キャンプのごちそう!「チーズフォンデュのアヒージョ」って簡単で超旨いよ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2022.05.15

    キャンプのごちそう!「チーズフォンデュのアヒージョ」って簡単で超旨いよ

    チーズフォンデュのアヒージョ

    いつものアヒージョに一工夫

    スペインの伝統料理、アヒージョ。オリーブオイルで具材を煮るだけのお手軽な作業工程と、お酒にぴったりな味わいから、キャンプでも人気のメニューです。

    今回はそんなアヒージョのアレンジレシピとして、チーズフォンデュのアヒージョをご紹介します。カマンベールチーズを丸ごと1個使い、チーズフォンデュも楽しめます。

    作り方はとても簡単なので、ぜひお試しあれ。

    材料

    アヒージョの材料

    今回使う材料。

    • カマンベールチーズ(ホールタイプ) 1個
    • にんにく(チューブでも可) 3個
    • 鷹の爪 1本
    • お好みの具材 (今回はむきエビ100gとピーマン1個)
    • オリーブオイル 適量(詳細は下記)
    • 塩コショウ 適量
    • 粉末パセリ 少々
    • 食パンかバゲット 好きなだけ

    作り方

    手順1.具材を切る

    まずは下準備として、アヒージョに入れる具材をカットします。にんにくはみじん切り、鷹の爪は輪切りか手で細かくちぎっておきましょう。鷹の爪の種は基本的には使いませんが、辛いのが好きな方はとっておいて後でオリーブオイルに入れてもいいでしょう。

    アヒージョの具材は今回、むきエビとピーマンを使いますが、こちらはどのような食材を使っても問題ありません。

    むきエビはホタテやイカ、タコといったシーフードで代用できますし、市販のシーフードミックスをそのまま使うのもOK。野菜はブロッコリー、ニンジン、プチトマトもおすすめです。

    本レシピの主役はあくまでカマンベールチーズですので、「チーズフォンデュにしたい」と考えるお好みの材料を、自由にお選びください。

    手順2.カマンベールチーズの下ごしらえ

    次はカマンベールチーズの処理をおこないます。今回使用するカマンベールチーズは、カットされていないホールタイプです。カットされているタイプですと、この料理は作れないので要注意です。

    カマンベールチーズ

    上面の皮を削いだカマンベールチーズ。皮は綺麗に取る必要はありません。

    カマンベールチーズの包装を外したら、上面部の白い皮を剥がします。薄皮を削ぐように包丁を入れていくと、比較的スムーズに取れますよ。

    白い皮が取れて、中身のチーズが見えれば作業は完了です。余った白い皮は、後でオリーブオイルに入れると無駄になりません。

    手順3.オリーブオイルで具材を煮る

    材料の準備を終えたら、アヒージョを作っていきます。小さいフライパンかスキレットに、オリーブオイルを注ぎます。分量は、カマンベールチーズの4分の1から3分の1が浸る程度が目安です。

    調理中のアヒージョ

    加熱中のアヒージョ。油で煮るイメージでチーズを溶かします。

    次にみじん切りのにんにくと鷹の爪を入れ、弱火にかけます。オイルが泡立ち、にんにくの香りがしてきたら中火にし、具材を入れましょう。カマンベールチーズを中央に置き、その他の材料はカマンベールチーズを囲うイメージです。

    カマンベールチーズは、先ほど皮を剥がした面が上にくるようにしましょう。下にしてしまうと、オイルにチーズが溶けだしてしまい料理そのものが台無しになってしまいます

    食パンやバゲットを一緒に食べるのであれば、このタイミングで焚き火で焙ったりしてトーストするといいでしょう。

    また、テーブルに熱い容器を置くための敷板を用意するのもお忘れなく。

    手順4.完成

    カマンベールチーズを串や箸でつついて、トロリとしていれば出来上がり。容器ごと敷板の上に乗せて、彩りにパセリを散らせば完成です。

    完成したアヒージョ

    完成。パンにチーズと具材を乗せてめしあがれ。

    カマンベールチーズはトロトロでありながら、側面に残した皮のおかげでオイルに溶けだすことなく、フォンデュできる状態です。

    アヒージョにした具材、チーズ、オイルをすべてパンに乗せて食べると、この上なく贅沢なおつまみになりますよ。

    最後に

    アヒージョとチーズフォンデュ。ふたつのごちそうをまとめて味わえるこのレシピは、特別なキャンプにぴったりなごちそうといえるでしょう。

    ちなみに残ったオイルは、調味油として他のメニューに活用可能です。たとえば、パスタに使えばチーズとにんにくが利いた、パンチのあるコクを演出できますよ。

    最後までおいしいチーズフォンデュのアヒージョ。ソロキャンプや家族とのキャンプを飾る、とっておきのメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

    私が書きました!
    フリーライター
    ハチミツ
    ライターとして活動中。ギアの優れた機能美に惹かれてすっかりアウトドアに夢中に。キャンプでも日常でも活かせるアウトドア用品の使い方を日々模索しています。

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    キャンプで発酵カレーはいかが?今年の夏はカレー麹を作ってみよう

    2024.06.21

    バーベキューは肉の量が重要!ゲスト満足度を高めるポイント

    2024.06.20

    豪快な肉のキャンプ飯23選!肉の種類別に簡単おすすめレシピを紹介

    2024.06.17

    ビーフシチューのお肉はどの部位がおすすめ?美味しく食べるためにお肉を柔らかくする方法も紹介

    2024.06.16

    カルディ「バカッタレ丼のたれ」で悪魔級の美味しさ!キャンプでも簡単に作れる丼レシピ2選

    2024.06.16

    ピクニックのお弁当に作りたい!おかず・サンドイッチなど簡単おすすめレシピ集16選

    2024.06.15

    The Coleman Day Camp 2024で体験できる「フランス発ホットサンド」の激ウマ&簡単レシピ

    2024.06.12

    タフまるJr.×スキレットで作れる!キャンプで簡単おつまみレシピ5選

    2024.06.11