめるグランピング

    1日限定1組!牧場内に設置されたトレーラーハウスタイプのRVにてグランピング体験。

    いま日本でも人気のグランピング(Glamping)。グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を組み合わせた「グランピング(Glamping)」は、キャンプ用品があらかじめ用意されているのテントやRV(※1)、タイニーハウス等に泊まることが多く、キャンプをより気軽に、豪華に楽しめるとアウトドア大国のアメリカでも人気があります。

    日本のグランピング施設では、食事も含まれているところが多いようですが、アメリカのグランピングは基本的に食事は持ち込みが多く、中には食事は外食で済ませ、素泊まりホテル感覚で利用すると言う人も多いそう。さらにプライベート施設では、牧場体験、農場体験、クラフト体験などの独自のプログラムを用意している場所も少なくありません。

    そこで今回は、アメリカのグランピング施設の中でも最近特に増えているRV(今回は「トレーラーハウス」タイプ)に宿泊できるグランピング施設を紹介。ノースカロライナ州で「Legacy Farms」を経営する夫婦がRVを利用して始めたグランピング施設に行ってみたので、その様子をレポートします。

    ※1:アメリカで言うRVとは、キャンピングカーのこと。車体と一体型のモーターハウスタイプと、牽引タイプのトレーラータイプがある。

    設置されたトレーラーハウスなら排水等の面倒な作業が不要

    すでに給水、排水、電源がつなげてあるRVなので、面倒な作業の必要がない。

    アメリカでのRVキャンプで一番大変なことと言えば、施設に着いてからのセッティング。水道・排水・電気などが整ったキャンプサイト(※2)であれば、到着後に給水ホースや排水ホース、電源を接続(「フックアップ」と言う)する必要があります。さらに出発時には汚水や汚物の処理、洗浄等も行なわないといけません。これが慣れないと意外と大変。また設備が整っていないキャンプサイトに行った場合は、水の補給、汚水処理などを行なうことができるダンプステーションという施設に立ち寄らなければならず、さらに面倒。なかなか時間と手間がかかる作業なのです。

    しかし、これらの手間が一切ないのが「グランピング」のメリット! RVに泊まる体験はしたいけど、面倒な作業はしたくないと言う人にはぴったり。多くのグランピング施設では、到着直後から水も電気も使えます。

    ※2:RVキャンプ場を探すとき、電気、上水道、下水道がすべて整っている施設は「Full Hook-up」、電気のフックアップ可能な場合「Electric Hook-up」、上水道のフックアップ可能な場合「Water Hook-up」、下水道のフックアップ可能な場合「Sewer Hook-up」と表記されている。

    以前キャンピングカーを借りてロードトリップをしたとき、排水等の設置が面倒で時間がかかった経験がある。

    ベッドもダイニングもバストイレもキレイで快適

    高級感がある内装で、収納もたっぷり! 食器、掃除道具、シャンプー等もすべて付いている。

    わが家が行ったグランピング施設のRVはとてもきれいに整備されていて、快適に過ごすことができました。ダイニングテーブルにはお花が飾られ、おもてなしの食べ物も置いてありました。もちろん設備の快適さはホストの方次第なので、予約前に説明や口コミなどを参考にするといいでしょう。

    机には、自家製ゴートチーズとラズベリージャム、クラッカーのおすそ分けが。チーズやジャムは気に入ったら購入できる。

    プライベート施設ならではの体験が盛りだくさん

    ホストの方が牧場での1日の仕事を紹介しながら、牧場内を案内してくれる。

    プライベート施設の魅力の一つに、体験プランがあります。今回訪れた「Legacy Farms」では、牧場体験(15ドル)、乗馬(25ドル/※2泊の場合のみ)、チーズやジャム作りなど(各20ドル)のプランが用意されていました。また採れたて卵や手作りチーズも購入できます(各3ドル)。参加者の年齢や宿泊数によって選べるプランが決まっていますが、小学生が2人いるわが家(1泊)の場合、牧場体験が最適でした。

    山羊の乳絞りや山羊の赤ちゃんにミルクをあげる体験もできる。

    馬、山羊、アヒル、鶏、七面鳥、孔雀などにエサをあげ方法を学んだ後は、空いた時間に自由にエサをあげられる。

    いろいろな場所での宿泊体験ができるグランピング

    牧場内の移動はゴルフカートで。今回滞在したLegacy Farmsの広さは43エーカー(東京ドーム3.7個分)。

    今回はRV(キャンピングカー)での宿泊体験をしましたが、グランピングには他にも、ティピーテント、タイニーハウス、ツリーハウスなど、普段なかなか泊まることができない場所で宿泊体験することができます。すでに住空間は出来上がっているので、現地での観光や体験もたっぷり楽しむことができるのが魅力ですね。グランピング施設によっては、クラフト体験ができたり、ボートやカヤック体験、アスレチックグランド、プール、テニスコートなどを自由に使える場所もあるようです。

    ※※※

    アメリカでは、コロナ禍でRVを購入した人達が、グランピング施設として民泊を始めたり、RVをレンタルするサービスを始める人が増えているようです。最近は旅行者が増え、エリアによってはホテルが取りにくいことから、こういったグランピング施設やRVレンタルの需要はますます高まっています。価格は施設によって異なりますが、今回泊まった「Legacy Farms」は1泊40ドル+クリーニング代1回25ドル、牧場体験15ドルを含めても80ドル(約1万円)でした。貴重な体験ができて、ホテル並みの快適さとリーズナブルな価格設定! 特にファミリーにはうれしいアウトドア体験ですよ。

     

    私が書きました!
    アメリカ在住フリーライター
    ちえ
    5年前から家族4人でアウトドア大国アメリカに移住。念願のキャンプデビューを果たす。休みがあれば国立公園や州立公園のトレイルを巡り、テントを張る。アウトドアと旅行が大好き。最近はキャンプ飯の研究とパン作りにハマる。女性誌、情報誌の他、趣味である水泳や自転車の雑誌・Webサイト執筆経験も。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    キナウルの中心地レコン・ピオから、かつての夏の首都シムラーへ

    2022.12.03

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24

    学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい

    2022.11.23

    マルチ冒険家 安東浩正さんに聞く「挑戦と無謀の境界線」【動画公開中】

    2022.11.22

    風光明媚な景色!スコットランドの天気用語をクイズ形式で解説

    2022.11.20